機能や装備も充実!新型フィット4ハイブリッドの内装の特徴や魅力を徹底レビュー

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)の注目ポイントの一つは、解放感あふれる内装・インテリアです。

先代モデルのハイブリッド車の内装・インテリアは、少しゴチャゴチャとした印象がありましたが、新しく生まれ変わったこの新型モデルのハイブリッド車は、スッキリとしたデザインに…。

また、機能や装備も充実していて、使い勝手も格段に良くなっていました。

今回デビューを果たした新型モデルのハイブリッド車の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような機能や装備を備えていたのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド仕様の内装・インテリアを実車画像を使って、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4ハイブリッドの運転席まわり&インパネをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売を果たした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の内装
グレード:リュクス(LUXE)

この新型モデルのハイブリッド車では、水平基調&薄型のダッシュボード&インパネを採用しており、乗るだけで気分が上がるような解放感あふれるデザインに…。

また、ハイブリッド車ならではの機能や装備もたくさん用意されており、コンパクトカーとは思えない居心地の良い空間になっていました。

そんなハイブリッド車に用意されている機能や装備を紹介したいと思います。

専用デザインのメーターを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では7インチサイズの液晶ディスプレイを配したデジタルメーターを採用しています。

■ハイブリッド車のメーター

ただ、ハイブリッド車では、マルチインフォメーションディスプレイに出力や回生の状況を表す”エネルギーフロー画面”を備えるなど、専用デザインになっていました。

スッキリとした2本スポークのハンドルを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の内装・インテリアで印象的だったのは、ハンドル&ステアリングホイールのデザインです。

■ハイブリッド車のハンドル

3本スポークのハンドルが一般的ですが、この新型モデルでは、ちょっと珍しい2本スポークのハンドルを全グレードに標準装備。

そのおかげもあり、運転席の目の前の空間がスッキリとしているような感じが…。

また、2本スポークなのでハンドル・ステアリングホイールが、メーターを見る際に邪魔にならないのも、メリットの一つなのかなと思いました。

新しいデザインに生まれ変わったシフトレバー

新しくデビューを果たした新型フィット4(Fit4)と先代モデルの内装・インテリアで大きく変わったアイテムの一つが、ハイブリッド車のシフトレバーです。

■ハイブリッド車のシフトレバー

先代モデルのハイブリッド車では、先進性のある電子式のシフトレバーを採用していましたが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、前後にスライドするオーソドックスなデザインに変更。

■先代モデルのシフトレバー

先進性やスタイリッシュさに関しては、電子式のシフトレバーを採用していた先代モデルの方が優れていますが、この新型モデルのシフトレバーには、先代モデルにはなかった【誰でも簡単に操作することができる安心感】がありました。

ただ、その一方で、この新型モデルのハイブリッド車のシフトレバーには、残念だったところも…。

この新型モデルの操作性の詳細や欠点&デメリットに関しては、こちらの記事に詳しくまとめてあります。もしよかったら、参考にしてみてくださいね。

フルオートエアコンを全グレードに標準装備

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、フルオートエアコンを全グレードに標準装備。

■ハイブリッド車のエアコン

最上位モデルの”リュクス(LUXE)”やクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”だけではなく、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”でもフルオートエアコンが標準装備されているのは、嬉しいですよね。

最廉価グレードでは、マニュアルエアコンを搭載しているクルマも多いので…。

最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”でも、機能や装備が充実しているのは、このハイブリッド車の魅力の一つなのかなと思いました。

急速充電対応のUSBポートを標準装備

今回フルモデルチェンジをした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の内装・インテリアを確認して、「おっ!これは良い!!」と、感動したアイテムが、USBポートです。

この新型モデルのハイブリッド車では、センターコンソールの後方に急速充電に対応したUSBポートが2つ、最廉価モデルの”ベーシック”以外の全グレード標準装備されています。

■ハイブリッド車のUSBポート

ドライブ中にスマホやiPhone、タブレット端末をササっと充電できちゃうのは、嬉しいですよね。

しかも、この新型モデルでは、USBポートが2つ用意されているので、ドライブ中にUSBポートの取り合いになる心配もありません。

ちなみに、新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、センターコンソールの後方にUSBポートが用意されていません。

このようにガソリン車では用意されていないアイテムや装備がしっかりと備わっているのも、ハイブリッド車の魅力の一つなのかなと思いました。

新型フィット4ハイブリッドのシートをチェック

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車のシートは、このようなデザインになっていました。

■新型フィット4ハイブリッドのシート

後部座席の中央にセンターアームレストを用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、後部座席の中央にセンターアームレストを全グレード標準装備。

■ハイブリッド車の後席用センターアームレスト

センターアームレストにドリンクホルダーが備わっていないのが少々残念でしたが、予想以上にしっかりとした作りに…。

また、このハイブリッド車に用意されているセンターアームレストは高さもちょうど良く、自然な姿勢でゆったりと座れるようになっていたのも良かったです。

スマホ用のシートバックポケットも用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、フロントシートの後方にスマホやiPhoneを収納しておくのに便利な”シートバックスマートフォンポケット”を標準装備。

■スマホ用のシートバックポケット

ドライブ中、スマートフォンやiPhoneの置き場って意外と困るんですよね。
ポケットに入れたまま座ると、ゴワゴワしますし…。

些細なことですが、後部座席に座る人が快適に過ごせるように工夫が施されているのも、この新型モデルの良いところなのかなと思いました。

まとめ:内装の機能や装備に大きな差があるハイブリッド車とガソリン車

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

急速充電に対応したUSBポートが備わるなど、ハイブリッド車の内装・インテリアには、ガソリン車にはない様々な魅力が…。

見た目のデザイン性に関しては大きな差がないハイブリッド車とガソリン車ですが、機能や装備の充実度や快適性は、ハイブリッド車の方がワンランク上だなと感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02