残念な部分も…【新型フィット4の後部座席で気になった欠点&不満】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の降雨部座席は、先代モデルと同様に広くて、居心地の良い空間になっています。

また、この新型モデルの後部座席は、シートのクッションも厚みが増したこともあり、先代モデルより座り心地も良くなっていました。

ただ、先日、この新型モデルを試乗した際、後部座席に座ってみたのですが、ちょっと物足りなさ&残念さを感じた部分も…。

新しいデザインに生まれ変わった新型フィット4(Fit4)の後部座席の欠点&デメリットは、何だったのか?実車画像を使って、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

背もたれの快適性【新型フィット4の後部座席の欠点&デメリット1】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の後部座席に座ってみて気になった事、残念に感じた事の一つが、背もたれの快適性&機能性です。

居心地の良さを最重要視したこの新型モデルの後部座席は、先代モデルよりも背もたれの角度を若干寝かせたこともあり、ゆったり感が増した座り心地に…。

■新型フィット4の後部座席

また、背もたれを寝かせたことにより、頭上空間(ヘッドクリアランス)にゆとりが生まれ、先代モデルよりも居住スペースが広く感じたのも好印象でした。

そんな新型フィット4(Fit4)の後部座席で残念に感じたことの一つが、背もたれの角度を調節することができる”リクライニング機能”が用意されていなかったことです。

先代モデルでは、後部座席の肩口に用意されているレバーを操作すると、後部座席の背もたれの角度を変更することができました。

■フィット3の後部座席をリクライニングした時の様子

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、後部座席の背もたれの角度を調節する機能の用意はなし。

この新型モデルでも先代モデルと同様に後部座席の背もたれの肩口にレバーが用意されています。

■後部座席の肩口に用意されているレバー

しかし、これは、後部座席の背もたれを前方にパタンと倒して、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くするために使用するもの。このレバーを操作しても、後部座席の背もたれをリクライニングすることはできません。

後部座席の背もたれをリクライニングすることができるのは、このクルマの”売り”の一つだと思っていたので、ちょっと残念…。

この新型モデルの後部座席は背もたれの角度もちょうど良くゆったりと座れるクルマに仕上がっていましたが、個人的には、自分好みの背もたれの角度に調節することができるリクライニング機能を備えても良かったのかなと思いました。

センターアームレスト【新型フィット4の後部座席の欠点&デメリット2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の後部座席で残念に思った事の一つが、センターアームレストです。

この新型モデルのハイブリッド車のベーシック(BASIC)を除く全グレードには、先代モデルと同様に後部座席の中央に引き下ろして使用をするセンターアームレストが用意されていました。

■新型フィット4の後部座席のセンターアームレスト

このクルマのセンターアームレストには、ドリンクホルダーが用意されていないのは少々残念なのですが、高さはバッチリ!

腕を置くのにちょうど良い高さになっており、センターアームレストが使用することができる4名乗車時には、ゆったりと快適に過ごすことができます。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、なぜか後部座席の中央にセンターアームレストが用意されていません。最廉価モデルのベーシック(BASIC)だけではなく、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”も含めて全グレードです。

確か先代モデルでは、ガソリン車にもセンターアームレストが用意されていたんですよね。

ハイブリッド車とガソリン車の差をつけるためかもしれませんが、せめて上位モデルの”リュクス(LUXE)”くらいは、センターアームレストを用意しても良かったのかなと思いました。

収納スペース&小物入れの数【新型フィット4の後部座席の欠点&デメリット3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の後部座席の欠点&デメリットの一つは、収納スペースの数と使い勝手です。

この新型モデルの後部座席まわりには、ドア内側パネルとシートバックポケットにしか収納スペースが用意されておらず、ちょっと少なすぎる感じが…。

■新型フィット4の後部座席のドア内側パネル

しかも、この新型モデルの後部座席のドア内側パネルに用意されている収納スペースはサイズが小さく、使い勝手があまり良くありません。

■ドア内側パネルに用意されている収納スペース

 

また、新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”以外のグレードでは、シートバックポケットは、助手席側のみに用意。運転席側には、用意されていません。

■ポケットが用意されている助手席側のシートバック

■ポケットが用意されていない運転席側のシートバック

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、後部座席まわりの収納スペース&小物入れの数が少なく、また、サイズも小さいので、せめて運転席側のシートバックにもポケットを用意しても良かったような…。

この新型モデルでは、運転席まわりの収納スペースが充実しているだけに後部座席まわりの収納スペースの少なさ&使い勝手の悪さが余計に気になってしまいました。

まとめ:新型フィット4の後部座席まわりの

コンパクトカークラスの中でトップクラスの広さを備えている新型フィット4(Fit4)の後部座席ですが、このような欠点&デメリットもありました。

この新型モデルの後部座席に座って特に気になったのは、背もたれの角度を調整することができるリクライニング機能が用意されていなかったことです。

一番快適な背もたれの角度は、体形や身長などによって変わってきます。

座り心地が良くなるように背もたれの最適化を図ったこの新型モデルですが、もしかしたら、あなたはこのクルマの背もたれの角度にしっくりとこない可能性も…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、後部座席の背もたれの角度を調節することができないので、購入する前に後部座席の座り心地をしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする