ヴェゼルと乗り味が違う!?新型CRV/CR-C ガソリンの乗り心地レビュー

2018年8月、2年間のブランクを経てホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、大幅に進化を遂げて日本市場に帰ってきました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車やガソリン車の7人乗り仕様が新たにラインナップされた事ばかりが注目を集めていますが、乗り心地や走破性も大幅に進化…。

>>> 新型CRV/CR-Vって運転しやすい!?前方の視界性&見切りを徹底レビュー

正直に言って、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vが、ここまで乗り心地が良くなっているとは、思いませんでした。また、弟分となるホンダの人気SUVヴェゼル/ベゼル(Vezel)と全く異なる乗り味になっていました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルのガソリン車の乗り心地は、どのような感じだったのでしょうか?また、実際に運転をしてみて感じたヴェゼル/ベゼル(VEZEL)との違いは、何だったのでしょうか?

2年半ぶりに日本市場に帰ってきたホンダのミドルクラスSUVの乗り心地・乗り味を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-V ガソリン車の乗り心地レビュー

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車は4WDとFF車の2つの駆動方式を用意していますが、今回私が試乗をさせて貰ったのは、前輪駆動のFF車です。

また、グレードは最上位モデルの”EX マスターピース(Masterpiece)”でした。

■新型CRV/CR-V ガソリン車のEX マスターピース

ちなみに、走破性に関しては、”EX マスターピース(Masterpiece)”と下位モデルの”EXグレード”で違いがありません。

そんなホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vのガソリン車を運転してみて感じたこのクルマの第一印象は、

「プレミアムSUVらしく、どっしりとした重厚感のある乗り心地になっているな」

と、感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、足回り自体はホンダのクルマらしくちょっと硬めになっているのですが、しなやかさも兼ね備えた乗り心地に…。

今回の試乗では、綺麗に舗装された町中のアスファルト道路をメインで運転をさせて貰ったのですが、18インチサイズのタイヤやサスペンション、シートでしっかりと衝撃や振動を吸収してくれているので、嫌な不快感は全くありません。

また、18インチサイズのタイヤが路面をしっかりと捉えている感覚もあり、また、ボディ剛性感も十分で、他のクルマでは味わえない安心感と心強さがあるある乗り心地になっていました。

新型CRV/CR-Vとヴェゼルを乗り比べて、実感した違いとは?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、ホンダの人気SUVヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の兄貴分的存在という事もあり、外装・エクステリアのデザインは、かなり似ています。

■新型CRV/CR-Vの外装

■新型ヴェゼル/ベゼルの外装

ただ、乗り心地・乗り味に関しては、新型CRV/CR-Vと新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で、若干違いがあるように感じました。

違い1.キビキビ感

今回フルモデルチェンジをしいて新発売されたミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vと新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の違いの一つは、キビキビ感です。

この2台のモデルはどちらも硬めの乗り心地になっているのは共通していますが、弟分のヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の方が軽やかなドライビングフィーリングに…。

足回りの硬さ相変わらず気になるものの、ハンドル・ステアリング操作に対するレスポンスは機敏&素直で、キビキビと走るスポーティーなドライブフィーリングになっていました。

一方、2年半ぶりに復帰を果たした新型CRV/CR-Vは、どっしりとした落ち着いた印象のある乗り心地に…。

また、ハンドル・ステアリングホイールの操舵感も新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも重ためになっており、レスポンスの良さよりも直進安定性を重要視したセッティングになっていました。

試乗に同行をしてくれたディーラーさんは、「新型CRV/CR-Vは、スポーツ性能もしっかりと備えている。」と仰っていました。

しかし、私がこの新型モデルを試乗した限りは、キビキビにスポーティに走ると言うより、プレミアムSUVらしく優雅にクルージング走行をするのにピッタリなクルマになっているように感じました。

違い2. カーブを曲がった時のロール感&安定性

また、2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vと一回り小さい新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、カーブを曲がった時のロール感や安定性にも違いがありました。

ホンダのコンパクトSUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先ほどもお話した通り、ハンドルのレスポンスが良いため、カーブを曲がる際、ハンドルを少し切るだけで、鼻先の向きをクイっと変えてくれます。

また、カーブを曲がる際のロール感も少ないので、ワインディングロードのような連続するカーブもスルスルと気持ちよく駆け抜けていってくれます。

一方、ミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vのステアリングの反応は、ホンダのクルマとしては珍しいと感じるくらいゆったりとしています。

新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で感じたようなクイックさは一切なく、ハンドルを切ると、ワンテンポ遅れてから、グググ~~っと、徐々に車体の向きを変えていく感じ…。

また、カーブを曲がる際のロールも大きめになっており、ちょっと攻めたスピードでカーブに突入をすると、体が大きく傾きます。

ここらへんでも、新型CRV/CR-Vと新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の性格の違いを表しているのかなと、思いました。

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの乗り心地は、このようになっていました。また、弟分でもあるベゼル/ヴェゼル(VEZEL)とは、このような違いがありました。

今回新発売された新型モデルは、キビキビさよりも安定感と重厚感を重要視した乗り心地に…。

弟分のヴェゼル/ベゼル(VEZEL)とは異なるドライブフィーリングになっていましたが、上質感と高級感を味わえるプレミアムSUVらしい乗り心地になっていました。

また、車体本体価格の高さなど、様々な欠点・デメリットがあるこの新型モデルですが、海外でヒットしているクルマだけあって、発売されたばかりながら完成度は非常に高いように感じました。

>>> 競合車より劣っている!?新型CRV/CR-Vの後部座席の欠点&デメリット

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする