使い勝手は良好!新型フィット4の荷室の魅力をまとめてみた

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)は、車内の居住空間が広いだけではなく、荷室空間も広くなっています。

また、フロアの位置も低く、荷物の積み下ろしがしやすい荷室・ラゲッジスペースになっています。

ただ、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、ハイブリッド車とガソリン車で荷室のサイズや使い勝手に違いが…。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジルームは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、使い勝手&広さは、どのようになっていたのでしょうか?

ホンダからデビューを果たしたホンダの人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)の荷室・ラゲッジスペースの魅力や特徴を、どこよりも分かりやすく紹介したいと思います

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4の荷室開口部の広さ【新型フィット4の荷室の魅力1】

ホンダからデビューを果たした人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)の荷室開口部は、このような開口部は、このような形になっています。

■新型フィット4の荷室開口部

先代モデルよりも広くなった荷室開口部

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の荷室開口部は、先代モデルと同様にワイド感のある楕円形のような形をしています。

■新型フィット4の荷室開口部

■先代モデルの荷室開口部

ただ、この新型モデルの荷室開口部の中央部分は先代モデルよりも10mm広くなるなど、大きい荷物も積み込みがしやすいデザインになっていました。

荷室フロアが低くい

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)の荷室開口部の掃き出し口(=下端の高さ)は約615mmとなっており、コンパクトカーの中でも低めに…。

■新型フィット4の荷室開口部の下端の高さ

なので、ベビーカーやスーツケース、ゴルフバッグなどの重たい荷物もラクラク積み込むことができちゃいます。

荷室開口部が広いだけではなく、この荷物の積み込みのしやすさも、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの荷室の魅力の一つなのかなと思いまいした。

テールゲートの開け閉めもしやすい

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、テールゲートの開け閉めもしやすくなっています。

■新型フィット4のテールゲート

この新型モデルでは、電動でテールゲートが開閉をする”パワーバックドア機能”は付いておらず、手動で開け閉めをするタイプになっています。

ただ、この新型モデルのテールゲートに備わっているグリップの高さは約185.5cmとなっており、小柄な女性でもラクラク手が届く高さに…。

また、テールゲート自体も軽く、チカラを入れることなく、手軽に開け閉めできるのも、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの良いところなのかなと思いました。

荷室アレンジの豊富さ【新型フィット4の荷室の魅力2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つは、荷室アレンジの豊富さです。

この新型モデルでは、様々な荷室アレンジ(シートアレンジ)を用意しており、荷物の大きさや量によって、自由自在に変えることができます。

■通常モード

■ユーティリティモード

■ロングモード

■トールモード

後部座席の座面を跳ね上げて、高い荷物を積み込めむことができる”トールモード”など、競合車・ライバル車には用意されていない荷室アレンジがあるのは、嬉しいですよね。

このように荷物の大きさや使い勝手によって、荷室のアレンジを自由自在に変更することができるのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、下記の記事では、この新型モデルの荷室アレンジの詳細や使い勝手を詳しく紹介をしています。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのアレンジの様子や使い勝手をもっと詳しく確認したい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいいね。

荷室まわりの機能や装備も充実【新型フィット4の荷室の魅力3】

また、荷室まわりの機能や装備が充実しているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つです。

例えば、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの左右には、ショッピングバッグや凸バッグが倒れないように吊るしておける”コンビニフック”を用意しています。

■新型フィット4の荷室のコンビニフック

また、サイズはそれ程大きくありませんが、ハイブリッド車/ガソリン車どちらも荷室フロアの下に床下収納(サブトランク)を備えています。

■新型フィット4の床下収納(サブトランク)

このように新型フィット4(Fit4)の荷室・ラゲッジスペースはただ広いだけではなく、使い勝手が良くなるように様々な工夫が施されているのも好印象でした。

ハイブリッド車とガソリン車で荷室の使い勝手が異なる

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、ハイブリッド車とガソリン車で荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やサイズが異なります。

例えば、夜間に荷室・ラゲッジスペースを照らしてくれる”ラゲッジランプ”が備わっているのは、ハイブリッド車のみです。

■ハイブリッド車のラゲッジランプ

ガソリン車では、ラゲッジランプは全グレード用意されていません。

また、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジルームは、それ以外にも様々な違いが…。

このようにこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手は、ハイブリッド車とガソリン車で異なるので、荷物をたくさん荷室に積み込む方は、注意をしてくださいね。

コンパクトカーとは思えない積載量&サイズ【新型フィット4の荷室の魅力4】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最大の魅力と言えば、コンパクトカーとは思えない広々とした荷室空間です。

実はこの新型モデルの荷室容量は、先代モデルよりも若干ですが少なくなっています。

ただ、トヨタのヤリス(YARIS)やノートe-POWERなどの競合車・ライバル車と比較すると、まだまだこの新型モデルの方がひと回り大きくなっています。

また、新型フィット4(Fit4)と競合車・ライバル車では、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さにも大きな差が…。

■新型フィット4の後部座席を収納した時の荷室

■日産 ノートe-POWERの後部座席を収納した時の荷室

大人でも横になれそうな大きな荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:競合車の追随を許さない新型フィット4の荷室

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー”新型フィット4(Fit4)”の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

ガソリン車にラゲッジランプが備わっていないなど、細かいところでは少し気になるところもありますが、この新型モデルの広さや容量、アレンジの豊富さは申し分なし。

普段使いだけではなく、ドライブ旅行やアウトドアレジャーなど荷物をたくさん積み込まないといけないシーンでも大活躍する使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする