外装にはどんな専用装備を用意?新型フィット クロスターの外装パーツをチェック

2020年2月にデビューを果たしたホンダの新型フィット/フィット4は5つのモデルを用意していますが、この中で一番人気が高いのが、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTER)”です。

SUVらしいアグレッシブでタフな見た目が特徴の”クロスター(CROSSTER)”の外装・エクステリアには、他のグレードには用意されていない様々な専用装備&アイテムが…。

ホンダからデビューを果たした新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTER)”の外装・エクステリアには、どのような専用装備&パーツを備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、クロスターの外装・エクステリアのみに用意されている専用アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

フロントマスクの専用装備をチェック【新型フィット クロスターの外装1】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット クロスター(FIT CROSSTER)のフロントマスクまわりには、次のような専用装備&パーツを用意していました。

フロントグリルを唯一装着

新型フィット/フィット4のSUV仕様”クロスター(CROSSTER)”の外装・エクステリアに用意されている専用装備の一つが、フロントグリルです。

■クロスターのフロントグリル

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは基本的にフロントグリルを採用していません。ただ、唯一、フロントグリルを採用していたのが、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTER)”です。

ブラック塗装を施した横桟タイプのフロントグリルを搭載した”クロスター(CROSSTER)”は、他のグレードとは一味も二味も異なる迫力のあるフロントマスクに…。

■クロスターのフロントマスク

■リュクスのフロントマスク

アクティブさとタフさを演出するフロントグリルを装着しているのは、他のグレードにはない”クロスター(CROSSTER)”だけの大きな魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

無骨感を演出するフロントバンパー

フロントバンパーも、クロスオーバーSUVスタイルの新型フィット クロスター(FIT CROSSTER)の専用装備の一つです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、グレードによってフロントバンパーのデザインに若干の違いがあるのですが、”クロスター(CROSSTER)”では、ブラックカラーをした大型バンパーを標準装備。

■フロントバンパー

このクロスター(CROSSTER)に備わっているフロントバンパーは、光沢が無いマットな質感となっており、タフなオフローダーぽさを演出。

また、フロントフォグランプを装着する台座部分も他のグレードよりも一回り大きくなっており、どっしりとした見た目になっているのも、このクロスター(CROSSTER)の特徴の一つなのかなと思いました。

サイドの専用装備をチェック【新型フィット クロスターの外装2】

新型フィット クロスター(FIT CROSSTER)は、サイドから見てもクロスオーバーSUVっぽさを感じるデザインになっているのですが、次のような専用装備&アイテムを用意していました。

タフさを演出するサイドシルガーニッシュ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット クロスター(FIT CROSSTER)のサイドスタイルの特徴的なアイテムの一つが、サイドシルガーニッシュとドアロアガーニッシュです。

■サイドシルガーニッシュ&ドアロアガーニッシュ

この新型モデルでは、フロントバンパーと同じ樹脂製のサイドシルガーニッシュ&ドアロアガーニッシュを装着。

艶なしマットブラックのサイドシルガーニッシュ&ドアロアガーニッシュを装着したこのモデルは、SUVらしいアクティブで力強いサイドスタイルとなっていました。

サイドの迫力を強調するホイールアーチプロテクター

また、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTER)”では、ホイールアーチを縁取る専用アイテム”ホイールアーチプロテクター”を標準装備。

■クロスターのホイールアーチプロテクター

サイドに大きく張り出したホイールアーチプロテクターは迫力があり、SUVらしい力強さとアグレッシブさを強調していました。

スタイリッシュなタイヤ&ホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売をした”クロスター(CROSSTER)”の専用アイテムの一つが、タイヤ&ホイールです。

■クロスターのタイヤ&ホイール

クロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTER)では、スタイリッシュさと力強さを兼ね備えた専用デザインのアルミホイールを標準装備。

また、タイヤサイズも16インチとなっており、ホイールアーチプロテクターやサイドシルガーニッシュに負けない迫力のあるデザインに…。

また、新型フィット クロスター(FIT CROSSTER)は、他のグレードよりもタイヤ&ホイールとホイールハウス(フェンダー)の間のスペースが他のグレードよりも大きくなっており、SUVらしい見た目になっているのも印象的でした。

洗練されたデザインのサイドミラー

また、サイドミラーも、クロスオーバーSUV仕様の新型フィット クロスター(FIT CROSSTER)の専用デザインとなっています。

ホーム(HOME)やベーシック(BASIC)のサイドミラーは、ボディと同系色になっていましたが、このクロスター(CROSSTER)では、高輝度シルバー塗装を施したサイドミラーを標準装備。

■クロスターのサイドミラー

このシルバー塗装を施したサイドミラーが良いアクセントになっていて、ワンランク上の上質感を演出していました。

SUVの定番アイテムのルーフレール

また、メーカーオプション設定となっているのですが、新型フィット クロスター(FIT CROSSTER)では、SUVの定番アイテム”ルーフレール”も用意しています。

■クロスターのルーフレール

やっぱりルーフレールが装着されいると、SUVっぽさが増しますね。

このルーフレールのオプション価格は4万0000円となっており、決して安い金額ではありません。

ただ、せっかくクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTER)”を購入するのなら、ルーフレールも装着をして、SUVらしさに磨きを掛けたいなと思いました。

後ろ姿の専用装備をチェック【新型フィット クロスターの外装3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット クロスター(FIT CROSSTER)では、リヤにも専用装備&パーツを装着していました。

SUVらしさを強調するリヤバンパー

“クロスター(CROSSTER)”では、立体的な造形をした樹脂製の専用デザインのリヤバンパーを装着。

■クロスターのリヤバンパー

このゴツゴツ感がSUVっぽさを強調しているような感じが…。

クロスター(CROSSTER)のリヤに用意されている専用装備は、このリヤバンパーのみだったのですが、このアイテム一つで、新型フィット/フィット4の後ろ姿を上手にクロスオーバーSUV仕様に仕上げていました。

まとめ:専用装備を装着したクロスターは非日常を演出

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたクロスオーバーSUV仕様の新型フィット クロスター(FIT CROSSTER)では、このような専用装備&アイテムを備えていました。

専用デザインのフロントグリルや大径タイヤ&ホイールを装着したクロスター(CROSSTER)は、クルマに乗るのが楽しくなるような”ワクワク感”のあるデザインに…。

普通のコンパクトカーではなく、ちょっと他とは違う特別感のあるクルマに乗りたい方には、刺激的な外装・エクステリアになっている”クロスター(CROSSTER)”は、ピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする