新型フィット クロスターのタイヤは他グレードと違う!サイズ&メーカーを徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)は、他のグレートとは異なる専用デザインのタイヤ&ホイールを装着しています。

また、タイヤサイズも他のグレードとは異なります。

クロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”のタイヤ&ホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このクロスター(CROSSTAR)に用意されていたタイヤ&ホイールのサイズは、どれくらいだったのでしょうか?

新型フィット クロスター(FIT CROSSTAR)に標準装備されているタイヤ&ホイールのデザインやサイズ、メーカーなどを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット クロスターのタイヤ&ホイールのデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■クロスターのタイヤ&ホイール

クロスターはスタイリッシュなデザインをしたホイールを装着

クロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)では、切削加工&ブラック塗装を施した専用デザインのホイールを標準装備。

このクロスター(CROSSTAR)専用デザインのホイールは切削表面が美しく、SUVらしいチカラ強さと街中で映えるエレガントさを兼ね備えたデザインに…。

また、クロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)の専用デザインのタイヤ&ホイールは、大きく張り出したブラック塗装のホイールアーチプロテクターと相まって、他のグレードでは味わえない迫力のあるサイドスタイルを演出していました。

新型フィット クロスターのタイヤサイズをチェック

切削加工&ブラック塗装を施した専用デザインのホイールとタイヤを装着している新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)ですが、タイヤ&ホイールのサイズは、どれくらいだったのでしょうか?

SUV仕様のクロスター(CROSSTAR)のタイヤ&ホイールの大きさを確認してみたところ、このようになっていました。

■クロスターのタイヤ&ホイールのサイズ

16インチ(185/60R16)

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)は、16インチサイズのタイヤ&ホイールを装着。

実はラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”やアクティブ仕様の”ネス(NESS)”も、16インチサイズのタイヤ&ホイールを履いているんですよね。

ただ、同じ16インチサイズのタイヤ&ホイールでも、クロスオーバー仕様の”クロスター(CROSSTAR)”と”リュクス(LUXE)”&”ネス(NESS)”では、タイヤに若干の違いがありました。

クロスターとそれ以外のモデルのタイヤは何が違う?

16インチサイズのタイヤ&ホイールを装着している新型フィット/フィット4のクロスター(CROSSTAR)と”リュクス(LUXE)”&”ネス(NESS)”ですが、タイヤの厚みに違いがありました。

ラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”やアクティブ仕様の”ネス(NESS)”では、標準的なタイヤの厚みである55扁平のタイヤを装着していたのですが、クロスオーバー仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、タイヤに厚みがある60扁平のタイヤを装着。

実際に”クロスター(CROSSTAR)”と”リュクス(LUXE)”、”ネス(NESS)”のタイヤを比較してみると、このような感じに…。

■クロスターのタイヤ

■リュクスのタイヤ

■ネスのタイヤ

このように見比べてみると、タイヤの厚みに違いが…。

また、実際にタイヤの厚みが違い”クロスター(CROSSTAR)”と”リュクス(LUXE)”では、乗り心地やドライビングフィールにも違いがあります。

路面の荒れたアスファルト道路を運転すると差が明らかになるのですが、タイヤに厚みがある”クロスター(CROSSTAR)”の方があたりが柔らかいソフトな乗り心地に…。

ただ、車高の高さの違いもありますが、カーブを曲がった時の安定性やレスポンス、スポーティーさに関しては、タイヤが薄い”リュクス(LUXE)”や”ネス(NESS)”の方がワンランク上なのかなと、試乗をして感じました。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、同じ16インチサイズのタイヤ&ホイールを装着しても乗り心地やドライビングフィールに違いがあるので、ご注意くださいね。

新型フィット クロスターが装着しているタイヤメーカー&ブランドは?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット クロスター(FIT CROSSTAR)では、他のグレードとは異なるサイズのタイヤを装着していましたが、タイヤメーカー&ブランドは、どうだったのでしょうか?

私が見たモデルのタイヤメーカー&ブランドを確認してみたところ、次のようになっていました。

■クロスターのタイヤメーカー&ブランド

ダンロップ エナセーブEC300プラス

クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、ダンロップから発売されている低燃費タイヤ”エナセーブ EC300プラス(ENASAVE EC300+)”を装着。

この”クロスター(CROSSTAR)”は他のグレードとは異なる扁平率が高いタイヤを装着していたので、「SUV仕様のタイヤ&ホイールを装着しているのかも!?」と、ひそかに期待をしていたのですが…。

ただ、新型フィット/フィット4はオフロードを走るためのクルマではなく、クロスオーバーSUVっぽいスタイルにしただけの”なんちゃってSUV”です。なので、ハイスペックタイヤではなく、コスパ重視の低燃費タイヤを装着しているのは、仕方ないのかもしれませんね。

まとめ:タイヤが異なるクロスターの乗り心地は要注目

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”に装着してある純正タイヤ&ホイールを確認したところ、このようになっていました。

タイヤサイズ自体は、リュクス(LUXE)などと同じになっていましたが、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、他のグレードよりも厚みのあるタイヤを装着。

そのため、乗り心地&ドライビングフィールに違いがあります。

もしクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”の購入を検討しているのなら、他のグレードと異なる乗り心地にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする