新型CRV/CR-Vの荷室比較【ハイブリッドとガソリン車の違いとは?】

ホンダの人気SUV”ヴェゼル/ベゼル”の兄貴分的存在となるクロスオーバーSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月に日本再デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルの注目ポイントの一つは、2.0リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車がラインナップに加わった事です。

そんな新型CR-V/CRVのハイブリッド車の内装・インテリアは、ガソリン車の5人乗り2列シート仕様と似ています。

>>> 新型CRV/CR-V ハイブリッドの内装レビュー【先進的な機能&装備を徹底解剖】

ただ、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やデザインに関しては、ハイブリッド車とガソリン車の5人仕様で若干の違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのハイブリッド車とガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょか?また、この2台のモデルのラゲッジルームは、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、ハイブリッド車とガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車5人乗り仕様の荷室は何が違う?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vハイブリッド車の荷室

ミドルクラスSUVと言う事で、後部座席を使用した状態での荷室・ラゲッジルームの広さも十分ですよね。また、後部座席を収納した時もほぼフルフラット状態になり、荷物を積み込みやすい作りになっているのも好印象でした。

>>> 新型CRV/CR-V ハイブリッド車の荷室アレンジを確認したい方はコチラから

一方、新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り2列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vガソリン車5人乗り仕様の荷室

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りの荷室アレンジを確認したい方は、コチラから

このガソリン車の5人乗り2列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースは、ハイブリッド車にソックリですよね。

実はこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手に関しては、大きな違いはありません。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車の2列シート5人乗りモデルの荷室・ラゲッジスペースの荷室・ラゲッジスペースには、次のような違いがありました。

荷室の違い1:荷室フロアのデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのハイブリッド車とガソリン車の5人乗り仕様の荷室の違いの一つは、荷室フロアのデザインです。

ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースのフロアは一般的な固定式になっているのに対し、ガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、荷室フロアにラゲッジボードを採用。

そのため、ガソリン車の5に乗り使用の荷室・ラゲッジスペースは、フロアの高さを2段階から調整できるようになっていました。

実際にこのガソリン車の5人乗り仕様に用意されているラゲッジボードを上段と下段に設置してみると、このような感じに…。

■ラゲッジボードを上段に設置した時の荷室

■ラゲッジボードを下段に設置した時の荷室

荷室・ラゲッジスペースの高さがだいぶ異なりますよね。

新型CR-V/CRVのガソリン車に用意されているラゲッジボードを下段に設定すると、なんと荷室高が100mmほどアップ。

一方、ハイブリッド車の荷室フロアは、この状態から高さを変える事はできません。

■ハイブリッド車の荷室フロア

なので、背の高い荷物を積み込むのは、高さを調節できるガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの方が圧倒的に有利なのかなと思いました。

また、ラゲッジボードを下段に設置すると、荷室開口部の掃出し口よりも一段低くなるので、ボールなど転がりやすいアイテムを収納するのにもピッタリなのかなと思いました。

このように新型CR-V/CRVのハイブリッド車とガソリン車の5人乗り2列シートモデルの荷室・ラゲッジスペースは、荷室フロアのデザインが異なるので、注意してくださいね。

荷室の違い2:床下収納(サブトランク)

また、今回新発売された新型CR-V/CRVのハイブリッド車とガソリン車の5人乗り2列シートでは、荷室・ラゲッジスペースのフロア下に用意されている床下収納(サブトランク)のサイズや使い勝手にも違いがあります。

こちらは、ハイブリッド車の荷室フロアを持ち上げた時に登場をする床下収納(サブトランク)です。

■ハイブリッド車の床下収納

このようにハイブリッド車の床下収納(サブトランク)は、このように小さめ…。

この画像ではジャッキやパンク修理キットが備わっていないのですが、本来なら、これらのアイテムが床下収納(サブトランク)に収納されます。なので、ハイブリッド車の床下収納(サブトランク)には、他のアイテムを収納する余裕はほとんどありません。

ハイブリッド車の場合、床下収納(サブトランク)にアイテムを収納するのは、あまり期待しない方が良いのかなと思いました。

一方、新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り仕様の床下収納(サブトランク)は、このようになっています。

■ガソリン車の床下収納

ハイブリッド車と比較すると、かなり広いですよね。

ガソリン車の5人乗り仕様では、荷室・ラゲッジスペースの後方に大きな収納スペースを用意しており、洗車道具などのアイテムを収納するのにピッタリな感じが…。また、床下収納(サブトランク)は、お手入れがしやすい発泡スチロール素材になっているのも好印象でした。

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVのハイブリッド車とガソリン車の5人乗り2列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースを比較してみたところ、それぞれこのようになっていました。
荷室・ラゲッジスペースの床上のデザインに関しては、ハイブリッド車とガソリン車の5人乗りモデルで大きな違いはありません。

ただ、この2台のモデルでは、荷室フロアや床下収納(サブトランク)のデザインに違いが…。

個人的には、高さを調整できるラゲッジボードや大きな収納スペースを備える床下収納(サブトランク)を用意している新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手が良いように感じました。

ハイブリッド車とガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、一見すると、ソックリですが、荷室フロア下にこのような違いがあるので、試乗に行かれる方は、しっかりとチェックをしてみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vの見積もりを大公開【HVとガソリンの差は大きめ!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする