他のグレードとココが違う!新型カローラスポーツGXの内装の専用装備

2018年6月、ロー&ワイドを強調したスポーティーなシルエットが魅力のハッチバックモデル新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューしました。

今回新発売された新型モデルの内装・インテリアに備わっている機能や装備は、他のグレードと比較しても、それほど見劣りはしません。

>>> 質感はイマイチ!?新型カローラスポーツGXの内装の実車画像インプレ

ただ、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルの”GXグレード”と他のグレードでは、ハンドルやシフトレバーなどに使用されている素材が異なるため、質感に大きな差が…。

今回新発売されたこの新型スポーツハッチバックの最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の内装・インテリアは、どのようなデザインだったのか?また、この”GXグレード(ハイブリッドGX)”は、どのような専用装備を備えていたのか?

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GXグレード(ハイブリッドGX)”の内装・インテリアのみに採用されている専用装備を、実車画像を交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツGXグレードの内装【他のグレードは異なる専用装備を徹底解剖】

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■GXグレードの内装・インテリア

この”GXグレード(ハイブリッドGX)”はエントリーモデルとなっていますが、フルオートエアコンや電動のパーキングブレーキ、プッシュ式のエンジンスターターなど、他のグレードに見劣りをしない機能や装備はしっかりと備わっています。

■GXグレードのフルオートエアコン

■GXグレードの電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

■GXグレードのプッシュ式のエンジンスタータースイッチ

ただ、次の装備やパーツに関しては、最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”専用のデザインとなっていました。

専用装備1:インパネ

他のグレードと異なる”GXグレード(ハイブリッドGX)”の専用装備の一つが、インパネです。

■GXグレードのインパネ

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルでは”GXグレード(ハイブリッドGX)”の基本的なインパネはデザインは他のグレードと同じデザインになっているのですが、加飾パーツに若干の違いがあります。

Gグレードでは、助手席側のダッシュボードにシルバーのステッチを施したスタイリッシュなデザインになっているのに対し、この”GXグレード(ハイブリッドGX)”はステッチが施されていないシンプルなブラックカラーに…。

“GXグレード(ハイブリッドGX)”は車体本体価格が他のグレードよりも安いエントリーモデルなので仕方がない部分なのかもしれません。ただ、運転席に座ってみると、他のグレードと大きな違いを実感しました。

専用装備2:ハンドル・ステアリングホイール

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の専用デザインとなっているのが、ハンドル・ステアリングホイールです。

■GXグレードのハンドル・ステアリングホイール

他のグレードでは、高級感のある本革巻きのハンドル・ステアリングホイールだったのに対し、この”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、シンプルなウレタン製に…。

この”GXグレード(ハイブリッドGX)”のハンドル・ステアリングホイールも、上位モデルのGグレードやGZグレードとの違いを実感するアイテムの一つなのかなと感じました。

専用装備3:シフトレバー

また、センターコンソールの前方に備わっているシフトレバーも、”GXグレード(ハイブリッドGX)”の専用のデザインとなっています。

■GZグレードのシフトレバー

“GXグレード(ハイブリッドGX)”でも、他のグレードと同様にシフトブーツを標準装備しており、スポーツモデルらしいデザインになっています。

ただ、他グレードと異なり、シフトノブがウレタン製に…。

ここら辺も、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GXグレード(ハイブリッドGX)”と他のグレードの大きな違いの一つなのかなと、思いました。

専用装備4:ドア内側パネル

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のドア内側パネルも、他のグレードと異なる”GXグレード(ハイブリッドGX)”の専用デザインの一つとなっています。

■GXグレードのドア内側パネル

他のグレード大きく異なるのが、次の2つです。

・ドアハンドル
・ドアアームレスト

そんな新型モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、プラスチック素材のドアハンドルを標準装備。

■GXグレードのドアハンドル

また、ドアアームレストもファブリック素材となっており、他のグレードのドア内側パネルよりも全体的にシンプルな作りになっております。また、運転中、右腕がドア内側パネルに触れた時の感触も大きく異なります。

“GXグレード(ハイブリッドGX)”を試乗する際は、デザイン性だけではなく、腕を置いた時の感触もしっかりと確認をしてみてくださいね。

専用装備5:センターコンソール

また、運転席と助手席の間に備わっているセンターコンソールも、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”専用装備となっています。

■GXグレードのセンターコンソール

この”GXグレード”に備わっているセンターコンソールは、他のグレードと同様に前後スライド機能が備わっており、基本的な使い勝手に違いがありません。

ただ、他のグレードと異なり、アームレストとして使用できる表面の部分がファブリック素材で覆われています。なので、見た目の高級感が劣ります。

また、このファブリック素材は、少しザラザラとした素材になっているため、腕を置いた時の肌触りが他のグレードよりも劣る感じが…。

このようにセンターコンソールの肌触りも、他のグレードと異なるので、注意をしてくださいね。

2018年8月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”は、このようなデザインになっていました。また、このような専用装備を備えていました。

機能や装備に関しては、他のグレードに引けを取らない”GXグレード(ハイブリッドGX)”の内装・インテリアですが、デザイン性や質感に関しては、他のグレードに大きく水をあけられています。

なので、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の購入を検討している方は、内装・インテリアのデザインや質感に満足できるか確認してみてくださいね。

>>> 新型カローラ スポーツのエアコンを徹底解説【後部座席に送風口は付いている?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする