新型フィット4のサイドミラーは見にくくなった【先代モデルと比較】

先日、2020年2月にデビューをした新型フィット4(Fit4)を改めて試乗させてもらったのですが、この時に気になったが、サイドミラーの見やすさ(視認性)です。

ただ、新型モデルのサイドミラーは、先代モデルのものよりも少し見にくくなったような感じが…

ホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)のサイドミラーは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、新しいデザインになったこの新型モデルのサイドミラーの視認性は、先代モデルとどんな違いがあったのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした新型モデルのサイドミラーのデザイン&視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のサイドミラーのデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)のサイドミラーは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4のサイドミラー

グレードによって異なるサイドミラーのカラー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は5つのグレードを用意しているのですが、グレードによって、サイドミラーのカラー異なります。

最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”、人気モデルの”ホーム(HOME)”、センスの良さが光る”ネス(NESS)”では、ボディと同系色のオーソドックスなサイドミラーを採用しています。(※2トーンカラーを選ぶと、ルーフのカラーと同系色になります。)

■ホームのサイドミラー

一方、クロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)では、高輝度シルバー塗装を施したサイドミラーを採用。

■クロスターのサイドミラー

また、最上位モデルのリュクス(LUXE)では、プラチナ調のクロームメッキカラーのサイドミラーを採用。

■リュクスのサイドミラー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、シンプルでスッキリとしたサイドスタイルになっているのですが、サイドミラーにあしらったプラチナ調クロームメッキが良いワンポイントアクセントになっていました。

LEDのウィンカーを全グレードに標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のサイドミラーは、LEDのウィンカーをハイブリッド車/ガソリン車とわず全グレードに標準装備しています。

最廉価モデルのベーシック(BASIC)でも、LEDのウィンカーが付いたサイドミラーが標準装備されているというは、嬉しいですよね。

そんな新型モデルのウィンカーを点灯してみると、このような感じに…。

■サイドミラーに備わっているウィンカー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のサイドミラーに備わっているウィンカーは、ライン状に点灯するシンプルなデザインに…。

ただ、この新型モデルのサイドミラーに備わっているウィンカーは、LEDランプを採用していることもあり、明るさも十分!

周囲にいる人や車が確認しやすい安全性の高いデザインになっていました。

新型フィット4のサイドミラーの見やすさをチェック

このようにスタイリッシュなデザインになっている新型フィット4(Fit4)のサイドミラーですが、少し気になったのは、運転席からの視認性です。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの運転席からサイドミラーを確認すると、このような見え方になっています。

■新型フィット4のサイドミラー

このクルマを試乗した際、ディーラーさんは、「今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、鏡面のサイズは変えずに空力性能をアップしました。」と、仰っていました。

ただ、実際にこの新型モデルのサイドミラーを確認してみたところ、先代モデルよりもミラーがカバーしている範囲は少なくなったような感じが…。

ちなみに、こちらは、先代モデルにあたるフィット3(FIT3)のサイドミラーの見え方です。

■フィット3のサイドミラーの視認性

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)と先代モデルのサイドミラーを比較すると、カバーしている範囲の横幅に若干の違いが…。

また、この新型モデルのサイドミラーは、上辺よりも下辺の方が短、”逆台形”のようなデザインになっているのも気になるところでした。

サイドミラーの視認性の悪さをサポートするアイテムを用意

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、サイドミラーのサイズが小さく、確認できる範囲が狭くなっていました。

また、この新型モデルでは、日産の”ノートe-POWER”に用意されているようなクルマのサイドの視認性をサポートするサイドビューカメラの用意はありません。

■ノートe-POWERのサイドビューカメラ

ただ、この新型モデルでは、ディーラーオプションで、高速道路での斜め後方の視界をサポートする”リアカメラ de あんしんプラス2″を用意しています。

■新型フィット4のリアカメラ de あんしんプラス2

また、前方の視界をサポートする”フロントカメラシステム”も用意しています。

■新型フィット4のフロントカメラシステム

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、サイドミラーの視認性はお世辞にも良いとは言えませんが、このようなアイテムを装着することによって、だいぶカバーできるのかなと思いました。

まとめ:サイドミラーのカバーしている範囲に要注意

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のサイドミラーはのデザイン&視認性は、このようになっていました。

この新型モデルのサイドミラーは、確認できる範囲が若干狭い感じが…。

特に横幅の狭さが運転をしていて、少し気になりました。

もしこれからこの新型モデルを試乗する際は、この新型モデルのサイドミラーの視認性・カバーしている範囲をご自身の目で確認をしてみてくださいね。

ここを読めばすべてが分かる! 新型フィット4の記事一覧
スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする