新型フィット4のメーカーオプションはグレードで違う!価格と特徴を紹介

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は5つのグレードを用意していますが、グレードによってコンセプトが異なります。

なので、外装や内装のデザインに違いが…。

また、この新型モデルでは、用意されているメーカーオプションも、グレードによって違いがありました。

そんな新型フィット4(Fit4)の各グレードは、どのようなメーカーオプションを用意していたのでしょうか?また、このクルマに用意されているメーカーオプションの価格は、いくらくらいだったのでしょうか?

ホンダから新発売をしたこの新型モデルに用意されているメーカーオプションを、グレード別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 ベーシック(BASIC)に用意されているメーカーオプション

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最廉価モデルに位置をする”ベーシック(BASIC)”に用意されているメーカーオプションを確認したところ、このようになっていました。

■ベーシックに用意されているオプション

フルLEDヘッドライト
(ガソリン車のみ)
71,500円
ホンダ コネクト For ギャザーズ 49,500円
コンフォートビューパッケージ
(FF車のみ)
33,000円

ベーシックは機能や装備を充実させるアイテムを用意

価格を抑えた最廉価モデル新型フィット4(Fit4)の”ベーシック(BASIC)”では唯一、ハロゲンタイプのヘッドライトを備えるなど、機能や装備は他のグレードよりも若干劣ります。

そんな最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”ですが、上位モデルでは標準装備されているフルLEDヘッドライト、イザという時の助かる緊急通報スイッチやリヤワイドカメラなどがセットになった”ホンダ コネクト For ギャザーズ”などをメーカーオプションで用意。

ただ、これらのアイテムをオプションで装着するのなら、LEDヘッドライトなどが元から標準装備されている上位モデルの購入を検討した方が良いと思いますよ。

新型フィット4 ホーム(HOME)に用意されているメーカーオプション

備わっている機能と価格のバランスの良さが魅力の新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”に用意されているメーカーオプションを確認したところ、このようになっていました。

■ホームに用意されているメーカーオプション

16インチサイズのアルミホイール 66,000円
ホンダ コネクト For ギャザーズ 49,500円
コンフォートビューパッケージ
(FF車のみ)
33,000円

ホームは16インチサイズのアルミホイールを装着することが可能

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”は、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”と同様に15インチサイズのスチールホイールを標準装備しています。

■ホームのスチールホイール

ただ、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”とは異なり、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、スタイリッシュな見た目を演出する16インチサイズのアルミホイールに変更することができます。

■ホームのオプションの16インチサイズのホイール

機能や装備と価格のバランスの良さが魅力の”ホーム(HOME)”ですが、見た目のデザインにこだわりたい方は、スタイリッシュな足回りを演出する16インチサイズのアルミホイールの装着を検討しても良いかもしれません。

また、リヤワイドカメラやフロントシートにUSBポートが1つ装着される”ホンダ コネクト For ギャザーズ”も是非とも装着したいアイテムの一つでした。

新型フィット4 ネス(NESS)に用意されているメーカーオプション

アクセントカラーに採用されているライムグリーンが印象的な新型フィット4(Fit4)のアクティブ仕様の”ネス(NESS)”ですが、次のようなメーカーオプションを用意していました。

■ネスに用意されているメーカーオプション

コンフォートビューパッケージ
(FF車のみ)
33,000円

ネスではホンダ コネクトは標準装備

新型フィット4(Fit4)の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”や中間モデルの”ホーム(HOME)”では、メーカーオプション設定になっていた”ホンダ コネクト For ギャザーズ”ですが、この”ネス(NESS)”では、標準装備に…。

ちょっとコレは嬉しいですよね。

アクティブ仕様の”ネス(NESS)”はメーカーオプションを装着したなくても良いくらい機能や装備は充実していました。

新型フィット4 クロスター(CROSSTAR)に用意されているメーカーオプション

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、このようなメーカーオプションを用意していました。

■クロスターのメーカーオプション

ルーフレール 44,000円
コンフォートビューパッケージ
(FF車のみ)
33,000円

クロスターの専用アイテム”ルーフレール”を用意

樹脂製の専用バンパーやサイドシルガーニッシュを備え、SUVらしさを強調している新型フィット4(Fit4)のクロスター(COROSSTAR)ですが、このグレードの専用のメーカーオプションとして、ルーフレールを用意しています。

■クロスターのルーフレール

メーカーオプションとして用意されている”ルーフレール”を装着すると、SUVらしさがグッとアップします。また、見た目のバランスが良くなって、存在感が増したような感じが…。

“ルーフレール”が標準装備ではなくオプションになっているのは、個人的には、少々残念です。

ただ、せっかくクロスオークロスター(CROSSTAR)を購入するのなら、クロスオーバーSUVらしさを強調する”ルーフレール”を装着する価値は十分にあるのかなと思いました。

新型フィット4 リュクス(LUXE)に用意されているメーカーオプション

プラチナ調のサテンメッキをあしらって高級感を演出している新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”も、このグレードにしか用意されていない専用のメーカーオプションを用意しています。

そんな”リュクス(LUXE)”に用意されているメーカーオプションを紹介したいと思います。

■リュクスのメーカーオプション

アームレスト付きセンターコンソール
ワイヤレス充電器
55,000円
ステアリングヒーター 11,000円

リュクスは快適装備をオプションで用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で唯一”シートヒーター”を標準装備している最上位モデルの”リュクス(LUXE)”ですが、ハンドルをじんわりと温めてくれる”ステアリングヒーター”をオプションで用意。

■リュクスのステアリングヒーターのスイッチ

なので、真冬の寒い日の快適性・運転のしやすさは、”リュクス(LUXE)”が他のグレードよりも圧倒的に優れています

また、スマホやiPhoneを置くだけで充電するこができる”ワイヤレス充電器”を装着することができるのも、”リュクス(LUXE)”の魅力&メリットの一つですよ。

まとめ:新型フィット4のメーカーオプションはグレードで異なる

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に用意されているメーカーオプションを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルは、標準で備わっている機能や装備が充実しているため、用意されているメーカーオプションの数はそれほど多くありません。

ただ、装着することができるメーカーオプションは、グレードによって違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、装着したいアイテムが、そのグレードに用意されていないことも十分にあり得るので、グレード選びをする際はご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする