競合車には無いメリットとは?新型CRV/CR-Vの安全性インプレッション

スタイリッシュなデザインが魅力のアーバンスタイルのクロスオーバーSUV新型CRV/CR-Vが、2年半ぶりに日本復活を果たしました。

先日、この新型モデルの見積もりを貰った際、ディーラーさんに色々と教えて貰ったのですが、意外と良いと思ったのが、この新型モデルの安全性です。

>>> 新型CRV/CR-Vの見積もりを大公開【HVとガソリンの差は大きめ!?】

この新型モデルでは、自動ブレーキなど基本的な安全装備だけではなく、競合車・ライバル車には用意されていない魅力的な機能や装備を多数用意。

競合車・ライバル車と比較しても、この新型モデルは、十分に満足でき安全性を備えているように感じました。

今回フルモデルチェンジををして新発売されたこの新型CRV/CR-Vのみに用意されている安全装備システムとは、何だったのでしょうか?また、この新型モデルの安全性で競合車・ライバル車よりも優れていると感じたところは、何だったのでしょうか?

2018年8月にデビューをした新型SUVの安全性の魅力&メリットを、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの安全性チェック:競合車には無い魅力とは?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、ホンダの最新の安全装備”ホンダセンシング(HONDA SENSING)”が全グレードに標準装備しています。

最上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”だけではなく、下位モデルの”EXグレード”でも、”ホンダセンシング(HONDA SENSING)”が標準装備されているのが、嬉しいですよね。

この”ホンダセンシング(HONDA SENSING)”は、自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)を始め9種類の安全装備機能がセットになっており、これだけでも十分に満足できる安全性を備えています。

■ホンダセンシングに用意されている9種類の機能
・自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・郊外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きクルーズコントロール(ACC)
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

そんな新型CRV/CR-Vは、”ホンダセンシング(HONDA SENSING)”だけではなく、次のような魅力的な安全装備を搭載しておりました。

その1.ドライバー注意力モニター

2018年8月にデビューを果たした新型CRV/CR-Vに用意されている注目の安全装備の一つが、”ドライバー注意力モニター”です。

この”ドライバー注意力モニター”とは、ドライバーのハンドル・ステアリング操作から、居眠り運転や不注意運転を検知し、メーター内にあるマルチインフォメーションディスプレイで運転者の注意力レベルをお知らせをしてくれる機能です。

■新型CRV/CR-Vのドライバー注意力モニター

このコーヒーカップの下に用意されている4つの目盛りで、ドライバー注意力を表しており、このメモリが多ければ多いほど、安全な運転ができている事を意味しています。

逆に、クルマの運転が不安定になり、注意力モニターの目盛りが1つになると、「運転者注意力レベル低下 休憩をとってください」と、マルチインフォメーション内に警告を発します。また、警告音やハンドルの振動によって、注意を促します。

このようにクルマ側が客観的にドライバーの注意力や運転の疲労をを検知してお知らせしてくれるのは、とても良いと思いました。

新型フォレスターの安全装備”ドライバーモニタリングシステム”との違いは?

競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)でも、ドライバーの安全運転を見守る”ドライバーモニタリングシステム”と機能を用意しています。

■新型フォレスターのドライバーモニタリングシステム

新型CRV/CR-Vはハンドル操作からドライバーの居眠り運転や不注意運転を検知するのに対し、スバルの新型フォレスター(Forester)は、インパネ中央上部に設置されているカメラでドライバーを検知します。

■新型フォレスターのドライバー検知用カメラ

なので、機能性や性能は、新型CRV/CR-Vよりも新型フォレスター(Forester)の方が優れていると思います。

ただ、新型フォレスター(Forester)で”ドライバーモニタリングシステム”が装備されているのは、最上位モデルのハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”だけなんですよね。

一方、新型CRV/CR-Vの”ドライバー注意力モニター”は、ハイブリッド車/ガソリン車問わず全グレード標準装備となっています。

この差は、かなり大きいですよね。
また、このような安全面に関する機能や装備は、全グレード標準装備にして貰いたいところですよね。

新型CRV/CR-Vの”ドライバー注意力モニター”の機能性は、新型フォレスター(Forester)の”ドライバーモニタリングシステム”に劣るかもしれません。ただ、全グレード標準装備されているのは、大きなアドバンテージ・魅力だと思いました。

その2.ブラインドスポットインフォメーション

また、走行中の死角になりやすい自車の斜め後方車両を検知し、サイドミラーに搭載されたインジケーターで運転手にお知らせをしてくれる”ブラインドスポットインフォメーション(後側方警戒支援システム)”が標準装備されているのも、新型CRV/CR-Vの魅力の一つです。

■新型CRV/CR-Vのブラインドスポットインフォメーション

名前は各メーカーで異なりますが、高速道路などでの車線変更を楽にしてくれる”ブラインドスポットインフォメーション”のような機能は、新型フォレスター(Foresuter)や新型エクストレイル(X-Trail)などの競合車・ライバル車にも用意されています。

■新型フォレスターのブラインドスポットインフォメーション

ただ、競合車・ライバル車では、メーカーオプション設定だったり、グレードの別の設定になっているんですよね。なので、競合車・ライバル車の場合、この便利な機能を装着できない可能性があります。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vでは、この便利な機能が全グレード標準装備されています。

これはかなり嬉しいですよね。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスターでは、この”ブラインドスポットインフォメーション”は、メーカーオプションとなっております。そして、クルマ後方のカメラをバックミラーに映し出す”スマートリアビューカメラ”とセットで、6万4800円で用意しています。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、競合車・ライバル車よりも車体本体価格が高いので、”ブラインドスポットインフォメーション(後側方警戒支援システム)”が標準装備されているのは、当然と思う方もいるかもしれません。

>>> 新型CRV/CR-Vって本当に高い!?新型フォレスターの見積もりと比較してみた

ただ、”ブラインドスポットインフォメーション”のような使い勝手の良い機能が、最上位グレードの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”だけではなく、下位モデルの”EXグレード”にもしっかりと標準装備されているのは、この新型モデルのスゴイところだなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの安全装備を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)など基本的な安全装備は、しっかりと用意されています。

また、それだけではなく、ドライバーの運転状況を見守ってくれる”注意力モニター”や、高速道路での運転を楽にしてくれる”ブラインドスポットインフォメーション”など、競合車ではオプション設定になっているような機能も全グレード標準装備されていました。

クルマによっては、上位モデルと下位モデルでグレードで安全装備にも違いがあります。
しかし、今回新発売された新型CRV/CR-Vは、下位グレードの”EXグレード”も上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”と遜色のない安全装備を用意。下位モデルを選んでも、安全面で困らないのは、この新型モデルの良いところだと思いました。

>>> HVとガソリンでどれくらい違う!?新型CRV/CR-Vの荷室容量を大公開!

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする