ディーラーに聞いた!新型カローラスポーツのおすすめオプション3つ

今までの”カローラ像”を一掃するようなスタイリッシュなデザインに生まれ変わったハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューをしました。

先日、今回新発売された新型モデルの見積もりを貰ってきたのですが、困ったのがオプション選びです。

>>> 新型カローラスポーツの見積もり比較【HVとガソリンの価格差は意外と少ない?】

今回新発売された新型モデルでは、用意されているメーカーオプションが意外と多く、また、グレードによって、用意されているメーカーオプションに若干の違いがあるので…。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、どのメーカーオプションを装着すれば良いのでしょうか?

先日、この新型モデルの見積もりを貰った際、いつもお世話になっているディーラーさんに絶対に装着をした方が良い3つのオプションアイテムを聞いてきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのおすすめオプション1.安全装備パッケージ

いつもお世話になっているディーラーさんが、装着した方が良いとおススメしてくれたメーカーオプションの一つが、インテリジェントクリアランスソナーなどがセットになった安全装備パッケージです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、全グレード共通して、”第2世代型のトヨタセーフティセンス”と言う安全装備システムが標準装備されています。

ただ、この新型モデルに標準装備されている安全装備”第2世代型のトヨタセーフティセンス”は、クルマ後方の予防安全がちょっと甘いんですよね。

例えば、標準装備されている”第2世代型のトヨタセーフティセンス”では、車線変更時の斜め後方や後方の確認をサポートしてくれる機能は用意されていません。

このような標準装備されている”第2世代型のトヨタセーフティセンス”の欠点・デメリットをカバーしてくれるが、メーカーオプション設定になっている”安全装備パッケージ”です。

メーカーオプションの安全装備のパッケージに含まれてい嬉しい機能とは?

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のメーカーオプション”安全装備パッケージ”では、次の5つの機能や装備され、安全性がグッと高まります。

■メーカーオプションの安全装備パッケージに含まれる機能
・ブラインドスポットモニター
・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・サンドターンランプ付きオート電動格納式リモコンカラードドアミラー
・バックカメラ

この”安全装備パッケージ”では、先ほどお話をした、車線変更をする際、斜め後方から接近してくるクルマを検知し、お知らせをしてくれる”ブラインドスポットモニター”が装着されます。

■ブラインドスポットモニターの詳細説明

また、駐車場から後退する時に左右後方から接近してくるクルマを検知する”リヤクロストラフィックオートブレーキ”や、前後進行方向に壁などの障害物を検知している場合、発進時のエンジン出力を抑制してくれる”インテリジェントクリアランスソナー”なども装着されれます。

■リヤクロストラフィックオートブレーキの詳細説明

■インテリジェントクリアランスソナーの詳細説明

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されている”安全装備パッケージ”のオプション価格は12万5280円と若干高めになっています。

ただ、高速道路での車線変更をラクにしてくれる”ブラインドスポットモニター”など使い勝手の良いアイテムが装着される事を考えると、決して高い金額ではないのかなと感じました。

新型カローラスポーツのおすすめオプション2.シートヒーター

また、ディーラーさんおススメの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のディーラーオプションの一つが、シートヒーターです。

今回新発売された新型モデルですが、残念ながら、全グレード通じて、シートーヒーターはメーカーオプション設定になっています。最上位モデルのGZグレード(ハイブリッドGZ)ぐらいは、標準装備にしても良かったと思うのですが…。

残念ながらメーカーオプション設定となっていた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシートヒーターですが、機能性は思ったよりも良いです。

この新型モデルでは、座面だけではなく、背もたれもしっかりと温めてくれるタイプのシートヒーターがシートヒーターが運転席と助手席の両方に装着されます。しかも、”ハイ”と”ロー”の2つから温度が調節できる2段階機能付きです。

■新型カローラスポーツのシートヒータースイッチ

メーカーオプション設定になっていたのは少々残念でしたが、この使い勝手の良さは、この新型モデルのシートヒーターの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シートヒーターのオプション価格も注目ポイントの一つ

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシートヒーターで良いと思ったのが、オプションの価格です。

この新型モデルに用意されているシートヒーターのオプション価格が1万6200円と、かなりお手頃な価格設定に…。

シートヒーターが標準装備ではなくメーカーオプション設定になっているのは少々残念ですが、このくらいの価格設定なら、良いですよね。個人的には、この価格で温度調節式のシートヒーターを装着できるのなら、購入する価値は十分にあるのかなと思いました。

シートヒーター装着時の注意点

ただ、メーカーオプションとして用意されている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシートヒーターには、注意点が…。

最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”に関しては、シートヒーター単体のオプション設定はなく、鮮やかなレッドが美しい”本革仕様”とのセットオプションとなっております。

■GZグレードのレッドの本革仕様

このGZグレード専用のオプションとなっている”レッドの本革仕様”を注文しない限り、シートヒーターを装着する事ができないので、ご注意を…。

>>> 新型カローラスポーツGZの内装【本革仕様と標準仕様の3つの違いとは?】

新型カローラスポーツのおすすめオプション3.デッキボード

いつもお世話になっているディーラーさんが、

「新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を購入するのなら、是非とも装着して貰いたい。」

とおススメしていたオプションが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を良くするデッキボードです。(正式名称は、アジャスタブルデッキボードです。)

今回新発売された新型モデルは、コンパクトハッチバックとしては十分なサイズの荷室・ラゲッジスペースを備えているのですが、後部座席を収納する時に段差ができてしまうのが、欠点・デメリットの一つなんですよね。

■新型カローラスポーツの荷室を収納した時の段差

しかし、このデッキボード(アジャスタブルデッキボード)を使用すれば、後部座席を収納した時に生じてしまう段差を解消して、フルフラットにしてくれます。

■デッキボード使用時の荷室・ラゲッジスペース

また、デッキボードを使用すると、(アジャスタブルデッキボード)を使用すると、上下2段にわけで、アイテムや荷物を収納できると言うメリットも…。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているデッキボード(アジャスタブルデッキボード)のオプション価格は、8,640円とかなりお手頃な価格になっています。

いつも必要ないアイテムをおススメしないディーラーさんが、

「このデッキボード(アジャスタブルデッキボード)だけは是非!」

と、力説をするのも納得の使い勝手の良さと価格設定でした。

ちなみに、このデッキボード(アジャスタブルデッキボード)の使い勝手の詳細に関しては、コチラの記事にまとめています。

>>> 新型カローラ スポーツのデッキボード仕様の荷室【標準仕様には無い魅力とは?】

もしデッキボード(アジャスタブルデッキボード)の使い勝手や魅力を確認したい方は、上記の記事を参考にしてみてくださいね。

いつもお世話になっているディーラーさんに新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のおススメのオプションを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルには、様々なメーカーオプションを用意しており、目移りしそうになりますが、少なくともこの3つのアイテムに関しては、真っ先にに装着を検討した方が良いとの事でした。

ただ、ディーラーさんや担当営業マンによって、おススメのメーカーオプションは変わると思います。

もしどのオプションを装着したら良いのか迷ったら、見積もりを貰う際にディーラーさんにおススメのオプションを聞いてみてください。きっと親切におススメのアイテムを教えてくれると思いますよ。

>>> 新型カローラスポーツのグ3つのグレード【各モデルの特徴や魅力を分りやすく紹介】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする