新型フィット4の内装は居心地が抜群!【特徴や魅力をサクッと紹介】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の魅力の一つは、センスの良さを感じるオシャレな内装・インテリアです。

また、この新型モデルは、シートの座り心地も良く、ワンランク上のクルマに乗っているような居心地の良さがありました。

そんな新型モデルの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの内装は、どんな特徴&魅力を備えていたのでしょうか?

居心地&使い勝手の良さにこだわった新型フィット4(Fit4)の内装・インテリアの魅力や特徴を分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

グレードによって雰囲気の異なる車内空間【新型フィット4の内装の魅力1】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の内装・インテリアの特徴の一つは、デザイン性です。

新しくデビューを果たしたこの新型モデルでは5つのグレードを用意しているのですが、内装の雰囲気は、グレードによって大きく異なります。

■ベーシックの内装

■ホームの内装

■ネスの内装

■クロスターの内装

■リュクスの内装

また、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、シートに本革を採用しているのに対し、クロスターでは、撥水加工を施したファブリック素材を採用するなど、内装やシートに使用している素材にも違いが…。

なので、自分の好きな内装・インテリアのデザインを基準にグレード選びをするのも、良いかもしれませんね。

ただ、この新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車で内装・インテリアに備わっている機能や装備に違いがあるので、ご注意ください。

解放感にこだわったダッシュボード【新型フィット4の内装の魅力2】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の内装・インテリアの注目ポイントの一つが、スッキリとした直線基調のダッシュボード&インパネです。

■新型フィット4のインパネ

メーターフードを廃止したこの新型モデルは、ダッシュボードの上段のラインが一直線になった水平基調に…。

運転席の目の前に広がるインパネの上面もフラットで、解放感あふれるスッキリとしたデザインになっていました

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の注目ポイントの一つが、フロントガラスを支えるAピラーです。

■新型フィット4のピラー

この新型モデルのAピラーは、約55mmと極細デザインに…。

また、この極限まで細いピラーは運転中の視界を遮らない位置に設置されており、映画館の大画面スクリーンを見ているような見晴らしになっていました。

この運転のしやすさと解放感にこだわったダッシュボード・インパネは、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

操作性が良くなった運転席まわりのアイテム【新型フィット4の内装の魅力3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)を試乗して驚いたことの一つが、運転席周りのアイテムの使い勝手が良くなっていたことです。

その一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハンドル・ステアリングホイールは、めったに見かけない2本スポークのデザインを採用。

■新型フィット4のハンドル

見た目がスッキリとしたこの新型モデルのハンドル・ステアリングホイールですが、2本スポークになったことにより、スイッチの数も必要最小限に…。

また、エアコン/ヒーターも使い勝手が良くなったと感じたアイテムの一つです。

■新型フィット4のエアコン操作パネル

先代モデルはタッチパネル方式を採用していたため、押し間違いなどがあり、運転中の操作がしにくかったんですよね。

しかし、フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、ダイヤル式になったことにより、使い勝手が良くなった感じが…。

■先代モデルのエアコン操作パネル

また、この新型モデルでは、ガソリン車の最廉価モデル”BASIC”を除いた全グレードにフルオートエアコンを標準装備しているのも好印象でした。

ちなみに、この新型モデルの運転席まわりのアイテム&装備の使い勝手に関しては、こちらの記事に詳しくまとめてあります。この新型モデルの操作性について詳しく確認をしたかったら、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

快適な運転をサポートする最新機能を搭載【新型フィット4の内装の魅力3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、快適な運転をサポートする最先端の機能や装備が充実しているのも、魅力の一つです。

この新型モデルに用意されている便利な機能&装備の一つが、ブレーキペダルから足を離しても停車状態をキープしてくれる”オートブレーキホールド”を全グレード標準装備。

■新型フィット4のオートブレーキホール

最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”を含めて、便利なオートブレーキホールドが全グレード標準装備ってのは、かなりスゴイですよね。

また、別途月額料金がかかってしまうのですが、この新型モデルでは、事故やあおり運転を受けた時に専用のオペレーターに助けを求めることができる”SOSコール”も用意。

■新型フィット4のSOSコールボタン

このように最新の機能や装備が充実しているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

収納スペース&小物入れも充実【新型フィット4の内装の魅力4】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の魅力の一つは、先代モデルよりも充実した収納スペース&小物入れです。

この新型モデルでは、運転席と助手席の間にトートバックやハンドバックを置くのにも便利な、インパクトのあるロングトレイを標準装備。

■新型フィット4のロングトレイ

また、この新型モデルでは、先代モデルに用意されていなかった助手席のダッシュボードの上段部分にも収納スペースを用意。

■新型フィット4に備わったインパネアッパーボックス

正直に言って、この新型モデルの収納スペース・小物入れは、ファミリカーとして人気が高いミニバンほど多くはありません。

ただ、コンパクトカーとして考えると、この新型モデルは、十分な収納スペース&小物入れを備えているように感じました。

ちなみに、この新型モデルに用意されているすべての収納スペース&小物入れを確認したいかたは、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

座り心地の良いシート【新型フィット4の内装の魅力5】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の車内に乗り込んで驚いたことの一つが、シートの座り心地の良さです。

■新型フィット4のシート

今回、この新型モデルでは、このクルマのために開発をした新設計のシートを採用しているのですが、先代モデルよりも座面のクッションが30mmも厚くなっているそうです。

この新型モデルに用意されている新シートは、クッションが柔らかい”ふかふか”とした座り心地ではなく、適度な硬さがある”もちっ”とした座り心地になっています。

ただ、このホンダのクルマらしい若干の硬めの座面のクッションが、お尻にかかる体重や体圧をしっかりと分散してくれます。

そのため、長時間ドライブでも快適に過ごせるシートになっているように感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のシートで注目なのが、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のシートです。

■リュクスのシート

この新型モデルは、グレードによってシートのデザインや素材が異なるのですが、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”は、他のグレードとは一味異なるワンランク上の座り心地になっていました。

後部座席の居心地【新型フィット4の内装の魅力6】

また、2020年2月にデビューを果たしたホンダの人気コンパクトカー”新型フィット4(Fit4)”の魅力の一つは、後部座席の居心地の良さ&快適性の高さです。

■新型フィット4の後部座席

この新型モデルは、先代モデルと同様に後部座席の足元空間(ニークリアランス)を広めに確保。

■新型フィット4の後部座席の足元空間

成人男性でも、ゆったり快適に過ごせる後部座席まわりになっていました。

また、新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、ロングトレイ(センターコンソール)の後方に急速充電対応のUSBポートを2つ用意。

■新型フィット4のUSBポート

充電中のスマホやiPhoneを収納するためのポケットなども用意しており、快適に過ごせるよう様々な工夫が施されているのが好印象でした。

まとめ:新型フィット4の内装は、デザインも居心地の良さもトップクラス

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■新型フィット4の内装の特徴

・解放感にこだわったスッキリとしたインパネ
・最新の機能や装備の充実
・座り心地の良いシート
・広々とした車内空間

この新型モデルは、見た目のデザインが良いだけではなく、機能や装備も充実しており、乗る人みんなが心地よく過ごせる車内空間になっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする