新型CRV/CR-Vで車中泊をするのに一番ピッタリなモデルは!?理由を大公開

2018年8月、ハイブリッド車とガソリン車の7人乗り仕様を引っ下げて、ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが復活を果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ボディサイズも大きく居住性に優れるため、また、荷室・ラゲッジスペースも広いため、車中泊をするのにもピッタリです。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、

・ガソリン車5人乗り2列シート仕様
・ガソリン車7人乗り3列シート仕様
・ハイブリッド車(5人乗り仕様)

の3つのモデルで荷室・ラゲッジスペースの広さが異なるため、車中泊をする際の快適性や利便性も異なります。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルで車中泊をするなら、3つの中でどのモデルが一番おススメなのでしょうか?また、その理由は何だったのでしょうか?

この新型CRV/CR-Vの3つの中でどのモデルが最も車中泊に適しているのか確認してきたので、紹介したいと思います。また、その理由も包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vで車中泊!どのモデルが一番おすすめ!?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのハイブリッド車、ガソリン車の5人乗り仕様/7人乗り仕様と3つのモデルをラインナップしていますが、それぞれのモデルの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の荷室

>>> 新型CRV/CR-V ハイブリッドの荷室【アレンジや使い勝手を徹底解剖】

■ガソリン車の5人乗り仕様の荷室

>>> 高さ調節が便利!?新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りの荷室の使い勝手レビュー

■ガソリン車の7人乗り仕様の荷室

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車の7人乗りの荷室サイズ【アレンジで広さは全然違う!?】

どのモデルも後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、1,800mm以上あり、車中泊をするのに十分な広さを確保しています。また、どのモデルを選んでも、荷室・ラゲッジスペースもフルフラットになるため、車中泊をする際、快適に過ごすことができます。

ただ、個人的には、車中泊目的で新型CRV/CR-Vを購入するのなら、ガソリン車の7人乗り3列シート仕様が一番良いのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルの3つのモデルの中で、なぜガソリン車の7人乗り3列シート仕様が車中泊に一番適していると感じたのでしょうか?

私がガソリン車の7人乗り仕様が車中泊に一番適していると感じた理由を紹介したいと思います。

ガソリン車の7人乗り仕様が車中泊に適している理由とは?

2018年8月に新発売された新型CRV/CR-Vに用意されている3つのモデルの中で、ガソリン車の7人乗り3列シート仕様が車中泊に一番向いていると感じた理由の一つが、収納スペースの多さです。

私も時々車中泊をするのですが、車中泊をする際、意外と困るのが、荷物を置く収納スペースですよね。

今回新たに設定されたガソリン車の7人乗り3列シート仕様は、3つの中で一番収納スペースが多く、車中泊をする際、荷物の置き場に困る事はありません。

例えば、荷室・ラゲッジルーム下のスペース。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り3列シート仕様の場合、車中泊ををするためには、ラゲッジボードを上段に設置する必要があります。

■ラゲッジボードを上段に設置した時の荷室

そして、この7人乗り仕様では、ラゲッジボードを上段に設置をすると、ラゲッジボードと荷室フロアの間に約150mmくらいの収納スペースが…

ご覧の通り、この収納スペースは高さはあまりないので、背の高い荷物を置く事はできませんが、脱いだ靴や小さめのバッグなどを収納するのにに便利です。

ちなみに、ハイブリッド車やガソリン車の5人乗り仕様では、このような収納スペースは、用意されていません。

このように就寝時、靴などを置ける収納スペースがあるのは、他のモデルには無い、新型CRV/CR-Vの7人乗り3列シート仕様の大きなアドバンテージの一つなのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様をアレンジすると、車中泊をする際の快適性&収納力が大幅にアップ

また、車中泊好きのディーラーさんに教えてもらったのですが、新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様のシートアレンジを少し工夫すると、車中泊をする際の快適性や収納力が大幅にアップするそうです。

先ほども紹介した通り、3列目シートと2列目シートの背もたれを収納しフルフラットにするのが、7人乗り仕様の一番オーソドックスな車中泊用のシートアレンジです。

ただ、車中泊好きのディーラーさんは、一番オーソドックスなシートアレンジをするのではなく、2列目シートを小さく折り畳む”タンブル収納”をあえてするそうです。

■タンブル収納時の新型CRVの2列目シート

■タンブル収納時の荷室・ラゲッジスペース

そして、フラットになっている3列目シート部分の上に、ベニヤ板や硬めのボードを敷いて、横になるスペースを作るのがおススメとの事。

このようにすると、横になるスペース(ベッド)の下のスペースを荷物置き場として活用できるため、より快適に車中泊をする事ができるようになるそうですよ。

■ディーラーさんおススメの収納スペース

2年半ぶりに日本市場に帰ってきたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vは、ハイブリッド車、ガソリン車の5人乗り仕様/7人乗り仕様と大きく分けて3つのモデルを用意しています。

どのモデルを選んでも、荷室・ラゲッジスペースが広いため、また、フルフラットになるため、車中泊をする事ができます。

ただ、実際に3つのモデルを確認してみたところ、収納スペースの多さや快適性を考えると、ガソリン車の7人乗り3列シート仕様が一番車中泊をするのに最適なのかなと思いました。

また、ディーラーさんも車中泊をするなら、シートアレンジが豊富なガソリン車の7人乗り3列シート仕様がおススメと言っていましたよ。

ちなみに、新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様と7人乗り仕様では、シートアレンジのバリエーションが全く異なります。

>>> とてもシンプル!?新型CRV/CR-Vの5人乗りのシートアレンジを徹底解剖

>>> やっぱり便利!?新型CRV/CR-Vの7人乗りのシートアレンジを確認してみた

5人乗り仕様と7人乗り仕様のどちらを購入しようか迷っている方は、シートアレンジもしやすさやバリエーションもしっかりと確認してみると、良いと思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする