新型フィット4のホームの内装色を比べてみた【ソフトグレーorブラック】

2020年2月にデビューを果たした新型フィット4(Fit4)の人気モデル”ホーム(HOME)”は、ソフトグレーとブラックの2種類の内装色を用意しています。

先日、この新型モデルのホーム(HOME)を見に行ってきたのですが、内装色によって車内の雰囲気に大きな違いが…。

ホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)のホーム(HOME)に用意されている2種類の内装色”ソフトグレー”と”ブラック”は、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような違いがあるのでしょうか?

実車画像を使って、ホーム(HOME)に用意されている2種類の内装色を徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のホームのブラックの内装色をチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の人気モデル”ホーム(HOME)”に用意されているブラックの内装色は、このようなデザインになっています。

■ホームのブラックの内装色

思ったよりも重さを感じないブラックの内装色

ブラックの内装色では、ハンドルやドア内側パネル、ダッシュボードのソフトパッドなどのパーツがオーソドックスなブラックカラーに…。

■ブラックの内装色のハンドル

■ブラックの内装色のソフトパット

■ブラックの内装色のドア内側パネル

ただ、ホームのブラックの内装色では、シフトレバーのパネルやドリンクホルダーなどにホワイトのパネルを採用。

■ブラックの内装色のシフトレバー

■ブラックの内装色のドリンクホルダー

ブラックの内装色では車内全体が暗く、閉鎖的な雰囲気になりがちなのが欠点&デメリットです。

ただ、シフトレバーやドリンクホルダーにホワイトのアクセントカラーをあしらったこの新型モデルのブラックの内装色は、思ったよりも重さや暗さを感じないデザインに…。

落ち着いた雰囲気がありながら圧迫感が出すぎていないのは、この新型フィット4(Fit4)の人気モデル”ホーム(HOME)”のブラックの内装色の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

思ったよりもカジュアルなホームのシート

また、2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のホームのブラックの内装色を選んだときのシートは、このようなデザインになっています。

■ブラックのシート

プライムスムースがあしらわれているシートサイドは、オーソドックスなブラックカラーになっています。

■ブラックの内装色のシートサイド

ただ、ファブリック素材を採用しているメイン部分は、ブラックというよりもダークグレーに近いカラーに…。

■ブラックの内装色のシートのメイン部分

そのおかげもあり、重厚感があふれる最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のブラックシートとは一味違うカジュアルな雰囲気が漂うシートに仕上がっていました。

新型フィット4のソフトグレーの内装色をチェック

一方、新型フィット4(Fit4)のホーム(HOME)に用意されているもう一つのカラー”ソフトグレー”の内装色は、このようなデザインになっていました。

■ソフトグレーの内装色

華やかで明るいソフトグレーの内装・インテリア

ブラックの内装色では、ハンドルやダッシュボードがオーソドックスな黒でしたが、ソフトグレーでは、ハンドルやダッシュボードのソフトパッド、センターコンソールのサイド部分がホワイトっぽいカラーに…。

■ソフトグレーのハンドル

■ソフトグレーのダッシュボード

また、ドア内側パネルのトリム部分もホワイトに近いソフトグレーカラーになっています。

■ソフトグレーのドア内側パネル

ダッシュボードなどに採用されているソフトパッドはソフトグレーと言うよりもホワイトに近いカラーなので、汚れが目立ちそうなのが気になるところです。

ただ、ソフトグレーの内装色は、ブラックよりもオシャレな車内空間になっている感じがしました。

また、ブラックの内装色よりも車内がひと回り広く感じるのも、ソフトグレーの内装色の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シンプルモダンを強調したソフトグレーのシート

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の人気モデル”ホーム(HOME)”のソフトグレーを選んだ時のシートは、このようなデザインになっていました。

■ソフトグレーのシート

ファブリック素材を採用しているシートのメイン部分は、明るめのライトグレーカラーになっています。

■ソフトグレーのシートのメイン部分

そして、プライムスムースを採用しているシートサイドは、メイン部分よりも一段明るいホワイトに近いカラーを採用。

■ソフトグレーのシートサイド

そのおかでもあり、このソフトグレーをしたホーム(HOME)は、エレガンスとカジュアルさがミックスをしたオシャレな内装・インテリアとなっていました。

また、このホーム(HOME)では、シートのメイン部分に耐久性に優れているファブリック素材を使用しているため、長年使っても、傷や汚れが気にならないのも魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:車内の雰囲気が大きく異なるホームの内装色

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の人気モデル”ホーム(HOME)”に用意されている2種類の内装色”ブラックと”ソフトグレー”を確認したところ、このようなデザインになっていました。

ホーム(HOME)の内装・インテリアは、ブラック/ソフトグレーどちらもカジュアルで親しみやすいデザインになっていました。

ただ、ブラックとソフトグレーの内装色では、それぞれ違った魅力が…。

重さを感じない親しみやすいブラックも良かったですが、個人的には、解放感があり、心地よく過ごせそうなソフトグレーの内装色の方が、新しいデザインに生まれ変わった新型フィット4(Fit4)らしくて良いなと感じました。

ちなみに、私がいつもお世話になっているディーラーさんでは、やはりオーソドックスなブラックの内装色の方が売れ行きが良いようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする