とてもシンプル!?新型CRV/CR-Vの5人乗りのシートアレンジを徹底解剖

北米を中心に”室内が広くて取り回しが良いクルマ”として評価が高いホンダのミドルクラスSUV5代目新型CRV/CR-Vが、2018年8月、日本再デビューを果たしました。

2年半ぶりに復活を果たしがこの新型モデルは、オーソドックスな5人乗り仕様に加え、3列目シートを備えた7人乗り仕様を新たに用意していますが、この2台のモデルでは、シートアレンジなどに違いが…。

5人乗り仕様の後部座席(2列目シート)のシートアレンジのバリエーション、使い勝手や機能性は、7人乗り仕様に遠く及ばないなと感じました。

>>> 【7人乗りvs5人乗り】新型CRV/CR-Vの後部座席の3つの違いとは?

そんな5人乗り2列シート仕様では、どのようなシートアレンジを用意していたのでしょうか?また、足を伸ばして休憩する事ができる”リラックスモード”などの特別なこのクルマならではの特別なシートアレンジは、用意されていたのでしょうか?

ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様のシートアレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様のシートアレンジを徹底解剖

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの2列シート仕様は、6対4分割方式の後部座席を採用しており、2人から5人の範囲で乗車人数を調整する事ができます。

そんな新型モデルの5人乗り2列シート仕様に用意されているシートアレンジを確認してみる事にしましょう。

ちなみに、ハイブリッド車とガソリン車の5人乗り仕様では、シートアレンジに違いはありません。

5人乗車モード

新型CRV/CR-Vに用意されているシートアレンジの中で一番オーソドックスなのが、フロントシートと後部座席をすべて展開をした”5人乗車モード”です。

■5人乗り仕様のフロントシート

■5人乗り仕様の後部座席


この5人乗り仕様の後部座席は、7人乗り仕様とは異なり足元の広さを調整できるスライド機能は用意されていませんが、大人でも十分に快適に過ごせるだけの足元空間と頭上空間の広さを確保。

■5人乗り仕様の後部座席の足元空間の広さ

>>> 新型CRV/C-R 5人乗りの後部座席の足元空間は広い!?快適性を徹底解剖

また、この5人乗り仕様の後部座席は、7人乗り仕様よりもシートサイズが大きくなっており、7人乗り仕様の2列目シートよりもゆったりとした座り心地に…。座面も長く、膝の裏までしっかりとカバーをしてくれているおかげで、長時間ドライブも苦ではありません。

7人乗り仕様には7人乗り仕様ならではの良さがありますが、後部座席(2列目シート)の座り心地の良さや快適性を求めるのなら、やはり5人乗り仕様なのかなと思いました。

4人乗車モード

6対4分割方式している新型CRV/CR-Vの右側(運転席側)の後部座席を収納すると、フロントシートと後部座席に2人ずつ乗車できる4人乗車モードとなります。

■新型CRV/CR-Vの4人乗車モード

ラゲッジボードを上段に設置すると、後部座席までフルフラットな形状になりますし、長尺物を積み込むのにピッタリなシートアレンジになっていました。

また、5人乗り仕様では、後部座席の背もたれを収納するレバーが荷室の左右の壁面に用意されており、カンタンに後部座席を収納できるのも好印象でした。

■後部座席収納レバー

3人乗車モード

新型CRV/CR-Vの右側(助手席側)の後部座席の背もたれを前方に倒すと、フロントシートに2人、後部座席に1人乗車できる3人乗車モードとおなります。

■新型CRV/CR-Vの3人乗車モード

後部座席の大き方を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きがかなり広くなりますね。

キャンプや旅行など、大きい荷物をたくさん積み込む時には重宝をするシートアレンジになっていました。

ちなみに、この5人乗り仕様は、7人乗り仕様よりも後部座席のシートサイズが大きい事もあり、3人乗車モードにした時の後部座席の座り心地も意外と良かったです。(センターアームレストが無いので、腕の置き場にはちょっと困りますが…。)

2人乗車モード

新型CRV/CR-Vの後部座席をすべて収納すると、クルマの後方に荷物をたくさん積めるシートアレンジ”2人乗車モード”になります。

■新型CRV/CR-Vの2人乗車モード

ハイブリッド車とガソリン車の5人乗り仕様では、荷室・ラゲッジスペースのサイズが若干異なりますが、どちらのモデルも奥行きは1,800mm以上確保。

荷室・ラゲッジスペースの形状もほぼフルフラットですし、多くの荷物を積む時だけではなく、車中泊をする時にも重宝するシートアレンジになっていました。

>>> 新型CRV/CR-Vの荷室比較【ハイブリッドとガソリン車の違いとは?】

5人乗り仕様ならではのシートアレンジは無し

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様のシートアレンジは、このようになっており、非常にシンプルです。5人乗り仕様ならではの特別なシートアレンジの用意はありませんでした。

また、弟分のヴェゼル/ベゼル(Vezel)では、このようにフロントシートの背もたれを後部座席の座面をくっつけるシートアレンジ”リラックスモード”にする事ができました。(このリラックスモードは、アンオフィシャルですが…)

■新型ヴェゼル/ベゼルのリラックスモード

しかし、このように今回新発売された新型CRV/CR-Vは、フロントシートが大きいため、ヴェゼル/ベゼルのように”リラックスモード”にする事ができません。

個人的には、ちょっと仮眠を取りたい時や足を伸ばして休憩したい時に便利なシートアレンジ”リラックスモード”は、用意して貰いたかったなと感じました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして日本再デビューを果たしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの5人乗り2列シート仕様のシートアレンジは、このようになっていました。

6対4分割方式の後部座席を採用している事もあり、この5人乗り仕様も必要最低限のシートアレンジは用意されています。

ただ、7人乗り3列シート仕様と比較すると、この5人乗り仕様のシートアレンジのバリエーションは格段に見劣りをします。また、新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様ならではの特別なシートアレンジも用意されていません。

ゆったりと車内の広さを楽しみたい人には5人乗り仕様は良いと思いますが、車内の広さを有効活用したい人には、7人乗り仕様の方が良いのかなと思いました。

もし5人乗り仕様と7人乗り仕様のどちらを購入しようか迷っている方は、ぜひともシートアレンジのバリエーション、後部座席(2列目シート)の快適性や座り心地をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> やっぱり便利!?新型CRV/CR-Vの7人乗りのシートアレンジを確認してみた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする