先代より使いやすくなった!新型フィット4のヘッドライトを徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)と先代モデルで大きく変わったアイテムの一つが、ヘッドライトです。

先代モデルでは、シャープさを強調した切れ長デザインのヘッドライトを採用していましたが、今回デビューを果たした新型モデルでは、クリクリっとした丸目デザインに…。

また、ヘッドライトの操作性も変わって、安全性&使い勝手も良くなっていました。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に用意されているヘッドライトは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、使い勝手&操作性は、どこが変わったのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした新型モデルのヘッドライトのデザインや操作性、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のヘッドライト【デザイン&点灯時の様子をチェック】

ホンダの人気コンパクトカー”新型フィット4(Fit4)”のヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4のヘッドライト

ちなみに、こちらは先代モデルにあたるフィット(3)のヘッドライトです。

■先代モデル”フィット3″のヘッドライト

切れ長のヘッドライトを採用していた先代モデルは、スポーティーさを強調した”キツネ”っぽいデザインになっていました。

一方、丸目デザインのヘッドライトを採用した新型モデルは、”柴犬”っぽい愛嬌のある見た目になっていました。

また、この新型モデルのヘッドライトにはライン状に輝くデイライトが備わっており、チカラ強さを感じる”ぱっちり目”になっていました。

オシャレなLEDヘッドライトを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、ガソリン車の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”を除いた全グレードで、LEDヘッドライトを標準装備。

なので、一番人気のホーム(HOME)を含めて、ほとんどのグレードでスタイリッシュなLEDヘッドライトを採用。

このLEDヘッドライトの装着率の高さも、新しいデザインに生まれ買ったこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

日中でも安心して運転できるデイライトを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のヘッドライトの注目ポイントの一つは、日中の安全性を高める”デイライト(デイタイムランニングライト)”を標準装備していることです。

そんな新型モデルのデイライトを点灯してみると、このような感じに…。

■デイライトを点灯時の様子

ヘッドライトの形に沿ってライン状に点灯するデイライトのおかげで、デイライト点灯時は、目元のくっきりさが増したような感じがしました。

ヘッドライトを点灯すると、目ヂカラがアップ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のヘッドライトを点灯すると、どのようになるのでしょうか?

実際にヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■ヘッドライトを点灯した時の様子

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、ハイビーム/ロービームを一つの光源でまかなうデザインを採用。

そのおかげもあり、この新型モデルのヘッドライトはスッキリとした印象が…。

また、この丸っこいLEDのバルブが輝くデザインも、キュートな見た目が特徴のこの新型モデルらしくて良いなと思いました。

見た目のわりにインパクトがある新型フィット4のウィンカー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のヘッドライトで印象的だったのが、ウィンカーのデザインです。

■新型フィット4のウィンカー

この新型モデルのウィンカーは、思ったよりもサイズが小さい感じが…。

ただ、このクルマではウィンカーにもLEDを採用しているため、予想以上に明るく輝きます。

また、画像ではちょっとわかりにくいのですが、この新型モデルのウィンカーは、ユニット内で反射して、ライト全体がオレンジっぽく輝くデザインになっているのもオシャレでよかったです。

新型フィット4のヘッドライトは使い勝手も良くなった【先代との違いとは?】

このようにスタイリッシュなデザインに生まれ変わった新型フィット4(Fit4)のLEDヘッドライトですが、先代モデルと比較して、使い勝手も良くなっていました。

この新型モデルのヘッドライトは、先代モデルと比較して、どこが良くなっていたのでしょうか?また、どのような特徴を備えていたのでしょうか?

この新型モデルのヘッドライトの操作性&使い勝手の特徴や魅力を確認していくことにしましょう。

“AUTO点灯”が標準仕様

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)が先代モデルと大きく変わったことの一つが、ヘッドライトの設定です。

ハンドルの右側に備わっているレバーでライトのON/OFFやウィンカーの点灯を操作できるようになっているのは従来通りなのですが、この新型モデルのライトスイッチは、”AUTO”がデフォルト(標準仕様)になっています。

ちなみに、ライトスイッチを”AUTO”にしていると、デイライトも自動的に点灯します。

つまりこの新型モデルでは、昼夜問わずヘッドライトが点灯するのがデフォルト仕様に…。

クルマに乗るたびにハンドルの右側にあるレバーを操作して、ライトの設定を変更する必要がなくなったのは、とても便利で良いと思いました。

自動的に消灯するヘッドライトオートオフ機能を搭載

また、この新型モデルでは、電源のオフに連動をしてライトが自動的に消灯をす”ヘッドライトオートオフ機能”が備わっています。

なので、この新型モデルでは、バッテリーが上がる原因となるヘッドライトの消し忘れの心配もありません。

ヘッドライトを点灯&消灯する手間から解放されたのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の良いところの一つなのかなと思いました。

オートハイビームを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、フロントガラスに備わっている”フロントワイドビューカメラ”で対向車や前方を走ってくる車のライト、街灯などを検知。

そして、周囲の状況に応じて、自動的にハイビームとロービームに切り替えてくれる”オートハイビーム”を標準装備。

ハンドルの動きに連動してヘッドライトの照射の向きを変えてくれる”ステアリング連動機能”が備わっていないのは少々残念でしたが、ハイビームとロービームを切り替える手間から解放されたのも良いと思いました。

まとめ:安全性も使い勝手も高まった新型フィット4のヘッドライト

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のヘッドライトは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルでは、ライン状に輝くデイライトが印象的な丸目デザインのヘッドライトを採用しており、キュートな見た目を演出。

また、この新型モデルのヘッドライトでは、次のような機能を搭載。

・AUTOデフォルト仕様
・ヘッドライトオートオフ機能
・オートハイビーム機能

ヘッドライトの操作から解放されたこの新型モデルは、夜間でも安心&安全に運転をすることができる魅力的なクルマに仕上がっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする