新型フィット ホームの外装インプレ【幅広い層に愛される人気モデルを徹底解剖】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット ホーム(FIT HOME)の人気グレードの一つが、価格と用意されている装備のバランスの良さが魅力の”ホーム(HOME)”です。

このホーム(HOME)には、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”やリューク(LUXE)のように派手な外装・エクステリアをしていないのですが、LEDヘッドライトを備えるなど、予想以上に機能や装備は充実。

オーソドックスなコンパクトカーっぽいデザインですが、安っぽさを感じない魅力的な一台に仕上がっていました。

そんな新型フィット ホーム(FIT HOME)の中核モデル”ホーム(HOME)”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、ホーム(HOME)は、どのような特徴を備えていたのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新しいデザインに生まれ変わった新型フィット ホーム(FIT HOME)の中核モデル”ホーム(HOME)”の外装・エクステリアを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット ホームのフロントマスクをチェック【外装インプレ1】

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型フィット ホーム(FIT HOME)のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■ホームのフロントマスク

LEDのヘッドランプを標準装備

最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”やクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTER)”と同様に”ホーム(HOME)”でもLEDのヘッドライトを標準装備。

■ホームのLEDヘッドライト

他のグレードと同様にライン状にポジションランプ(クリアランスランプ)を装着しており、一目見てフィットと分かるデザインになっていました。

LEDフォグランプの用意は無し

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のホーム(HOME)”と、上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”や”リュクス(LUXE)”のフロントマスクの大きな違いの一つが、フロントフォグランプです。

上位モデルの”ネス(NESS)”やリュクス”LUXE”では、スタイリッシュさを強調するLEDのフロントフォグランプが標準装備されていました。

■リュクスのフロントフォグランプ

ただ、この”ホーム(HOME)”では、フロントフォグランプの用意は無し…。

■ホームのフロントマスク

そのため、”ホーム(HOME)”のフロントマスクの高級感や上質感は、”ネス(NESS)”や”リュクス(LUXE)”よりも若干見劣りします。

ただし、新型フィット/フィット4では、ディーラーオプションでLEDのフロントフォグランプを用意しているため、上位モデルと”ネス(NESS)”やリュクス”LUXE”のようなスタイリッシュなフロントマスクにすることもできますよ。

新型フィット ホームのサイドスタイルをチェック【外装インプレ2】

一方、新型フィット ホーム(FIT HOME)の中核モデル”ホーム(HOME)”のサイドスタイルは、このようなデザインになっていました。

■ホームのサイドスタイル

そんな”ホーム(HOME)”のサイドスタイルには、他のグレードとは異なる次のような特徴がありました。

ホームのサイドミラーはボディと同じカラーを採用

新型フィット/フィット4のラグジュアリー仕様”リュクス(LUXE)”やクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、ボディカラーとは異なる専用デザインのサイドミラーを装着していました。

■リュクスのサイドミラー

しかし、中間モデルにあたる”ホーム(HOME)”では、ボディと同系色のサイドミラーを標準装備。なので、私が見たモデルのサイドミラーは、ボディカラーと同系色のプラチナホワイトパールに…。

■ホームのサイドミラー

このようにボディと同系色になっているサイドミラーになっていることもあり、中間モデルの”ホーム(HOME)”は他のグレードとは見た目の印象が異なる異なるスッキリとしたサイドスタイルになっていました。

ホームはスチールホイールを標準装備

また、新型フィット ホーム(FIT HOME)は上位モデルと異なり、ホイールキャップ付きのスチールホイール(鉄チン)を標準装備。

■ホームのスチールホイール

このモデルに用意されているホイールキャップはシルバー塗装があしらわれており、シンプルで落ち着いた雰囲気のサイドスタイルを演出していました。

また、ホーム(HOME)”のタイヤ&ホイールのサイズは、上位モデルにあたる”ネス(NESS)”や”リュクス(LUXE)”よりも一回り小さい15インチサイズに…。

ただ、この”ホーム(HOME)”は、シンプルでスッキリとしたサイドスタイルになっていることもあり、足回りの小ささは全然気になりませんでした。

サイドスタイルを演出するガーニッシュもなし

また、新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”の特徴&メリットの一つは、サイドスタイルを彩るガーニッシュの存在です。

上位モデルにあたる”ネス(NESS)”や”リュクス(LUXE)”では、スタイリッシュなサイドスタイルを強調するサイドシルガーニッシュが用意されていましたが、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、このような加飾も無し。

■ネスのサイドシルガーニッシュ

■ホームのドアパネル下部

そのおかげもあり、”ホーム(HOME)”は、他のグレードとは雰囲気が異なるシンプルで柔らかな印象のサイドスタイルになっていました。

新型フィット ホームの後ろ姿をチェック【外装インプレ3】

一方、新型フィット/フィット4の中でもトップクラスの人気を誇る”ホーム(HOME)”の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■ホームの後ろ姿

“ホーム(HOME)”は、帯状に光るテールランプが際立って見えるシンプル&スタイリッシュな後ろ姿に…。

■テールランプを点灯した時の様子

この”ホーム(HOME)”の後ろ姿には、”リュクス(LUXE)”のような豪華さや”クロスター(CORSSTAR)”のような迫力はないのですが、幅広い年齢層から好まれる落ち着いた雰囲気になっていました。

まとめ:各パーツのスタイリッシュさが際立つホーム(HOME)

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

“ホーム(HOME)”は、ヘッドランプやリヤコンビネーションランプのスタイリッシュさが際立つシンプルなデザインに…。

ただ、新しく生まれ変わった新型フィット/フィット4の外装・エクステリアは清潔感があり、シンプルながらも安っぽさを一切感じない質感の高さを兼ね備えているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする