新型フィット4リュクスはおすすめ!?【魅力とデメリットを徹底解剖】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で最上位モデルに位置をしているのが、豪華な外装&内装が魅力のリュクス(LUXE)です。

欠点&デメリットも…。

新型フィット4(Fit4)の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”は、どのような魅力があるのでしょうか?また、購入する前に注意をしないといけない欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

ゆとりと豪華さを演出したラグジュアリーモデル”リュクス(LUXE)”の魅力&デメリットを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 リュクスの魅力&メリットとは?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のリュクス(LUXE)は、最上位モデルならではの魅力が盛り沢山です。

そんなリュクス(LUXE)の魅力&メリットを、余すところなく紹介していきたいと思います。

高級感あふれる外装・エクステリア【リュクスの魅力1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”の魅力の一つは、高級感あふれる外装・エクステリアです。

■リュクスの外装&エクステリア

このリュクス(LUXE)の外装・エクステリアは、中間モデルの”ホーム(HOME)”と基本的には同じデザインになっているのですが、フロントグリルをピアノブラック調の塗装をほどこすなど、上質感を演出したデザインに…。

■リュクスのフロントグリル

また、フロントグリルやサイド、リヤには、ワンランク上の高級感を演出するプラチナ調のクロームメッキを採用。

■リュクスのプラチナ調のクロームメッキ

そのおかげもあり、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”の外装・エクステリアは、他のグレードよりも高級感&上質感のある見た目になっていました。

クラスを超えた豪華な内装【リュクスの魅力2】

また、「これって、コンパクトカーの内装!?」と疑いたくなってしまうくらい豪華な内装・インテリアも、新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の魅力&メリットの一つです。

■リュクスの内装・インテリア

例えば、ハンドルやシフトレバー。

クロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)やネス(NESS)では、シンプルなウレタン製のハンドル&シフトレバーでしたが、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、本革巻きのハンドル&シフトレバーを標準装備。

また、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、助手席側のダッシュボードやセンターコンソールサイド、ドア内側パネルに上質感を演出するソフトパッドを採用。

この高級感のある内装・インテリアのおかげで、リュクス(LUXE)に乗り込むと、ちょっと優雅な気分に…。

ワンランク上のクルマに乗っているような内装・インテリアの高級感&上質感は、新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の魅力&メリットの一つのように感じました。

ちなみに、下記の記事では、リュクスの内装・インテリアを写真盛り沢山で紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

機能や装備の充実ぶり【リュクスの魅力3】

また、他のグレードでは用意されていない機能や装備を用意しているのも、新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の魅力の一つです。

その一つが、シートヒーターです。

真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターですが、新型フィット4(Fit4)では、最上位モデル”リュクス(LUXE)”のみの専用アイテムとなっています。

しかも、このリュクス(LUXE)に用意されているシートヒーターは3段階から調節できるようになっており、細かく温度調節ができるようになっていたのも好印象でした。

また、メーカーオプションになってしまうのですが、ハンドルのグリップ部分をじんわりと温めてくれる”ステアリングヒーター”も、”リュクス(LUXE)”のみの専用アイテムです。

■リュクスのステアリングヒーター スイッチ

私もこのクルマを試乗した際にステアリングヒーターとシートヒーターを使ってみたのですが、「エアコンを使う必要はないかも…。」と思うくらい、体の芯からポカポカとしてきます。

このように他のグレードには用意されていない機能や装備が用意されているのも、最上位モデル”リュクス(LUXE)”ならではの魅力&メリットのなのかなと思いました。

座り心地の良いシート【リュクスの魅力4】

またシートも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のリュクス(LUXE)の魅力の一つです。

■リュクスのシート

シートサイドに本革を採用しており見た目の高級感も十分なリュクスのシートですが、座り心地が抜群に良い!

シートの表皮の縫い合わせが、体のラインにフィットするようになっており、他のグレードのものよりもシートに優しく包み込まれている感じが…。

また、このリュクス(LUXE)は、ヘッドレストのデザインにもこだわっており、他のグレードよりもサポート力がしっかりとしているのも好印象でした。

新型フィット4 リュクスの欠点&デメリットとは?

このようにワンランク上の上質感を味わえる新型フィット4(Fit4)のリュクス(LUXE)ですが、どのような欠点&デメリットがあるのでしょうか?

正直に言って、最上位モデルのリュクス(LUXE)には、大きな欠点&デメリットはありません。

ただ、細かいことで、ちょっと気になることはありました。

選べるカラーバリエーションが少ない【リュクスの欠点1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の欠点&デメリットの一つが、選べるボディカラーの少なさです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、モノトーン/2トーンカラーあわせて25色ものカラーバリエーションを用意しています。

しかし、リュクス(LUXE)で選べるのは、25色の中で9色のみとなっており、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”と並んで一番少ない数となっています。

しかも、2トーンカラーはラインナップに含まれておらず、リュクス(LUXE)選べるカラーはモノトーンのみです。

ちょっとコレは、残念ですよね。

ボディカラー選びは、クルマ購入の醍醐味の一つと言うことを考えると、もう少しカラーバリエーションを増やしても良かったのかなと思いました。

ちなみに、このリュクス(LUXE)に用意されているカラーバリエーションは、こちらの記事で確認することができますよ。

車体本体価格の高さ【リュクスの欠点2】

また、車体本体価格の高さも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の欠点&デメリットの一つです。

■リュクスの車体本体価格の高さ

2WD 4WD
ガソリン車 \1,977,800 \2,186,800
ハイブリッド車 \2,327,600 \2,536,600

リュクスのハイブリッド車のFF車の車体本体価格は232万7600円となっており、ベースとなっているホーム(HOME)よりも約26万円ほど高くなっています。

また、一番価格の高いハイブリッド車の4WDの車体本体価格に税金やオプション代などを加ええると、よゆうで300万円を超えてしまいます。

新型フィット4(Fit4)のリュクス(LUXE)は見た目も豪華ですし、機能や装備も充実していますが。コンパクトカーで300万円オーバーと言うは、ちょっと考えちゃいますよね。

ちなみに、リュクス(LUXE)の販売比率は、ハイブリッド車/ガソリン車あわせて約15%前後となっています。

思ったよりも少ないと思いませんか?

この販売比率の低さは、中間モデルのホーム(HOME)の出来の良さもありますが、リュクス(LUXE)の車体本体価格の高さも、大きく影響を与えているのかなと思いました。

まとめ:リュクスは見た目の豪華さや快適性にこだわる方にオススメ!

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の魅力と欠点を確認してみたところ、このようになっていました。

リュクス(LUXE)の車体本体価格&乗り出し価格の高さは気になるものの、外装や内装の豪華さや機能の充実ぶりは、かなり魅力的です。

見た目のデザイン性や快適さにこだわるのなら、最上位モデルのリュクス(LUXE)を購入しておけば、間違いなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする