新型カローラ スポーツのメーターはグレードで違う!【実車画像で比較】

若々しいデザインが魅力のトヨタのハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車それぞれ3つのグレードを用意していますが、グレードによって内外装のデザインや機能、装備など様々な違いがあります。

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、グレードによって、メーターのデザインにも違いが…。

2018年6月にデビューをしたトヨタの新型ハッチバックのメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルのメーターは、グレードによって、どのような違いがあったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の各グレードのメーターのデザインを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツのメーター比較【グレードによる違いを実車画像で比較】

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ガソリン車/ハイブリッド車それぞれ次の3つのグレードを用意しています。

■新型カローラ スポーツに用意されているグレードラインナップ
・GZグレード/ハイブリッドGZ
・Gグレード /ハイブリッドG
・GXグレード/ハイブリッドGX

そんな新型モデルの3つのグレードは、それぞれこのようなデザインのメーターを標準装備していました。

その1.GZグレード/ハイブリッドGZのメーター

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位グレード”GZグレード/ハイブリッドGZのメーター”に標準装備されているメーターは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツのGZ系グレードのメーター

最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZのメーター”では、中央に備わっている速度計自体がグラフィックとして表示されるフル液晶ディスプレイを標準装備。

ブルーに光るデジタル表示がスタイリッシュを演出しており、他のグレードよりも先進感のあるメーターデザインになっていました。

見やすい位置に配置されているマルチインフォメーションディスプレイ

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレード/ハイブリッドGZに用意されているメーターの注目ポイントの一つが、マルチインフォメーションディスプレイのデザインです。

このGZグレード/ハイブリッドGZでは、中央に備わっているスピートメーターの内側に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを標準装備。

■GZ系グレードのマルチインフォメーションディスプレイ

このGZ系グレードに備わっているマルチインフォメーションディスプレイは、他のグレードよりも画面サイズが大きいため、運転中に確認がしやすい感じが…。

また、この新型モデルに備わっていいるマルチインフォメーションディスプレイは、高精細になっているため、グラフィック性に優れているのも好印象でした。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード/ハイブリッドGZ”では、メーカーオプションでフロントガラスに車速やシフトポジションなどを表示していくれるヘッドアップディスプレイ(HUD)を装着する事も可能です。

■新型カローラ スポーツのヘッドアップディスプレイ

視線を落とさずに様々な情報を確認する事ができるヘッドアップディスプレイ(HUD)が用意されているのは、最上位モデルのGZグレード/ハイブリッドGZのみ。

ここらへんも、他のグレードとGZグレード/ハイブリッドGZの大きく違うところの一つなのかなと思いました。

>>> 新型カローラ スポーツのヘッドアップディスプレイって必要?【視認性レビュー】

ちなみに、この”GZグレード/ハイブリッドGZ”に採用されているフル液晶メーターでは、ドライブモードを切り替えると、スピードメーターのカラーが変わります。カラーが変化するところも注目の一つですよ。

>>> カラーが変わるGZグレードのフル液晶メーターを確認したい方はコチラから

その2.Gグレード/ハイブリッドGのメーター

トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツのG系グレードのメーター

最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”では、フル液晶のメーターを採用していましたが、この”Gグレード/ハイブリッドG”では、オーソドックスな3眼式のアナログメーターを標準装備。

スピードメーターには、シルバーのリングを施すなど、十分に高級感を感じられるデザインになっていました。

4.2インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイを標準装備

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”では、スピードメーター内にマルチインフォメーションディスプレイが用意されていましたが、この”Gグレード/ハイブリッドG”では、メーターの右側に標準装備。

■G系グレードのマルチインフォメーションディスプレイ

この”Gグレード/ハイブリッドG”のマルチインフォメーションディスプレイの画面サイズは4.2インチと”GZグレード/ハイブリッドGZ”よりも一回り小さくなっています。

ただ、この”Gグレード/ハイブリッドG”のマルチインフォメーションディスプレイは、上位モデルと全く同じ表示項目をそなえており、機能面で物足りなさを感じる事はありませんでした。

その3.Gグレード/ハイブリッドGのメーター

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード/ハイブリッドGX”のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツのGX系グレードのメーター

この”GXグレード/ハイブリッドGX”のメーターは、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”と同じアナログの3眼式メーターを標準装備。

また、メーターの右側には、カラーのマルチインフォメーションディスプレイも備えています。

この”GXグレード/ハイブリッドGX”のメーターの基本的なデザインや機能は中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”と同じになっています。

ただ、このGX系グレードのスピードメーターには、G系グレードに施されていたシルバーのガーニッシュは無し。

なので、この”GXグレード/ハイブリッドGX”のメーターは、他のグレートと比較すると、少しシンプルなデザインになっているように感じました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の各グレードのメーターは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルのメーターは、ご覧の通り、グレードによって、デザインや機能に違いがありました。

特にフル液晶ディスプレイを採用している最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”のメーターのデザインや視認性は、他のグレードと大きく異なります。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる際は、メーターのデザインの違いにも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型カローラ スポーツの内装の実車画像インプレ【シンプルだけど使い勝手は上々!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする