新型カローラスポーツGZの内装【本革仕様と標準仕様の3つの違いとは?】

スポーティーなスタイリングが魅力のコンパクトハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月、トヨタからデビューをしました。

今回新発売された新型モデルの最上位に位置をする”GZグレード”は、メーカーオプションでスポーツマインドを刺激するセンシャルレッドの本革仕様を用意しています。

>>> 新型カローラ スポーツGZ専用のレッド本革シートの魅力とは?【実車画像インプレ】

このようにシートサイドに施さた赤いアクセントカラー印象的なセンシャルレッドの本革仕様ですが、標準仕様の内装・インテリアと様々な違いが…。

メーカーオプションのセンシャルレッドの本革シートを備えてた時の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、標準仕様の内装・インテリアとどのような違いがあったのでしょうか?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレード専用のセンシャルレッドの本革シートを備えた時の内装・インテリアを、実車画像使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのGZグレードの内装【標準仕様とレッド本革仕様の違いとは?】

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレード専用のオプションとなっているレッド本革仕様と標準仕様の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■メーカーオプションのレッド本革仕様の内装

■標準仕様の内装

メーターのデザインやレッドのステッチを施している助手側のダッシュボードなど、基本的な内装・インテリアのデザインは、同じになっています。

■レッドのステッチが施されているGZグレードのインパネ

ただ、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のオプションのレッドの本革仕様と標準仕様の内装・インテリアには、次のような違いがありました。

違い1.シートのデザイン&素材

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているレッド本型仕様と標準仕様の内装・インテリアで大きく異なるのが、シートのデザインと使用されている素材です。

この新型モデルの最上位”GZグレード”では、レッドのステッチを施したブラックカラーのシートを標準装備しています。

■GZグレードに標準装備されているシート

フロントシートには、ホールド感を高めた”スポーツシート”となっているため、他のシートよりも座り心地やホールド感は良くなっています。

ただ、シート素材はファブリック素材となっており、後ほど紹介するメーカーオプションのレッド本革仕様と比較すると、シンプルな作りになっているように感じました。

一方、こちらは、メーカーオプションで用意されているレッド本革仕様のシートデザインです。

■GZグレードにオプション設定されているシート

先ほど紹介した標準仕様のシートと雰囲気が全く異なりますよね。

シートの骨格など基本的な設計は、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードに標準装備されているシートと全く同じになっています。

ただ、この本革仕様のシートでは、アクセントカラーとして、シートサイドに赤色を採用。

ヘッドレストとショルダーサポートの間にはサテンメッキ調の加飾も施しており、スポーツモデルらしい運転をするのが楽しくなるような刺激的なデザインになっていました。

また、この本革仕様のシートは、デザインだけではなく、使用されている素材にも違いがあります。

この本革仕様のシートは、肌触りが良いウルトラスエードと本革を組み合わせており、標準仕様よりも座り心地やホールド感が良くなっているのも好印象でした。

違い2.センターコンソール

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードに用意されている本革仕様と標準仕様では、センターコンソールのデザインにも違いがありました。

■標準仕様のセンターコンソール

■本革仕様のセンターコンソール

メーカーオプションとなっている本革仕様のセンターコンソールでは、シフトレバーの前方部分にレッドの本革を採用。

このセンターコンソールに施されている赤いレザーは、良いワンポイントアクセントに…。この本革仕様の内装・インテリアは、ノーマルモデルよりもワンランク上の高級感・上質感がありました。

違い3.ドア内側パネル

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”に用意されている本革仕様と標準仕様では、ドア内側パネルのデザインにも違いがありました。

■標準仕様のドア内側パネル

標準仕様のドア内側パネルは、ブラックをベースにレッドのステッチをアクセントにしたスタイリッシュなデザインに…。

ドアハンドルにはシルバー加飾が施されるなど、質感の高さを十分に感じる事ができるドア内側パネルになっていました。

一方、こちらがメーカーオプションの本革仕様のドア内側パネルです。

■メーカーオプションの本革仕様のドア内側パネル

ドアハンドルにシルバーの加飾が施されるところやレッドのステッチが施されているところなど、基本的なデザインは標準仕様と同じになっています。

ただ、この本革仕様のドア内側パネルでは、アームレスト部分がレッドカラーに…。

標準仕様よりもインパクトのあるデザインになっていました。

ちなみに、どちらのモデルもアームレスト部分には、レザー調の素材を使用。

見た目の印象は全く異なる新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の本革仕様と標準仕様のドア内側パネルのアームレストですが、腕置いた時の感触や肌触りに違いはありませんでした。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレード専用のオプションとして用意されているレッド本革仕様と標準仕様の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

また、この2台のモデルの内装・インテリアを比較してみたところ、シートのカラーや素材だけではなく、センターコンソールやドア内側パネルのカラーにも違いが…。

そのおかげもあり、メーカーオプションの本革仕様の内装・インテリアは、標準仕様では味わえない高揚感を抱かせるデザインになっているように感じました。

ちょっとオプション価格が高いのが難点ですが、スポーツモデルらしい刺激的な、そして、ワクワクするようなクルマに乗りたい方には、レッドが印象的な本革仕様は、ピッタリだと思いました。

>>> 意外な違いも!?新型カローラ スポーツのHVとガソリンの内装比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする