使いやすくなった!?新型フィット4ハイブリッドの荷室の魅力&欠点を徹底解剖

フルモデルチェンジを経て、全方位的に進化を遂げたホンダの新型フィット4(Fit4)ですが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手もしっかりと進化を遂げていました。

先日、ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースを確認してきたのですが、床下収納が広くなるなど、先代モデルよりも格段に使い勝手が良くなっていました。

ただその一方、この新型モデルのハイブリッド車のラゲッジには、ちょっと気になる欠点&デメリットもありましたが…。

そんな新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このハイブリッド車の荷室の魅力&欠点は、どこだったのでしょうか?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新しく生まれ変わった新型モデルのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの魅力&欠点を、どこよりも詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 ハイブリッドの荷室のデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4 ハイブリッドの荷室
グレード:クロスター

若干気になるところもありますが、コンパクトカーとしては十分すぎる程の広さを確保。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、先代モデルよりも開口部が広くなり、大きい荷物の積み下ろしがしやすくなっていたのも好印象でした。

ワンタッチで後部座席を収納することも可能

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、後部座席の左右に背もたれを収納するためのレバーを搭載しており、ワンタッチで後部座席を収納することができるようになっています。

■後部座席の背もたれ収納レバー

■後部座席の背もたれを収納時の様子

後部座席を収納した際、完全なフルフラットではなく、少し段差ができてしまうのが少々残念です。

ただ、荷室側から簡単に後部座席を収納することができる使い勝手の良さも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ラゲッジランプを全グレードに標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の荷室・ラゲッジランプを見て良いと思ったのが、ラゲッジランプが全グレードに標準装備されていたことです。

■新型フィット4 ハイブリッドのラゲッジランプ

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのガソリン車には、ラゲッジランプが用意されていないので、ご注意くださいね。

先代よりも広くなった床下収納

新しいデザインに生まれ変わった新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの注目ポイントの一つが、荷室フロアの下に備わっている床下収納(サブトランク)です。

この新型モデルのハイブリッド車では、荷室フロアの下に収納スペースを備えているのですが、先代モデルよりもひと回り広くなり、使い勝手が良くなったような感じが…。

■新型フィット4の床下収納

■先代モデルの床下収納

ハイブリッド車に荷室・ラゲッジスペースの下には、バッテリーなどの駆動システムが搭載されているため、床下収納の広さや使い勝手は、床下全体が収納スペースになっているガソリン車には遠く及びません。

ただ、先代モデルよりも少しでも床下収納を大きくしようと、工夫の跡が見られたのは、好印象でした。

新型フィット4 ハイブリッドの荷室の欠点&残念なところ

このようなデザインになっていた新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の荷室&ラゲッジスペースですが、実際に使用をしてみると、ちょっと残念に感じるところもありました。

この新型モデルのハイブリッド車の欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

実際にこの新型モデルのハイブリッド車を見て気になったところ、欠点を包み隠さずお話したいと思います。

荷室フロアの位置はガソリン車よりも高め

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットの一つが、フロア位置の高さです。

先ほども申し上げた通り、ハイブリッド車では、荷室の下にリチウムイオンバッテリーなどの駆動システムを搭載しています。

なので、ハイブリッド車の荷室フロアは、30mmほどガソリン車よりも高くなっています。また、それに伴い、荷室高もガソリン車よりも狭くなっています。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車は、ガソリン車よりも若干ですが、荷室が狭くなっているので、ご注意くださいね。

荷室の使い勝手

また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の気になったところの一つです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのハイブリッド車は、ギリギリまで荷室フロアの位置を低くしたためか、バッテリーなどが搭載されている荷室の前方部分が、このように少し高くなっているんですよね。

■ハイブリッド車の荷室

ちなみに、先代モデルのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースには、このようなフロアの盛り上がりはなく、フラットになっていました。

なので、段ボールやスーツケースなどちょっと大きい荷物を荷室に積み込んで、後部座席の背もたれ側によせようとすると、段差で引っかかってしまいます。

この荷物の積み込みを妨げる大きな段差も、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの気になるところの一つでした。

まとめ:広くて使い勝手の良い新型フィット4ハイブリッドの荷室

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の荷室・ラゲッジは、このようなデザインになっていました。

荷室高やフラットではない荷室フロアなど、気になる部分も多々ありましたが、ラゲッジランプが全グレードに標準装備されるなど、ハイブリッド車ならではのメリットや魅力も…。

この気になる部分を差し引いても、このハイブリッド車の荷室は、十分に使い勝手の良いデザインになっているように感じました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の荷室は、荷室の高さだけではなく、様々な違いがあります。

新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の違いに関しては、こちらの記事でまとめてあるので、興味がある方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする