シンプルで見やすくなった!新型フィット4ハイブリッドのメーターの実車画像レビュー

キュートな見た目が印象的な新型フィット4(Fit4)ですが、メーターも、このクルマのイメージにあったシンプルでスッキリとしたデザインに生まれ変わりました。

そのおかげもあり、ハイブリッド車専用の表示項目”エネルギーフロー(ハイブリッドシステム)”も、先代モデルよりも見やすくなったような感じが…。

そんな新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車のメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このハイブリッド車のメータは、どのような特徴を備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、新型モデルのハイブリッド車のメーターを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 ハイブリッド車のメーターをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4ハイブリッドのメーター

新型フィット4 ハイブリッド メーター

メーターに7インチサイズの液晶ディスプレイを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、メーターのメイン部分に7インチサイズの液晶ディスプレイを採用。

■ハイブリッド車のメーター

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのハイブリッド車は、スピードメーターをディスプレイの中央に大きく表示するなど、視認性&見やすさにこだわったシンプルなデザインに…。

スポーティーさや派手さに関しては、様々な加飾を施した3眼式のメーターを採用していた先代モデルよりも見劣りをします。

■先代モデルの3眼式メーター

ただ、この新型モデルのメーターは、誰でもパッと見て理解できる使い勝手の良いメーターになっているように感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、メーターフードの盛り上がりがない”バイザーレス仕様”となっており、スッキリとした前方視界を確保しているのも好印象でした。

■バイザーレス仕様の新型フィット4のダッシュボード

液晶ディスプレイの左右には残量計を表示

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車では、7インチサイズの液晶ディスプレイの左右に目盛りを縦に表示するタイプの残量計を備えていました。

■新型フィット4ハイブリッドの残量計

液晶ディスプレイの右側には、ガソリンタンクの残量を表示。

■ガソリンタンクの残量計

一方、液晶ディスプレイの左側には、エンジンによる発電やブレーキの回生力によって、充電されるバッテリーの残量計を表示。

■バッテリーの残量計

このように残量計の目盛りが縦並びで表示されるのは、ちょっと珍しいですよね。

ただ、この縦型の残量計は、どれくらいバッテリーやガソリンが減っているのかパッと見ただけで直感的に分かるため、思ったよりも見やすい感じがしました。

新型フィット4 ハイブリッドのマルチインフォメーションディスプレイをチェック

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のメーターでは、7インチサイズの液晶ディスプレイの下の部分が、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイになっています。

■ハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイ

この新型モデルでは、液晶ディスプレイのグラフィックがキレイなおかげで、また、液晶ディスプレイ無いの表示項目がゴチャゴチャとしていないおかげで、マルチインフォメーションディスプレイもとても見やすかったです。

ハイブリッド車専用の表示項目”エネルギーフロー”を用意

このように視認性が良い新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイですが、基本的な表示項目に関しては、ガソリン車と同じになっています。

■航続距離/燃費画面

■燃費履歴

■車速/経過時間

■警告メッセージ

■安全支援情報

■シートベルト情報

■ナビゲーション情報

■エコ画面

ただ、このハイブリッドでは、専用のマルチインフォメーションディスプレイの表示項目として、エネルギーの流れや現在の走行モードが一目で分かる”エネルギーフロー(ハイブリッドシステム)画面”を用意。

■ハイブリッド車専用のエネルギーフロー画面

このエネルギーフロー画面は、先代モデルにも用意されていたのですが、先代モデルよりもグラフィックがキレイになったおかげで、見やすくなったような感じが…。

■先代モデルのエネルギーフロー画面

また、バッテリーからの出力はブルー、バッテリーへの充電はグリーンなど、エネルギーの流れがカラーで分かるようになっているのも好印象でした。

まとめ:先代よりも見やすくなった新型フィット4ハイブリッドのメーター

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車のメーターは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのメーターは、先代モデルと比較するとシンプルなデザインになっていましたが、その分、見やすくなったような感じが…。

また、エネルギーの流れが一目で分かる”エネルギーフロー画面”の見やすさが良くなっていたのも、好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、大きく進化を遂げたハイブリッド車のメーターにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする