座り心地も快適性も全然違う!新型フィット4 リュクスのシートを徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の魅力の一つは、見た目のデザインや装備の豪華さです。

そんな”リュクス(LUXE)”を試乗して驚いたことの一つが、

最上位モデルの”リュクス(LUXE)”に採用されているシートは、他のグレードよりも座り心地が良く、コンパクトカーのレベルを遥かに超えているような感じが…。

また、シートまわりの機能や装備が充実しているのも好印象でした。

最上位に位置をする”リュクス(LUXE)”のシートは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、他のグレードとどのような違いがあったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”のシートを、実車画像を使って、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 リュクスのシートのデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”のシートは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4のリュクスのシート
内装色:ブラウン

新型フィット4の中で唯一本革を採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”は、5つのグレードの中で唯一、シートサイドにステッチ入りの本革を採用。

■リュクスに採用されている本革

また、シートのメイン部分には織物を採用しているのですが、ダイヤモンド型の模様をあしらったデザインに…。

ワンランク上のクルマから乗り換えた人でも満足できる高級感&上質感のあるシートデザインになっていました。

ハイブリッド車の後部座席にはセンターアームレスを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”リュクス(LUXE)”の後部座席の中央には、本革仕様のセンターアームレストを標準装備。

■リュクスの後部座席のセンターアームレスト

サイズが若干小さいく、また、ドリンクホルダーの用意がなかったのが少々残念でしたが、しっかりとした作りに…。高さもちょうど良く、快適なドライブを手助けしてくれるとても良いアイテムだと思いました。

ちなみに、後部座席用のセンターアームレストが備わっているのは、ハイブリッド車のみです。最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のガソリン車には、後部座席用のセンターアームレストが備わっていないので、ご注意くださいね。

オプションでセンターコンソールボックスの装着も可能

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、リュクス専用のメーカーオプションとして、アームレスト付きのセンターコンソールボックスを装着することが可能です。

■リュクス専用のセンターコンソールボックス

リュクス専用のセンターコンソールボックスの表面は、高級感のあるレザー仕様に…。

本革を採用したシートとの相性も良く、コンパクトカーとは思えない上質感のある内装・インテリアを演出していました。

また、この”リュクス(LUXE)”に備わっているセンターコンソールボックスは、”モチ”っとした肌触りになっており、腕を置いた時に感触が良いのも好印象でした。

ちなみに、このアームレスト付きのコンソールボックスのオプション価格は、ワイヤレス充電器とセットで5万5000円になっていました。

ちょっと価格は高いですが、腕をアームレストにおいて、ゆったりと快適に運転をしたい人には、おすすめのアイテムだと思いますよ。

新型フィット4 リュクスは座り心地も良好

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の備わっているシートは座り心地も良好です。

私もこの最上位モデルのリュクス(LUXE)に初めて座った時、「これって本当にコンパクトカーのシートなの!?」とビックリをしてしまいました。

そんなリュクス(LUXE)のシートの座り心地の魅力&良かったところを包み隠さずお話したいと思います。

背もたれや座面のフィット感にビックリ

最上位モデルの”リュクス(LUXE)”の運転席に座って一番最初に驚いたことの一つは、座面や背もたれのフィット感です。

リュクス(LUXE)は、他のグレードと同様に座面や背もたれの厚みを感じる”もっちり”とした座り心地になっています。

ただ、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のシートは、縫い合わせや縫製が他のグレードよりも凝っています。そのおかげもあり、リュクス(LUXE)のシートは、他のグレードよりも座った時のフィット感が良いような感じが…。

背もたれに腰が吸い付くようなフィット感があり、長時間ドライブでも快適に過ごせそうな心地よさと安心感を兼ね備えた座り心地になっていました。

ホールド感の高いヘッドレスト

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の運転席に座ってみて驚いたのが、ヘッドレストの快適さです。

下のヘッドレストはアクティブ仕様の”ネス(NESS)”のヘッドレストなんですが、コンパクトカーの多くは、このように凹凸感のないフラットな形状のものが多いんですよね。

■ネスのヘッドレスト

しかし、新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、サイドが張り出した立体的なデザインのヘッドレストを標準装備。

■リュクスのヘッドレスト

そのおかげもあり、頭をヘッドレストにつけた時のホールド感が抜群に良い感じ!

ホールド感の高いヘッドレストが頭の位置がしっかりと固定してくれるため、姿勢が崩れにくく、運転がしやすいシートになっているように感じました。

新型フィット4 リュクスのシートのみの便利で嬉しい機能&装備とは?

他のグレードよりも座り心地の良いシートを備えている新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”ですが、機能や装備も充実していました。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの最上位”リュクス(LUXE)”のシートには、どのような機能&装備を備えているのでしょうか?他のグレードとの機能や装備の違いを紹介したいと思います。

シートヒーター【リュクスのみの機能&装備1】

新型フィット4(Fit4)の最上モデルの”リュクス(LUXE)”のみに用意されている機能&装備の一つが、真冬を運転する時に重宝するシートヒーターです。

最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”では、3段階から調整することができるシートヒーターが標準装備されています。

■リュクスのシートヒータースイッチ

コンパクトカークラスのクルマで、3段階から調整することができるシートヒーターが備わっているのは、嬉しいですよね。(ちなみに、先代モデルは2段階だった…。)

また、”リュクス(LUXE)”に備わっているシートヒーターは、座面だけではなく、背もたれも温めてくれるタイプになっており、身体全体で温もりを感じることができるようになっていたのも良かったです。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、シートヒーターはオプション設定になっていません。なので、他のグレードでは、シートヒーターを装着することができないので、ご注意くださいね。

シートバックポケット【リュクスのみの機能&装備2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”とそれ以外のグレードのシートで大きく異なるのは、フロントシートの裏側に備わるシートバックポケットです。

リュクス(LUXE)以外の4つのグレードでは、助手席の裏側のみに大きいサイズのシートバックポケットが用意されています。

■リュクス以外の助手席の裏側

■リュクス以外の運転席側の裏側

しかし、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、助手席側だけではなく、運転席側にも大きいサイズのシートバックポケットを標準装備。

■リュクスの助手席側のシートバックポケット

■リュクスの運転席側のシートバックポケット

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、後部座席付近に充電用のUSBポートが備わったこともあり、タブレット端末や携帯ゲーム機を収納するのに重宝するのかなと思いました。

また、他のグレードでは、シートバックの上部に備わっていたスマホ/iPhoneを収納するための小型ポケットが備わっていました。

■リュクス以外のモデルのシートバック小型ポケット

しかし、最上位モデルでは、シート下部に小型ポケットの位置が変わっていたのも、注目ポイントの一つですよ。

■リュクスのシートバック小型ポケット

まとめ:シートの機能性&座り心地にこだわるのならリュクス一択

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”はシートに本革を採用しており、他のグレードよりも高級感のあるデザインになっていました。

また、他のグレードよりもワンランク上の座り心地に…。

新しく生まれ変わった新型フィット4(Fit4)は中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”が一番人気のモデルになっているのですが、内装の豪華さやシートの座り心地や機能性にこだわるのなら、最上位モデル”リュクス(LUXE)”一択なのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする