新型フィット ホーム&ベーシックのタイヤはシンプル!?サイズやメーカーを徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たしたホンダの新型フィット/フィット4は4種類のタイヤ&ホイールを用意しており、グレードによって、異なるデザインになています。

ただ、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”&中間モデル”ホーム(HOME)”に用意されているタイヤ&ホイールは、最上位モデルのリュクス(LUXE)やクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”よりもシンプルなデザインになっていました。

そんな新型フィット/フィット4の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”と中間モデル”ホーム(HOME)”に用意されているタイヤ&ホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、タイヤサイズ&メーカーは、どのようになっていたのでしょうか?

実車画像を使って、”ベーシック(BASIC)”と”ホーム(HOME)”に標準装備されているタイヤ&ホイールを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 ホーム&ベーシックのタイヤとホイールのデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをホンダからデビューを果たした新型フィット/フィット4の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”と中間モデル”ホーム(HOME)”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■ホーム&ベーシックのタイヤ&ホイール

ホーム&ベーシックはスチールホイールを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの”ベーシック(BASIC)”と”ホーム(HOME)”では、樹脂製のホイールキャップ付きのスチールホイール(鉄チン)を標準装備。

なので、切削加工&ブラック塗装を施した”クロスター(CROSSTAR)”や”リュクス(LUXE)”のアルミホイールと比較すると、スタイリッシュさや高級感は見劣りします。

■クロスターのタイヤ&ホイール

■リュクスのタイヤ&ホイール

ただ、シルバーのホイールキャップが備わった最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”と中間モデル”ホーム(HOME)”のホイールは、キュートな見た目に生まれ変わった新型フィット/フィット4の外装・エクステリアの雰囲気にマッチ。

■ホームのサイドスタイル

“クロスター(CROSSTAR)”や”リュクス(LUXE)”のようなスタイリッシュさや迫力はありませんが、”ベーシック(BASIC)”と中間モデル”ホーム(HOME)”は、老若男女誰からも愛されるシンプルモダンなサイドスタイルになっていました。

新型フィット4 ホーム&ベーシックのタイヤサイズは?

このように他のグレードと比較するとシンプルなデザインになっている新型フィット/フィット4の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”と中間モデル”ホーム(HOME)”のタイヤ&ホイールですが、大きさはどれくらいだったのでしょうか?

“ベーシック(BASIC)”と”ホーム(HOME)”に用意されているタイヤ&ホイールのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■ベーシックとホームのタイヤ&ホイールサイズ

15インチ(185/60R15)

アルミホイールを履いている”ネス(NESS)”や”リュクス(LUXE)”、”クロスター(CROSSTAR)”のタイヤ&ホイールサイズは16インチになっていましたが、スチールホイールを履いているこの2台のモデルではひと回り小さい15インチサイズに…。

ただ、中間モデル”ホーム(HOME)”は、メーカーオプションでアクティブ仕様の”ネス(NESS)”と同じデザインの16インチサイズのアルミホイールに変更することができますよ。

ベーシックとホームは思ったよりも柔らかな乗り心地に…

また、15インチサイズのタイヤ&ホイールを装着している新型フィット/フィット4の”ベーシック(BASIC)”と”ホーム(HOME)”ですが、乗り心地やドライビングフィールは思ったよりも良いです。

16インチサイズのタイヤを履いている”ネス(NESS)”や”リュクス(LUXE)”は、ホンダらしいちょっと硬めの乗り心地になっています。

ハンドルレスポンスやカーブを曲がった時の安定性は良い一方、荒れたアスファルト道路を運転すると、にコツコツ感や下からの衝撃がダイレクトにお尻に伝わってきます。

一方、15インチサイズのタイヤを履いている”ベーシック(BASIC)”と”ホーム(HOME)”は、下からの衝撃が和らいでいるような…。また、タイヤの接地感が良く、安心感のある乗り心地になっています。

スポーティーさやダイレクト感は、16インチサイズのタイヤを装着しているクルマよりも劣りますが、優雅な気分で運転できる柔らかな乗り心地を好む方は、15インチサイズのタイヤを装着している”ベーシック”や”ホーム”の方がピッタリなのかなと思いました。

新型フィット4 ホーム&ベーシックのタイヤはどこ製?【メーカー&ブランドをチェック】

上位モデルと比較するとタイヤサイズがひと回り小さくなっていた新型フィット/フィット4の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”と中間モデルの”ホーム(HOME)”ですが、履いているタイヤメーカー&ブランドも他のグレードと違いがありました。

そんな”ベーシック(BASIC)”と”ホーム(HOME)”が履いているタイヤのメーカー&ブランドを確認してみたところ、次のようになっていました。

■ベーシック&ホームのタイヤメーカー

メーカー:ブリヂストン(Bridgestone)
ブランド:エコピア EP150(ECOPIA EP150)

最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”と中間モデルの”ホーム(HOME)”は、ブリヂストンの低燃費タイヤ”エコピア EP150(ECOPIA EP150)”を装着。

まぁ、このクルマの車格やクルマの特徴を考えると、燃費性能を重視した低燃費タイヤを採用するのは、ある意味自然な流れなのかなと…。

実際にエコピアを履いた”ホーム(HOME)”を運転してみたところ、後輪あたりから聞こえてくる「ザーーー」と言った感じのロードノイズは多少気になりましたが、乗り心地は予想以上に良く、快適に運転をすることができました。

まとめ:ホームとベーシックは、シンプルモダンなサイドスタイルを演出

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”と中間モデルの”ホーム(HOME)”に備わっているタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっていました。

シルバーのホイールキャップ付きのスチールホイールを装着したこの2台のモデルは落ち着いた雰囲気があり、シンプルスタイルが好きな方には、ピッタリなサイドスタイルになっていました。

また、15インチサイズのタイヤを装着した最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”と中間モデルの”ホーム(HOME)”は、思ったよりも乗り心地が良いのも好印象でした。

ディーラーさんにお話を伺ったところ、中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”の売れ行きが一番良いようですが、このシンプルモダンな雰囲気が人気の秘訣なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする