ハイブリッドとガソリンで違う!?新型フィット4の床下収納を実車画像で徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、先代モデルと同様に荷室フロアの下のスペースの床下収納(サブトランク)を備えています。

ただ、この新型モデルの床下収納(サブトランク)のサイズは、ハイブリッド車とガソリン車で異なります。

なので、使い勝手にも差が…

ホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)の床下収納(サブトランク)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルでは、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルの床下収納(サブトランク)のデザインや使い勝手を徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のガソリン車の床下収納をチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4のガソリン車の荷室

スッキリとしたデザインが魅力のガソリン車の荷室・ラゲッジスペースですが、この荷室フロアを持ち上げると、床下収納(サブトランク)が登場します。

■ガソリン車の床下収納

ガソリン車は床下全体が収納スペースに…

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の床下は、中央に仕切りがあって前後に分かれているものの、フロア下全体が収納スペースになっています。

床下収納の前方部分はジャッキなどの工具が収納されているため、また、形もいびつなため、収納できるアイテムは限られてしまいます。

なので、ガソリン車の床下収納(サブトランク)の前方部分は、収納スペースとしてあまり期待しない方が良いのかなと思いました。

ただ、その分、後方部分のスペースは広さは十分で、使い勝手の良い収納スペースとなっていました。

ガソリン車の床下収納のサイズはどれくらい?

このように広くて使い勝手の良い新型フィット4(Fit4)のガソリン車の床下収納(サブトランク)ですが、サイズはどれくらいなのでしょうか?

先日、サイズが広い後方スペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■ガソリン車の床下収納のサイズ

奥行き 約250mm
横幅 約580mm
深さ 約200mm

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の床下収納は、奥行きや横幅だけではなく深さも十分。

洗車用タオルやスポンジ、フロントガラスに氷結した雪や霜を素早く溶かす”霜とりスプレー”などを収納しておくのに良いのかなと思いました。

新型フィット4のハイブリッド車の床下収納をチェック

一方、新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の荷室

そして、ハイブリッド車の床下収納(サブトランク)は、このようになっていました。

■ハイブリッド車の床下収納

フロアを開け閉めできるのは手前部分のみ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車とガソリン車で大きく異なるのは、開け閉めできる荷室フロアの範囲です。

ガソリン車では、フロア下全体が収納スペースになっており、荷室フロア全体をガバっと持ちあげることができました。

しかし、ハイブリッド車は、荷室・ラゲッジスペースのフロア下にバッテリーなどの駆動用システムを積み込んでいるため、荷室フロアの後方(手前)部分しか開け閉めをすることができません。

また、床下に用意されている収納スペースも、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が狭くなっていました。

工具は荷室のサイドに収納

新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、床下のスペースのジャッキなどの工具やパンク修理キットを備えています。

しかし、ハイブリッド車では、荷室・ラゲッジスペースの床下に工具やパンク修理キットを収納しておくスペースがありません。

なので、ハイブリッド車では床下ではなく、荷室・ラゲッジスペースの右側の壁面にまとめて工具やパンク修理キットなどが置いてありました。

■ハイブリッド車の工具&パンク修理キット

ハイブリッド車の床下収納のサイズはどれくらい?

ガソリン車よりもひと回りサイズが小さくなっている新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の床下の収納スペースですが、大きさはどれくらいだったのでしょうか?

実際に計測したところ、このようになっていました。

■ハイブリッド車の床下収納のサイズ

奥行き 約220mm
横幅 約480mm
深さ 約220mm

深さに関しては、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が、若干ですが深くなっていました。

ただ、それ以外の奥行きや横幅に関しては、ハイブリッド車よりもガソリン車の方がひと回り大きくなっています。

また、この2台のモデルの床下収納(サブトランク)を見比べると、数値以上の差が…。

床下収納の使い勝手に関しては、収納できるアイテムに限りがあるハイブリッド車よりも、サイズにゆとりがあり、使い勝手に優れるガソリン車の方が一枚も二枚も上手だなと感じました。

まとめ:ハイブリッドとガソリンで床下収納のサイズが異なる新型フィット4

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車とガソリン車の床下収納(サブトランク)のデザインやサイズを確認したところ、このようになっていました。

この2台のモデルでは、荷室・ラゲッジルームの下に用意されている床下収納のサイズや使い勝手に大きな差が…。

個人的には、サイズが大きく、収納力に優れるガソリン車の方が使い勝手が良いように感じました。

また、新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車とガソリン車の荷室は、床下収納の広さや使い勝手以外にも様々な違いがあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする