柴犬顔に生まれ変わった新型フィット4の外装【特徴や魅力を大量画像で徹底解説】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の注目ポイントの一つは、外装・エクステリアです。

先代モデルは、切れ長デザインのヘッドライトが印象的なスポーティーなデザインになっていました。

しかし、新しいデザインに生まれ変わった新型モデルは”柴犬”っぽさがあり、どこか憎めない愛嬌のある顔つきになっていました。

大きく方向転換を遂げた新型フィット4(Fit4)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴や魅力を備えていたのでしょうか?

親しみやすいデザインに生まれ変わった4代目モデルの外装・エクステリアを、実車画像を使って、徹底解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4って、どんなクルマ?【外装の特徴や魅力をチェック】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の外装
グレード:ホーム(HOME)

先代モデルでは、フロントグリルとヘッドライトが一続きになったような”ソリッド・ウイングフェイス”を採用しており、精悍でたくましい表情が印象的でした。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした4代目モデルは、クリクリっとした大きなヘッドライトが印象的な親しみやすいデザインになっていました。

グレードによって見た目のデザインが異なる

そんな新型フィット4(Fit4)は5つのグレードを用意していますが、グレードによって、見た目のデザインが異なります。

■リュクスの外装

■クロスターの外装

■ネスの外装

■ホームの外装

■ベーシックの外装

専用デザインになっているクロスター

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(FIT4)の注目グレードは、SUVっぽいデザインが魅力のクロスター(CROSSTAR)です。

クロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”は、他のグレードとはフロントマスクのデザインが異なる専用デザインになっています。

■ネスのフロントマスク

■クロスターのフロントマスク

そのおかげもあり、クロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)は、他のグレードとは一味異なる迫力のある見た目になっていました。

グレードによってボディサイズも異なる

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、グレードによって、ボディサイズも異なります。

ホームなどクロスター以外のグレードのボディサイズ

ホームやリュクスなどクロスオーバーSUV仕様の”クロスター”以外の4つのグレードでは、先代モデルと同様に5ナンバーサイズに収まるボディサイズとなっています。

■クロスター以外の4つのグレードのボディサイズ

全長 3,945mm
全幅 1,695mm
全高 1,545mm

※数値はFF車のものです。
※ベーシックとホームの全高は、ナビ装着スペシャルパケージを装着時の値です。

クロスターのボディサイズ

一方、専用デザインのフロントグリルを備えるクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”は、5つのグレードの中で唯一3ナンバーサイズの大きさに…。

■クロスターのボディサイズ

全長 3,945mm
全幅 1,725mm
全高 1,545mm

また、新型フィット4(Fit4)のクロスター(CROSSTAR)とそれ以外のグレードでは、最低地上高(=地上からクルマの一番低い場所までの高さ)も違います。

なので、乗り降りのしやすさや運転のしやすさにも影響が…。

もしクロスター(CROSSTRA)の購入を検討している方は、乗降性や運転席からの視界・見晴らしなども、しっかりと確認をしてみてくださいね。

新型フィット4の外装の各パーツ【前後左右から徹底解剖】

キュートな見た目に生まれ変わったホンダの新型フィット4(Fit4)ですが、どのような特徴や魅力を備えているのでしょうか?また、ヘッドライトやタイヤ&ホイールなどの各パーツのデザインは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

この新型モデルの外装・エクステリアをもっと詳しく見ていくことにしましょう。

可愛さを前面に押し出したフロントマスク

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4のフロントマスク
グレード:リュクス(LUXE)

この新型モデルのフロントマスクは、”柴犬”っぽい愛嬌のあるデザインに…。

スッキリとした柔らかいイメージのフロントマスクになっているため、迫力やスポーティーさはありません。

ただ、街中にも自然に馴染む柔らかいデザインになっていました。

目ヂカラの強さを強調したヘッドライト

丸目デザインに生まれ変わった新型フィット4(Fit4)のヘッドライトですが、ガソリン車の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”以外のグレードでは、LEDヘッドライトを標準装備。

■LEDヘッドライト

この新型モデルでは、ライン状に点灯する”デイライト(ポジションランプ)”を備えており、チカラ強さを感じるデザインに…。

また、先代モデルよりもヘッドライトの機能性&操作性が良くなっており、より快適&安全に運転できるクルマになっていたのも好印象でした。

フォグランプはグレード別設定

一方、安全性だけではなく、見た目の印象にも影響を与えるフロントフォグランプは、グレード別設定に…。

■フロントフォグランプが標準装備のグレード

・リュクス(LUXE)
・ネス(NESS)

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、ディーラーオプションでフォグランプを用意しています。

なので、フロントフォグランプが備わっていないグレードでも、フォグランプを装着する事が可能ですよ。

スッキリとしたサイドスタイル

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4のサイドスタイル
グレード:リュクス(LUXE)

この新型モデルは、サイドスタイルもスッキリとしたデザインに…。

ただ、この新型モデルは、グレードによって加飾パーツのカラーやデザインに違いがあるため、異なる雰囲気のサイドスタイルになっていました。

タイヤはグレード別に設定

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、4種類のタイヤ&ホイールを用意しており、グレードによって異なるデザインに…。

また、グレードによって、タイヤサイズにも違いが…。

このグレードによって異なるデザイン&サイズになっているタイヤ&ホイールも要注目ですよ。

スタイリッシュな後ろ姿

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の後ろ姿
グレード:リュクス(LUXE)

この新型モデルでは、シャープな後ろ姿を演出するルーフスポイラーなどの用意もなく、シンプル&モダンな後ろ姿になっていました。

高級感のあるリアコンビネーションランプ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のリアコンビネーションランプは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4のリアコンビネーションランプ

ライン状に輝くデザインがオシャレですよね。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの後ろ姿は、ヨーロッパのクルマのようなシンプルながらもセンスの良さを感じるデザインになっていました。

まとめ:新型フィット4は長年乗っても飽きの来ないシンプルモダンなデザイン

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルは、シンプル&スマートなデザインに…。

派手さやスポーティーさはありませんが、長年乗っても飽きがこないオシャレなデザインになっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、グレードによって、見た目の印象や雰囲気が異なるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする