斜め後方に視認性が気になる…【新型フィット4の後方の視界を実車画像で徹底解剖】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)は、フロントガラスを支えるAピラーを見直したことにより、先代モデルよりも前方の視界が格段に良くなりました。

また、この新型モデルは、真後ろの視界も良かったです。

ただ、斜め後方の視界&見やすさに関しては、ちょっと物足りなさが…。

そんな新型モデルの後方の視認性・見やすは、どのようになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの後方の視界で気になったところは、どこだったのでしょうか?

ホンダの人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)の後方の視界&視認性を、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4の真後ろの視界をチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の真後ろを運転席から確認してみたところ、このようになっていました。

■新型フィット4の運転席から真後ろを確認した時の様子

先代モデルと同様にリヤガラスは大きいサイズを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、先代モデルと同様に大きめのリヤガラスを採用しています。

■新型フィット3のリヤガラス

■新型フィット4のリヤガラス

コンパクトカーの中には、後部座席に同乗者がいるとリヤガラスが完全に隠れてしまい、後方が確認しにくいクルマもあります。

しかし、この新型モデルは先代モデルと同様にリヤガラスが広くなっています。

そのため、後部座席に乗車する人がいてもリヤガラスが完全に覆い隠されることがないため、安全に運転をすることができました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、車両後方のカメラの映像をルームミラーに映し出し、スッキリとしたクリアな視界をサポートするディーラーオプションで【アドバンスドルームミラー】を用意しています。

■新型フィット4のアドバンスドルームミラー

後部座席に座る同乗者や荷室に積み込む大きな荷物よる後方の視界の遮りが気になる方は、ディーラーオプションのアドバンスルームミラーの装着を検討してみても良いかもしれませんね。

車体感覚も掴みやすい

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)を試乗して良いと思ったのが、後方の車体感覚の掴みやすさです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、テールゲートは少し傾斜しているものの、リヤバンパーの張り出しも小さいリヤデザインになっています。

■新型フィット4の後方部分

そのおかげもあり、この新型モデルの後方の車体感覚は、競合車・ライバル車よりも掴みやすい感じが…。

この新型フィット4(Fit4)の上位モデルには、後方のカメラ映像をナビの画面に映し出すバックモニタが標準装備されていますが、バックモニタに頼らなくても安心してバック&駐車できるのは、このクルマの良いところの一つなのかなと思いました。

バックミラーの性能に若干の不満が…

また、今回フルモデルチェンジをした新型フィット4(Fit4)は後方の視界も良く、運転がしやすいクルマに仕上がっていましたが、ちょっと残念だったのは、バックミラーのデザインです。

■新型フィット4のバックミラー

この新型モデルに用意されているバックミラーは、シンプルなデザインになっており、後続車のヘッドライトの眩しさを抑える”防眩機能”などの夜間ドライブをサポートする機能の用意はなし。

個人的には、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”やクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”などには、安全な夜間ドライブをサポートする”防眩機能”を用意しても良かったのかなと思いました。

新型フィット4の斜め後ろの視界をチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の運転席から斜め後方を確認したところ、このようになっていました。

■新型フィット4の斜め後方を運転席から確認した時の様子

サイドウィンドウが大きさは魅力的

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の斜め後方の視界で良いと思ったことの一つが、後部座席横のサイドウィンドウの大きさです。

先代モデルと同様にこの新型モデルのサイドウィンドウは大きいサイズに…。

■新型フィット4の後部座席横のサイドウィンドウ

この新型モデルの後部座席横のサイドウィンドウをよ~く見ると分かるのですが、後方に行くにつれて、下端が若干高く(=キックアップ)なっていっています。

ただ、このことが気にならないくらいこの新型モデルのサイドウィンドウは大きく、クリアで見やすい視認性を確保していました。

三角窓の大きさはイマイチ

そんな新型フィット4(Fit4)の斜め後方の視界でちょっと気になったのは、三角窓(リヤクォーターガラス)のサイズです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、斜め後方の視界をよくするため、三角窓(リヤクォーターガラス)のデザインを変更しました。

■先代モデルの三角窓

■新型フィット4の三角窓

この新型モデルでは、三角窓の窓枠の部分が先代モデルと比較すると、スッキリとしました。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、三角窓の応報とリヤガラスの間のピラーが大きく、少し死角が大きいような感じが…。

安全面やボディ強度などの問題もあるかもしれませんが、個人的には、もう少し斜め後方の死角を少なくしても良かったのかなと思いました。

まとめ:斜め後方の視界は注意が必要

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の真後ろ&斜め後方の視界を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルはリヤガラスが大きいこともあり、真後ろの視界&視認性は、とても良かったです。また、車体感覚が掴みやすく、運転がしやすいのも好印象でした。

ただ、ちょっと気になったのは、斜め後方の死角の多さです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、コンパクトカーの中でも特にボディサイズが大きく死角が多いため、斜め後方の視界の悪さがちょっと気になってしまいました。

もしこれからこの新型モデルの試乗をする際は、後方&斜め後方の視界や運転のしやすさも確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする