新型フィット4 ガソリンの外観レビュー【HV車に劣らない見た目と機能】

ホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)のガソリン車は、ハイブリッド車よりも内装・インテリアの機能や装備の劣るというデメリットがあります。

ただ、外観・エクステリアに関しては、ハイブリッド車に劣らない機能や装備が…。

また、この新型モデルのガソリン車の見た目は、ハイブリッド車に全く見劣りをしていませんでした。

そんなガソリン車の外観・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルのガソリン車の外装・エクステリアには、どのような装備&アイテムを備えていたのでしょうか?

1.3リットルエンジンを搭載した新型フィット4(Fit4)のガソリン車の外装・エクステリアの特徴や魅力を、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

カワイイ系になったフロントマスク【新型フィット4 ガソリン車の外観1】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車のフロントマスク
グレード:リュクス

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車のフロントマスクは、ハイブリッド車と同様にフロントグリルのサイズを限りなく小さくした”グリルレス”を採用した親しみやすい顔つきに…。

また、先代モデルと比較すると、親しみを感じる柔らかい雰囲気のフロントマスクに生まれ変わっていました。

LEDヘッドライトはグレード別設定

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、クリクリっとした大きなヘッドライトが印象的ですが、グレードによって、ヘッドライトの光源が異なります。

中間モデルの”ホーム(HOME)”以上のグレードでは、ライン状に輝くデイライトが印象的なLEDヘッドライトを標準装備。

■上位モデルに採用されているLEDヘッドライト

一方、ガソリン車の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”では、オーソドックスなハロゲンのヘッドライトを標準装備。

■ガソリン車のベーシックの外観

また、ベーシック(BASIC)に備わっているハロゲンのヘッドライトには、ライン状に輝くデイライトの用意がないこともあり、他のグレードとは異なる見た目になっていました。

ガソリン車はマット感のあるエンブレムを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、ホンダの”H”をモチーフにしたエンブレムをフロントグリルのノーズ部分に装着しています。

ただ、この新型モデルのガソリン車は、エンブレムのベースにマット感のあるブラックをベースを採用。

■ガソリン車のホンダ エンブレム

そのおかげもあり、この新型モデルのガソリン車は、ハイブリッド車よりも落ち着いた雰囲気のフロントマスクになっているように感じました。

スッキリとしたサイドスタイル【新型フィット4 ガソリン車の外観2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■フィット4のガソリン車のサイドスタイル

ちょっと見にくいですが、この新型モデルのガソリン車のサイドスタイルは、丸みをおびたデザインに…。

フロントマスク同様に親しみやすい柔らかな雰囲気を醸し出していました。

ちょっと残念なサイドミラー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車のサイドミラーは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車のサイドミラー

この新型モデルのガソリン車では、LEDのウィンカーが備わったサイドミラーを全グレードに標準装備しています。

ただ、ちょっと残念だったのは、サイドミラーの機能です。

この新型モデルでは、エンジンのON/OFFに連動をしてサイドミラーが展開&格納をする【オートリトラ機能】は備わっておらず、ドア内側パネルに備わっているスイッチでサイドミラーを操作する【電動格納式のサイドミラー】を標準装備。

■サイドミラーを収納するためのスイッチ

個人的には、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”などでは、サイドミラーの展開&格納の手間を省くオートリトラ機能を備えていても良かったような…。

このサイドミラーの機能&使い勝手に関しては、少々物足りなさを感じました。

ちなみに、この新型フィット4(Fit4)では、サイドミラーを自動展開&格納をする”オートリトラ機能”は、ディーラーオプション設定となっています。

オプション代も1万1000円とお手頃なので、オートリトラ機能を備えてるのも全然アリなのかなと思いました。

ハイブリッドと同じデザインのタイヤ&ホイールを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、グレード別にデザインの異なる4種類のタイヤ&ホイールを標準装備。

また、この新型モデルのガソリン車に用意されているタイヤ&ホイールは、ハイブリッド車と全く同じデザインに…。

なので、タイヤ&ホイールから、ガソリン車とハイブリッド車を見分けることができなくなっていました。

落ち着いた雰囲気の後ろ姿【新型フィット4 ガソリン車の外観3】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■ガソリン車の後ろ姿
グレード:リュクス

この新型モデルでは、ルーフスポイラーなどの用意もなく、シンプルモダンな後ろ姿になっていました。

オシャレさが魅力のリアコンビネーションランプ

そんな新型モデルのガソリン車の後ろ姿で印象的だったのは、リアコンビネーションランプです。

先代モデルではインパクトのある縦基調のリアコンビネーションランプを採用していましたが、この新型モデルでは、ワイド感のある横基調のデザインを採用。

■ガソリン車のリヤコンビネーションランプ

ライン状に光るスモールラインとがオシャレで、まるでヨーロッパ車のような後ろ姿になっていました。

まとめ:ハイブリッド車と差がないガソリン車の外観

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

ハイブリッド車と同様にこの新型モデルのガソリン車も、大きなヘッドライトが印象的な親しみやすいデザインに…。

また、ハイブリッド車とガソリン車では外観のデザインに若干の違いがあるのものの、デイライト付きのLEDヘッドライトが備わるなど、機能や装備面でガソリン車が見劣りしないのも好印象でした。

ただ、内装・インテリアに関しては、新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車とガソリン車で大きなあがあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする