新型カローラスポーツの自動ブレーキ【競合車よりも優れている点とは?】

2018年6月、切れ長のヘッドライトや大開口のフロントグリルが特徴のコンパクトハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは先進性のあるメーターなど魅力的な機能や装備がたくさん搭載されていますが、私が感心をしたアイテムの一つが自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)です。

この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)には、競合車・ライバル車には用意されていない嬉しい機能が…。

2018年6月にデビューをした新型ハッチバックに標準装備されている自動ブレーキの性能は、どうだったのでしょうか?また、私が実際に確認をしてみて、競合車・ライバル車の自動ブレーキよりも優れていると感じた部分は、どこだったのでしょうか?

2018年6月にデビューをした新型スポーツハッチバックの自動ブレーキの性能や強みを、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの自動ブレーキ【競合車・ライバル車よりも優れている部分とは?】

2018年6月にデビューをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、安全支援システム”第2世代版トヨタセーフティセンス”を全グレード標準装備しており、この機能の一つとして、自動ブレーキを用意されています。

最近は、多くのクルマに搭載されている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)ですが、今回新発売された新型モデルでは、フロントマスクに搭載された単眼カメラとミリ波レーダーで前走車や周囲の状況を検知するシステムを採用しています。

■新型カローラスポーツに備わっている単眼カメラ

■ミリ波レーダーが備わっているフロントグリル部分

単眼カメラやミリ波レーダーを使用して、前走車や周囲の状況を確認するシステムは、プリウス(Prius)など他のトヨタの車種にも採用されています。

ただ、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に搭載されている単眼カメラやミリ波レーダーは、検知できる可能距離や識別性能が大幅にアップ。

それにより、今回新発売された新型モデルでは、対車両の場合、対応できる範囲が拡大され、時速180km/hまで対応できるようになったそうです。

また、カメラやミリ波レーダの性能が向上したおかげで、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に搭載されている自動ブレーキは、競合車・ライバル車よりも高い安全性を備えているように感じました。

競合車には無いメリット1.検知対象の範囲

今回トヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に搭載されている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)で、競合車・ライバル車よりも優れていると感じた部分の一つが、検知対象の範囲です。

最近のクルマに搭載されている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、自動車だけではなく、歩行者も検知できるようになっていますが、今回新発売された新型モデルでは、自転車も検知できるようになっています。

実はカメラやミリ波レーダーで自転車を検知するのは、意外と難しいようで、自転車を検知できると謳っている安全装備は意外と少ないんですよね。

ディーラーさんに、

「○○に備わっている自動ブレーキは、自転車を検知する事ができますか?」

と、質問しても、

「状況によっては自転車を検知できる場合もあると思いますが、確実に自転車を検知し、自動ブレーキが作動するとは言い切れません。」

と言う歯切れの悪い言葉を頂く事が多かったです。

その中、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に搭載されている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、自転車もしっかりと検知できる仕様に…。

ディーラーさんの話によると、自転車を検知できるのは、昼間だけとなっており、夜間はまだ検知&対応できないそうです。ただ、昼間の自転車を検知できるだけでも、運転する際の安心感はだいぶ高まるように感じました。

競合車には無いメリット2.夜間ドライブの安全性

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に備わっている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)で良いと思ったところの一つが、夜間ドライブの際の安全性が高まっているところです。

今回新発売された新型モデルに搭載されている単眼カメラは、解像度がアップしたこともあり、また、処理をする近ピューらのせいのがアップしたこともあり、夜間の歩行者も検知できるようになったとの事。

目視では確認しにくい夜間の歩行者をしっかりと検知してくれるのは、かなり助かりますよね。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのスポーツハッチバック”シビック ハッチバック(CIVIC HATCHBACK)”に搭載されている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、夜間の歩行者の検知を謳っていません。

昼間よりも確認がしにくく、交通事故につながりやすい夜間の歩行者も検知しくれるのは、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の良いところなのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売されたこの新型モデルの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の機能を詳しく確認したい方は、下記の動画を確認してみてください。きっとこの新型モデルに搭載されている自動ブレーキの性能に満足すると思いますよ。

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”では、このような機能を備えた自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を装備していました。

今回新発売された新型モデルに搭載されている自動ブレーキは、自転車や夜間の歩行者を検知するなど、競合車・ライバル車よりも優れている感じが…。

走破性だけではなく、この安全性の高さも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、自動ブレーキを含む最新の安全装備システム”第2世代版トヨタセーフティセンス”が、全グレードに標準装備されています。

上位モデルだけではなく最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”でも、この”第2世代版トヨタセーフティセンス”が標準装備されているのは、ちょっとスゴイなと感心をしてしまいました。

>>> 新型カローラスポーツの見積もり比較【HVとガソリンの価格差は少ない?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする