こんなに違う!新型フィット4のホームとネスの外装の5つの違いとは?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の外装・エクステリアは、とても似ています。

ただ、この2台のモデルは、細かいパーツやボディカラーのバリエーションなどに違いが…。

そんな新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”とアクティブ仕様”ネス(NESS)”の外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの外装・エクステリアには、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、人気が高い”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の外装・エクステリアを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のホームとネスの外装をチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”とワンランク上のグレードに位置をする”ネス(NESS)”の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

オーソドックスなデザインのホーム

中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ホームの外装・エクステリア

中間モデルに位置をするホーム(HOME)ですが、LEDのヘッドライトなど基本的な機能・アイテムは、備わっています。

ただ、足回りはアルミホイールではなく、フルホイールキャップ付きのスチールホイールになるなど、見た目のスタイリッシュさや上質さは、上位モデルにあたる”ネス(NESS)”よりも少し見劣りをするのかなと思いました。

ワンランク上の機能や装備を備えるネス

一方、こちらは上位モデルに位置をする新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)の外装・エクステリアのデザインです。

■ネスの外装・エクステリア

“フィットネス(Fitness)”から名付けられた上位モデルの”ネス(NESS)”は、ライムグリーンをアクセントカラーに使用した”アクセント2トーンカラー”を用意するなど、アクティブさを強調したデザインに…。

また、上位モデルに位置をするネス(NESS)では、アルミホイールを装着するなど、中間モデルのホーム(HOME)よりもスタイリッシュな見た目になってるのも好印象でした。

ココが違う!新型フィット4のホームとネスの外装パーツを徹底比較

足まわりのデザインなどに差がある新型フィット4(Fit4)の中間モデルの”ホーム(HOME)”と上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”ですが、この2台のモデルを見比べてみると、それ以外にも様々な差が…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルの”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

ボディカラーのバリエーション【ホームとネスの違い1】

新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の大きな違いの一つが、用意されているボディカラーの数と種類の違いです。

ホームはモノトーン/2トーンカラーそれぞれ9色、合計18色のボディカラーをラインナップ。

一方、上位モデルに位置をするネス(NESS)のボディカラーのバリエーションは、ホームよりも2色少ない16色(モノトーン9色、2トーンカラー7色)となっていまいます。

また、下記の記事に詳しくまとめてありますが、中間モデルの”ホーム(HOME)”のみシルバールーフの2トーンカラーを用意するなど、この2台のモデルでは、選べるボディカラーにも違いがあります。

なので、「このカラーが欲しいけど、中間モデルの”ホーム(HOME)”には無かった…」なんてことも…。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、グレードによって、選べるボディカラーに違いがあるので、ご注意くださいね。

アクセント2トーンカラー【ホームとネスの違い2】

また、アクセント2トーンカラーの存在も、新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”と上位モデル”ネス(NESS)”の大きな違いの一つです。

この新型モデルでは、ライムグリーンをピラーやガーニッシュにあしらった特別仕様の”アクセント2トーンカラー”を用意しているのですが、この2トーンカラーを選べるのは、上位モデルのネス(NESS)のみとなっています。

■ネスのみ選べるアクセント2トーンカラー

中間モデルの”ホーム(HOME)”では、アクセント2トーンカラーを選ぶことができないので、ご注意くださいね。

アンテナ【ホームとネスの違い3】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”と上位モデル”ネス(NESS)”の意外な違いな一つは、アンテナです。

中間モデルの”ホーム(HOME)”は、オーソドックスなポール状のアンテナが標準装備されていたのに対し、上位モデルの”ネス(NESS)”では、オシャレなシャークフィンアンテナを標準装備。

■ネスのシャークフィンアンテナ

ポール状のアンテナが標準装備されている中間モデルのホーム(HOME)ですが、メーカーオプションの”ナビ装着用スペシャルパッケージ”を装着すると、ネス(NESS)と同じシャークフィンアンテナになりますよ。

フォグランプ【ホームとネスの違い4】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”と上位モデル”ネス(NESS)”の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、フロントフォグランプです。

上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”のみ、フロントマスクに高級感を与えるフロントフォグランプが標準装備されています。

■ネスのフロントマスク

一方、中間モデルの”ホーム(HOME)”は、LEDのフロントフォグランプが標準装備されていません。

■ホームのフロントマスク

なので、見た目の高級感や存在感は、上位モデルの”ネス(NESS)”の方がワンランク上なのかなと思いました。

タイヤ&ホイール【ホームとネスの違い5】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)で大きく異なるのが、タイヤ&ホイールのデザインです。

先ほども簡単に触れましたが、中間モデルのホーム(HOME)は、シルバー塗装を施したホイールキャップが付いた15インチサイズのスチールホイールを標準装備。

■ホームのタイヤ&ホイール

なので、ホームのサイドスタイルは、スッキリとしたシンプルなデザインに…。

一方、上位モデルに位置をするネス(NESS)は、専用デザインのアルミホイールを標準装備。

■ネスのタイヤ&ホイール

また、ネス(NESS)のタイヤ&ホイールは、ホーム(HOME)よりもひと回り大きい16インチサイズを採用。

上位モデルらしいスタイリッシュで迫力のあるサイドスタイルになっていたのが、印象的でした。

ちなみに、ネス(NESS)に採用されている16インチサイズのアルミホイールは、オプションとして用意されており、中間モデルの”ホーム(HOME)”に装着することも可能です。

もしホーム(HOME)のサイドスタイルに物足りなさを感じたら、迫力のある足回りを演出する16インチサイズのアルミホイールの装着を検討しても良いかもしれませんね。

まとめ:細かい部分の高級感に違いがあるホームとネスの外装

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”と上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”の外装・エクステリアを比較したところ、このような違いがありました。

パッと見た感じでは似ている部分もあるこの2台のモデルですが、タイヤ&ホイールのデザインヤLEDフォグランプなど、細かい部分に違いが…。

内装・インテリアは、中間モデルの”ホーム(HOME)”の方が高級感のあるデザインになっていましたが、外装・エクステリアに関しては、上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”の方が優れているのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする