新型フィット4 メゾンとホームはココが違う【機能&装備の違いをチェック】

2021年6月、新型フィット4の20周年特別仕様車”メゾン(Maison)”がデビューを果たしたました。

この特別仕様車の”メゾン(Maison)”は、標準モデルのホーム(HOME)をベースにしているのですが、メゾンならではの専用装備を外装&内装に用意。

そのおかげもあり、メゾン(Maison)とホーム(HOME)は、全く異なる雰囲気がただようクルマに仕上がっていました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホーム(HOME)の外装&内装は、それぞれどのようなデザインをしていたのでしょうか?また、この2台のモデルは、どのような違いがあったのでしょうか?

2021年6月にデビューを果たした新型フィット4の特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホーム(HOME)の機能&装備の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

外装・エクステリアの違いは?【新型フィット4 メゾンとホーム比較】

2021年6月にデビューを果たした新型フィット4の20周年特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホーム(HOME)の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインをしています。

■メゾン(Maison)の外装・エクステリア

■ホーム(HOME)の外装・エクステリア

スッキリとした見た目を演出するグリルレスデザインを採用するなど、この新型モデルのメゾン(Maison)とホーム(HOME)の外装・エクステリアの基本的なデザインに大きな差はありません。

ただ、この2台のモデルの外装・エクスエリアを見比べると、次のような違いがありました。

サイドミラー

2021年6月に出部y-を果たした新型フィット4の20周年特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホーム(HOME)の外装・エクステリアの違いの一つが、サイドミラーです。

ベースとなっている標準モデルのホーム(HOME)では、ボディと同系色のサイドミラーを採用していました。

■ホーム(HOME)のサイドミラー

一方、20周年特別仕様車として発売されたメゾン(Maison)では、ブラック塗装をほどこしたサイドミラーを採用。

■メゾン(Maison)のサイドミラー

そのおかげもあり、標準モデルのホーム(HOME)よりもメゾン(Maison)の方が引き締まった印象の外装・エクステリアになっていました。

タイヤ&ホイール

また、2021年6月にデビューを果たした新型フィット4の特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっている標準モデルの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールです。

新型フィット4の特別仕様車”メゾン(Maison)”では、ブラッククリア塗装をほどこした16インチサイズのタイヤ&アルミホイールを採用しています。

■メゾンのタイヤ&ホイール

一方、メゾン(Maison)のベースとなっているホーム(HOME)では、フルホイールキャップ付きのスチールホイールを装着、

■ホームのタイヤ&ホイール

また、タイヤサイズも、メゾン(Maison)よりもひと回り小さい15インチサイズとなっていました。

そのため、特別仕様車のメゾン(Maison)は、ベースとなっているホーム(HOME)とはひと味違う上質感とスタイリッシュさを兼ね備えたサイドスタイルになっていました。

内装・インテリアの違いは?【新型フィット4 メゾンとホーム比較】

一方、新型フィット4の20周年特別仕様のメゾン(Maison)とベースとなっているホーム(HOME)の内装・インテリアは、どのような違いがあったのでしょうか?

この新型モデルのメゾン(Maison)とホームの内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインをしています。

■メゾンの内装・インテリア

■ホームの内装・インテリア

カジュアルながらも上品さがただよう車内空間になっているこの新型モデルのメゾン(Maison)とホーム(HOME)ですが、この2台のモデルの内装・インテリアを比較してみたところ、次のような違いがありました。

内装色・インテリアカラー

今回デビューを果たした新型フィット4の20周年特別モデル”メゾン(Maison)”とベースとなっているホームの内装の違いの一つが、内装色・インテリアカラーです。

特別仕様車のメゾン(Maison)で用意されている内装色・インテリアカラーは、グレー×ベージュの1種類のみとなっていました。

■メゾンのグレー×ベージュの内装色

一方、メゾン(Maison)のベースとなっているホーム(HOME)では、ブラックとソフトグレーの2種類の内装色・インテリアカラーを用意。

■ホームのブラックの内装色

■ホームのソフトグレーの内装色

長年乗っても飽きの来ないオーソドックスな”ブラック”と車内を明るく彩ってくれる”ソフトグレー”の2種類から好きな内装色を選べるのは嬉しいですよね。

内装色・インテリアカラーに関しては、メゾン(Maison)よりも2色の中から選べる標準モデルの方が良いかもしれませんね。

ドア内側パネル

また、今回デビューを果たした新型フィット4のメゾン(Maison)とホーム(HOME)では、ドア内側パネルのデザインも異なります。

ベースとなっているホーム(HOME)のソフトグレーの内装色では、前席/後席のドア内側パネルにソフトグレーの加飾がほどこされていました。

■ホームのフロントシートのドア内側パネル

■ホームの後部座席のドア内側パネル

一方、この新型モデルの特別仕様車”メゾン(Maison)”では、ベージュの加飾が施されているのは、フロントシートのドア内側パネルのみ。

■メゾンのフロントシートのドア内側パネル

後部座席のドア内側パネルには、ベージュではなくブラックの加飾が施されたいました。

■メゾンの後部座席のドア内側パネル

この配色の違いもあり、新型フィット4の特別仕様車”メゾン(Maison)”は、ホームのソフトグレーよりもシックで引き締まった印象のある車内空間になっていいました。

ハンドル・ステアリングホイール

また、ハンドル・ステアリングホイールも、今回デビューを果たした新型フィット4の20周年特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホーム(HOME)の内装・インテリアの違いの一つです。

メゾン(Maison)&ホーム(HOME)どちらも、高級感がただよう本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用しています。

■メゾンのハンドル・ステアリングホイール

■ホームのハンドル:ソフトグレー

■ホームのハンドル:ブラック

ただ、ベースとなっているホーム(HOME)のソフトグレーの内装色では、ステアリングホイールの下部の内側がソフトグレーカラーに装飾されたデザインに…。

一方、20周年特別仕様車のメゾン(Maison)のハンドル・ステアリングホイールには、ホーム(HOME)のような加飾はなく、その代わりにホワイトのステッチが採用されていました。

センターコンソール

また、今回デビューを果たした新型フィット4の20周年特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホームの内装・インテリアの大きな違いの一つが、センターコンソールです。

特別仕様車のメゾン(Maison)では、アームレストとしても使用することができるセンターコンソールボックスを標準装備。

■メゾンのセンターコンソールボックス

一方、ベースとなっている標準モデルのホーム(HOME)では、センターコンソールボックスの用意はなく前後に長いセンターコンソールトレイのみを用意。

■ホームのセンターコンソールトレイ

ハンドバックなどを置くのには、ホーム(HOME)のようなトレイの方が良いです。

ただ、運転席に座った時の座り心地や快適性に関しては、アームレストとしても使用することができるセンターコンソールボックスが用意されているメゾン(Maison)の方が良いように感じました。

シートヒーター

また、今回デビューを果たした新型フィット4の20周年特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホーム(HOME)で大きく異なる装備の一つが、シートヒーターです。

特別仕様車としてデビューを果たしたメゾン(Maison)では、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターが標準装備されています。

■メゾンのシートヒーター

一方、ベースとなっているホーム(HOME)では、シートヒーターの用意はありません。

■ホームのエアコンパネル

ちょっとこの違いは大きいですよね。

真冬の寒い日でも快適に過ごせるようになっているのは、ホーム(HOME)にはないメゾン(Maison)の大きな魅力の一つなのかなと思いました。

ドリンクホルダー

また、ダッシュボードの左右に用意されているドリンクホルダーのデザインも、新型フィット4の特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホーム(HOME)で違いがありました。

ベースとなているホーム(HOME)では、ソフトグレーカラーの加飾を施したドリンクホルダーをダッシュボードの左右に用意をしていました。

■ホームのドリンクホルダー

一方、特別仕様車のメゾン(Maison)では、ソフトグレーではなく、ブラックの塗装をほどこしたドリンクホルダーを装着。

■メゾンのドリンクホルダー

このように細かい部分までこだわっているのも、新型フィット4の特別仕様車”メゾン(Maison)”の良さの一つなのかなと思いました。

シート

また、2021年6月にデビューをはたした新型フィット4の特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホーム(HOME)の内装・インテリアの大きな違いの一つが、シートのデザインです。

どちらも、シードサイドに合成レザーのような肌触りを楽しめるプライムスムースをあしらったコンビシートを採用していています。

ただ、この新型モデルのメゾン(Maison)とホーム(HOME)では、シートのカラーに違いが…。

■メゾンのシート:グレー×ベージュ

■ホームのシート:ソフトグレー

■ホームのシート:ブラック

落ち着いた雰囲気のブラックのシートや車内を明るく照らしてくれるソフトグレーのシートも良いのですが、グレージュ×ベージュのツートンカラーのシートを採用しているメゾン(Maison)の方が上品な感じがしました。

また、特別仕様車のメゾン(Maison)では、フロントシートに赤/白/青のトリコロールカラーとロゴを刺繍しているのも注目ポイントの一つですよ。

シートベルト

また、シートベルトも、今回デビューを果たした新型フィット4の20周年特別仕様車”メゾン(Maison)”とベースとなっているホームの内装・インテリアの大きな違いの一つです。

ベースとなっているホーム(HOME)では、ソフトグレー/ブラックどちらの内装色でもオーソドックスなブラックのシートベルトを採用していました。

■ホームのブラックのシートベルト

一方、20周年特別仕様車としてデビューを果たしたメゾン(Maison)では、ブラウンのシートベルトを採用。

■メゾン(Maison)のブラウンのシートベルト

ブラウンのシートベルトって、かなり珍しいですよね。

ただ、このブラウンのシートベルトがワンポイントアクセントになって、メゾン(Maison)のオシャレな車内空間を演出しているように感じました。

まとめ:デザイン&快適性にも大きな差がある新型フィット4のメゾンとホーム

2021年6月にデビューを果たした新型フィット4の特別仕様車”メゾン(Maison)”とホーム(HOME)の違いを比べてみたところ、このような違いがありました。

16インチのアルミホイールやロゴを刺繍した専用デザインのシートを備えたメゾン(Maison)の方がオシャレな感じが…。

また、メゾン(Maison)の方が機能&装備が優れています。

新型フィット4の特別仕様車のメゾン(Maison)とベースになっているホーム(HOME)では、車体本体価格で15万円くらいの差があります。

ただ、これくらいの価格差なら、見た目のデザイン性だけでなく、機能や装備が充実している特別仕様車のメゾン(Maison)を購入した方が満足度が高いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02