画面サイズや機能性はどう!?新型CRV/CRV-の標準装備ナビの実車画像レビュー

北米や中国で人気が高いホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vの5代目モデルが、2018年8月に日本デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルの乗り出し価格は競合車よりも高くなっていますが、その分、機能や装備は充実。大型サンルーフやルーフレール、電動リアパワーゲートなどすべて標準装備されており、ディーラーオプションで装着するアイテムが無いくらいです。

>>> 新型CRV/CR-Vって本当に高い!?新型フォレスターの見積もりと比較してみた

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vでは、ナビも全グレード標準装備されているのも嬉しいポイントのひとつです。

そんな新型モデルに標準装備されているナビの画面サイズはどれくらいだったのでしょうか?また、機能性や操作性はどうだったのでしょうか?

2018年8月にデビューをした新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CCR-Vの標準装備ナビの実車画像レビュー

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビ

この新型モデルに標準装備されているナビの型式は、エントリーモデルクラスの”VRU-195CVi”。

また、最近はナビの画面がインパネから浮き上がっているようなフローティング構造のナビが流行っていますが、この新型モデルに標準装備されているナビは、インパネに埋め込むオーソドックスなスタイルになっていました。

新型CRV/CR-Vのデザイン性はイマイチ!?

このようなデザインになっている新型CRV/CR-Vのナビですが、実際に確認をしてみて、ちょっと残念に感じたは、ナビのデザイン性・見た目です。

今回この新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビは、このクルマ専用に開発された専用デザインではなく、ディーラーオプションとして用意されているホンダ純正ナビ”ギャザズ(Gathers)”を取り付けただけ。

そのため、後付け感が満載です。

個人的には、せっかくナビを標準装備するのなら、新型CRV/CR-Vのインパネにマッチした専用デザインにしても良かったのかなと思いました。

ちなみに、インパネとの統一感と言う点では、同じディーラーオプションでも専用デザインになっている新型フォレスター(Forester)のナビの方が良いように感じました。

>>> 新型フォレスターのパナソニック製8インチナビ【操作性&視認性を徹底レビュー】

新型CRV/CR-Vのナビの画面サイズはどれくらい?

このようなデザインになっている新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビですが、画面サイズはどれくらいだったのでしょうか?

この新型モデルに標準装備されているナビ(VRU-195CVi)はエントリーモデルクラスという事もあり、画面サイズは、7インチとちょっと小さめ…。

ホンダの人気コンパクトカーのフィット3(FIT3)や軽自動車のN-BOX(Nボックス)なら、これくらいの7インチサイズでも十分だと思うのですが、ミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vに装着するとなると、ちょっと物足りない感じがします。

このように迫力のあるインパネの中では、ナビの画面サイズの小ささが際立ちます。
また、運転をしていても、「うわっ!?ナビの画面が小さい…」って、思っちゃいますし…。

正直に言って、この小さいナビのせいで高級感・上質感のあるこの新型モデルの内装・インパネの良さが台無しになっている感じがしました。また、ナビの画面が小さいため、競合車・ライバル車の純正ナビよりも視認性は、悪く感じます。

このクルマの車格の事などを考えると、せめて8インチサイズのナビを装着して貰いたかったです。

新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビの機能性や操作性は、どうだった?

画面サイズの小ささや後付け感満載の見た目など、ちょっと残念に感じる部分の多かった新型CRV/CR-Vのナビ”VRU-195CVi”ですが、機能性や操作性は、十分満足できる仕上がりになっていました。

この新型モデルでは、テレビやDVD、Bluetooth(ブルートゥース)で接続して音楽を再生できる機能など、基本的な機能は備わっています。

また、ナビとiPhoneを接続すると、ナビ画面でやメッセージの確認、通話、iPhone内に入っている音楽などの再生や操作を行う事ができる”Apple CarPlay(アップル カープレイ)”にもい対応しています。

そんな新型モデルに用意されているナビ(VRU-195CVi)に備わっている機能で特に良いと思ったのは、トラブル時に緊急対応のオペレーターに直接つながる”緊急サポート機能”を備えていた事です。

このような機能が備わっていると、イザという時の安心感が違いますよね。

画面サイズの小ささは気になるものの、新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビ(VRU-195CVi)では、イザという時に助かる”緊急サポート機能”が用意されているなど、機能性に関しては、何の不満もありませんでした。

また、ディスプレイのタッチパネル操作も、スマホやiPhoneのようにストレスフリーでサクサクと動くのも好印象でした。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルでは、バックをする時にクルマ後方の映像をナビ画面に映し出してくれる”リヤカメラ”も標準装備されていますよ。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビ(VRU-195CVi)は、このようなデザインになっていました。

このナビ(VRU-195CVi)はエントリーモデルと同等という事もあり、画面サイズは小さめ…。また、インパネとの統一感もイマイチで”後付け感”があります。

ただ、この新型モデルに用意されているナビは、”緊急サポート”や”Apple CarPlay(アップル カープレイ)”など車格に相応しい先進的な機能を標準装備。機能性や操作性に関しては、十分に満足できるレベルになっていました。

このように機能性は良かっただけに、個人的には、画面の小ささと視認性の悪さが余計に残念に感じてしまいました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、標準装備されている”ナビ(VRU-195CVi)”の視認性や使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

>>> ガソリン車との違いとは!?新型CRV/CR-Vハイブリッドのインパネ画像レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする