新型フィット/フィット4 リュクスのタイヤはどこ製!?メーカー&サイズを徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位グレード”リュクス(LUXE)”では、他のグレードとは異なる専用デザインのタイヤ&ホイールを備えています。

専用デザインのタイヤ&ホイールを備えたリュクス(LUXE)は、他のグレードでは味わうことができないラグジュアリー感あふれるデザインに…。

そんな高級モデル”リュクス(LUXE)”のタイヤ&ホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このグレードに用意されているタイヤメーカー&ブランドは、どこ製だったのでしょうか?

新型フィット/フィット4の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”に用意されているタイヤ&ホイールのデザインやサイズ、ブランドを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット リュクスのタイヤ&ホイールのデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新しいデザインに生まれ変わった新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■リュクスのタイヤ&ホイール

リュクスのホイールは、他のグレードとは異なる専用デザイン

この新型モデルでは、グレード別にデザインの異なる4種類のタイヤ&ホイールを用意しているのですが、最上位に位置をする”リュクス(LUXE)”は、切削加工&ブラック塗装を施した専用デザインのアルミホイールを標準装備。

また、このリュクス(LUXE)のアルミホイールは、他のグレードよりも細いスポークを幾重にも組み合わせたデザインを採用。

この繊細なデザインをしたアルミホイールは、プラチナ調クロームメッキのサイドシルガーニッシュとの相性も良く、ラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”らしいエレガントで上品な足回りを演出していました。

新型フィット リュクスのタイヤ&ホイールのサイズはどれくらい?

リュクス(LUXE)らしい高級感あふれるサイドスタイルを演出している専用デザインのタイヤ&ホイールですが、タイヤの大きさは、どれくらいだったのでしょうか?

最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”に用意されているタイヤ&ホイールのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■リュクスのタイヤ&ホイールのサイズ

16インチ(185/55R16)

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位グレード”リュクス(LUXE)”では、16インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

16インチサイズのタイヤ&ホイールは迫力もあり、スタイリッシュで上質感がただようサイドスタイルになっていました。

クロスターとは乗り心地が違う

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、リュクス(LUXE)以外にもクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”やアクティブ仕様の”ネス(NESS)”でも、16インチサイズのタイヤ&ホイールを備えています。

ただ、ラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”とクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、タイヤの厚み(=扁平率)が異なるため、乗り心地に若干の違いがあります。

■リュクスのタイヤ&ホイール

■クロスターのタイヤ&ホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデルの”リュクス(LUXE)”は、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”よりもタイヤの厚みは薄めです。

そのため、リュクス(LUXE)は、クロスター(CROSSTAR)よりも足回りが硬く、スポーティーな乗り心地に…。

荒れたアスファルト道路を運転した時にダイレクトに伝わってくる下からの衝撃や突き上げ感は少々気になるものの、カーブを曲がる時の挙動変化が予想以上にスムーズ。安定感が高く、カーブもスイッと気持ち良く曲がってくれます。

この安定性とドライビングフィールの良さは、新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型フィット リュクスのタイヤのメーカーはどこ製!?

このようにスポーティーな乗り心地を楽しめる新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”ですが、どこのメーカーのタイヤを履いていたのでしょうか?

私が試乗した”リュクス(LUXE)”のタイヤを確認してみたところ、

■リュクスのタイヤメーカー&ブランド

メーカー :ヨコハマタイヤ
ブランド名:ブルーアース-A (BlueEarth-A)

今回私が見たモデルでは、ヨコハマタイヤの低燃費タイヤ”ブルーアース-A (BlueEarth-A)”を装着。

先ほどもお話したとおり、ヨコハマタイヤの”ブルーアース-A (BlueEarth-A)”を履いたリュクス(LUXE)はダイレクト感があり、予想以上の乗り心地&ドライビングフィールを楽しめます。

ただ、今回フルモデルチェンジをしたこの新型モデルのハイブリッド車は、静寂性に優れているため、走行中のロードノイズが思ったよりも目立ちます。

もしこのクルマの魅力や良さを最大限に活かしたいのなら、ブリヂストンの”レグノ(REGNO)”のように静寂性に優れたタイヤに履き替えても良いのかなと思いました。

ちなみに、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”も低燃費タイヤを装着していました。ただ、この2台のモデルでは、履いていたタイヤのメーカー&ブランドに違いがあるので、ご注意を…。

まとめ:リュクス専用タイヤ&ホイールは、高級感あふれるサイドスタイルを演出

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、細いスポークが特徴の専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備。

そのおかげもあり、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”は、他のグレードと雰囲気が異なる高級感あふれるデザインになっていました。

また、この新型モデルの最上位モデル”リュクス(LUXE)”は車内にも本革をあしらうなど、内装の質感にもこだわっています。シートも専用デザインのようですし…。

コンパクトカーとは思えないワンランク上の豪華な作りのクルマに乗りたい方は、高級感あふれる装備を備えている新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”は、ピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする