新型カローラツーリングは装備が充実!シャトルには無い魅力とは?

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラツーリング(Corollra Touring)の競合車・ライバル車の一つが、同じステーションワゴンスタイルになっているホンダの新型シャトル(Shuttle)です。

どちらのモデルも荷物&アイテムをたくさん積めるステーションワゴンらしく使い勝手の良いクルマに仕上がっているのです。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、競合車・ライバル車のホンダの新型シャトルには無い便利な機能や魅力が盛り沢山。そのおかげもあり、クルマの使い勝手や機能性に関しては、トヨタのツーリングの方が良いように感じました。

フルモデルチェンジをしてデビューを果たしたトヨタの新型ツーリング(Touring)とホンダの新型シャトル(Shuttle)では、機能や装備にどのような違いがあったのでしょうか?

2台のモデルを乗り比べて分かった新型カローラツーリング(Corollra Touring)の機能や装備の魅力を、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリングの荷室は使い勝手が抜群に良い

トヨタの新型カローラツーリング(Corollra Touring)がホンダの新型シャトル(Shuttle)よりも優れている装備&アイテムの一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

ステーションワゴンと言うこともあり、どちらのモデルも広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジルームを備えています。ただ、個人的には、ホンダのシャトル(Shuttle)よりもトヨタのツーリング(Touring)の荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手が良い感じがしました。

新型カローラツーリング(Corollra Touring)の荷室・ラゲッジスペースが優れていると感じた理由を紹介したいと思います。

後部座席の収納がラク

トヨタから新発売をした新型カローラツーリング(Corollra Touring)の荷室・ラゲッジスペースの方が優れていると感じた理由の一つは、後部座席を収納する時の手軽さです。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型シャトル(Shuttle)では、後部座席を収納するレバーは、背もたれの肩口に用意されていました。なので、後部座席を収納する際は、体を荷室・ラゲッジスペースに大きく乗り出さないといけませんでした。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラツーリング(Corollra Touring)では、後部座席の背もたれを収納するレバーは、荷室・ラゲッジスペースの左右の壁面に搭載。

■新型カローラツーリングの後部座席収納レバー

体を大きく乗り出さなくても、簡単に荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くすることができるようになっていたのは、好印象でした。

リバーシブルに使えるデッキボード

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしてデビューを果たした新型カローラツーリング(Corollra Touring)の荷室・ラゲッジスペースで良いと思ったのが、リバーシブルに使用することができるデッキボードを採用しているのも魅力の一つです。

このクルマの荷室・ラゲッジスペースのフロア部分に採用されているデッキボードの表面は、オーソドックスなカーペット素材になっているのですが、裏面にひっくり返すと傷や汚れに強い樹脂製の素材を採用。

■デッキボードの表面

■デッキボードの裏面

キャンプやバーベキュー、スキー&スノボーなどのアウトドアレジャーを楽しむ際、汚れや傷を気にせずに気軽にどんどんと荷物を積み込めるのは嬉しいですよね。

また、新型カローラツーリング(Corollra Touring)では、デッキボードを上段下段の2つから選ぶことができ、荷室・ラゲッジスペースの高さを調節することができます。

■デッキボードを下段に設置した時の様子

なので、背の高い荷物を積みこむことも可能です。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型シャトル(Shuttle)では、このような機能は備わっていません。

荷室容量に関しては、570リットルとなっている新型シャトル(Shuttle)の方が優れていますが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に関しては、様々なアレンジをすることができる新型カローラツーリング(Corollra Touring)の方が優れているように感じました。

新型カローラツーリングは便利&快適な装備が盛り沢山

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラツーリング(Corollra Touring)が競合車の新型シャトル(Shuttle)よりも優れていると感じたのは、機能や装備の充実度です。

車内の機能や装備が充実してる新型ツーリング(Touring)は、競合車・ライバル車よりも快適に過ごせるようになっていました。

新型シャトル(Shuttle)よりも新型カローラツーリング(Corollra Touring)の方が優れていると思った機能&装備を紹介したいと思います。

USBポート

トヨタの新型カローラツーリング(Corollra Touring)が競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型シャトル(Shuttle)よりも優れていると感じた機能&装備の一つは、スマホやiPhoneなどを充電するのに便利なUSBポートです。

ホンダの新型シャトル(Shuttle)では運転席まわりにしかUSBポートを用意していないのですが、トヨタの新型カローラツーリング(Corollra Touring)では、後部座席まわりにもUSBポートを用意。

■新型カローラツーリングの後部座席用のUSBポート

後部座席用のUSBは全グレード標準装備というわけではありませんが、後部座席に座る人のためのUSBポートが用意されているのは、かなり嬉しいですよね。

このように後部座席に乗車する人が快適に過ごせるような機能や装備が充実しているのは、トヨタからデビューを果たした新型カローラツーリング(Corollra Touring)の良いところの一つだと思いました。

電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

また、2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラツーリング(Corollra Touring)では、新型シャトル(Shuttle)には用意されていない電動パーキングブレーキとオートブレーキホールが、ガソリン車の最廉価モデルを除いて標準装備されています。

■ツーリングの電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

オートブレーキホールドが備わっていると、停車中にブレーキペダルから足を離しても、停車状態をキープしてくれるので、運転が非常にラクになるんですよね。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型シャトル(Shuttle)では、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドの用意はありません。

このように運転を楽にしてくれる機能や装備が新型シャトル(Shuttle)よりも優れているのも、新型カローラツーリング(Corollra Touring)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型カローラツーリングは安全装備も充実

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラツーリング(Corollra Touring)を確認して良いと思ったのが、充実した安全装備です。

競合車・ライバル車のホンダの新型シャトル(Shuttle)も”ホンダセンシング”が標準装備しており、安全装備にしっかりとチカラを入れていたのですが、個人的には、新型カローラツーリング(Corollra Touring)の方が使い勝手の良い安全装備が備わっていると思いました。

トヨタからデビューを果たした新型カローラツーリング(Corollra Touring)のみに用意されている注目の安全装備をいくつか紹介したいと思います。

ブラインドスポットモニター(BSM)

ホンダの新型シャトル(Shuttle)には用意されておらず新型カローラツーリング(Corollra Touring)のみに備わっている安全装備の一つが、ブラインドスポットモニター(BSM)です。

このブラインドスポットモニター(BSM)は、斜め後方からクルマが接近をしてくると左右のサイドミラーに備わっているインジケーターの点滅でお知らせしてくれる機能です。

■ブライドスポットモニターのインジケーター

この機能が備わっていると、高速道路などでの車線変更を安全に行うことができるんですよね。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラツーリング(Corollra Touring)では、メーカーオプションなのですが、この便利な機能が全グレードに装着することができます。

一方、ホンダの新型シャトル(Shuttle)では、このような機能の用意はありません。

ブラインドスポットモニター(BSM)のように、日常の運転から使える安全装備システムが用意されているのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

SOSコール

また、事故にあった時や運転中に急に体調が悪くなった時など、専用のオペレーターに連絡することができる”SOSコール”を備えているのも新型カローラツーリング(Corollra Touring)の魅力の一つです。

また、社会問題になっている”煽り運転”もSOSコールのサポート対象となっています。

なので、煽り運転を受けた際、SOSコールを使用すると、安全な場所への誘導などのサポートを専用のオペレーターから受けられるだけではなく、イザという時には警察などにも連絡してくれるそうです。

イザという時、このようなサポートがあると、かなり心強いですよね。

トラブルに陥った時のサポートや安心感に関しても、新型シャトル(Shuttle)よりも新型カローラツーリング(Corollra Touring)の方が上のように感じました。

まとめ:装備や機能は新型カローラツーリングの方が圧倒的に良い

後部座席の足元空間の広さなど車内の居住性に関しては、トヨタの新型カローラツーリング(Corollra Touring)は、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型シャトル(Shuttle)に遠く及びません。

ただ、機能や装備、使い勝手に関しては、新型カローラツーリング(Corollra Touring)の方が圧倒的に良い感じが…。

乗り心地やドライビングフィールも良いですし、快適な運転を楽しみたい方にとっては、トヨタから新発売をしたこの新型モデルは、とても魅力的なクルマに仕上がっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする