フロントマスクに高級感が!?新型フィット4のフォグランプを実車画像で徹底解剖

安全性だけではなく、華やかな見た目を演出するアイテムとして人気が高いフォグランプですが、新型フィット4(Fit4)でもシッカリと標準装備されています。

ただ、この新型モデルでは、フォグランプが用意されているのは、一部のグレードのみです。そのため、グレードによって、フロントマスクの高級感や上質感に差が…。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に用意されているフォグランプは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、フロントフォグランプが用意されているのは、どのグレードだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されているフォグランプのデザインを確認してきたので、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のフォグランプのデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に用意されているフォグランプは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4のフォグランプ

この新型モデルでは、バルブタイプのフォグランプを標準装備。

また、先代モデルでは、ハロゲンタイプのフォグランプを採用していましたが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、LEDタイプとなっていました。

フォグライトを点灯した時の様子

そんな新型フィット4(Fit4)に用意されているフォグランプを点灯してみると、このような感じに…。

■新型フィット4のフォグランプを点灯時の様子

この新型モデルのフォグランプでは、LEDを採用していることもあり、白っぽく光る昼光色に…。

クリクリっとしたデザインが特徴のヘッドライトとの相性も良く、先進性のあるスタイリッシュなフロントマスクを演出していました。

フォグランプを標準装備している新型フィット4のグレードは?

スタイリッシュな見た目を演出するLEDフォグランプですが、装着されているのは新型フィット4(Fit4)の一部のグレードのみ。残念ながら、フロントフォグランプを装着していないグレードもあります。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルで、どのグレードにLEDフォグランプが用意されているか紹介したいと思います。

LEDフロントフォグランプが標準装備されているグレード

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では5つのグレードをラインナップしていますが、フロントフォグランプを備えているのは、次の2つのグレードでした。

■新型フィット4のフォグランプを備えているグレード

・リュクス(LUXE)
・ネス(NESS)

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”とアクティブ仕様の”ネス(NESS)”にフロントフォグランプを標準装備。

そんな新型モデルのフォグランプで特に印象的だったのは、最上位モデルのリュクス(LUXE)です。

ラグジュアリー使用の”リュクス(LUXE)”では、唯一ピアノブラック調のフォグランプガーニッシュを備えていることもあり、他のグレードよりも高級感のあるフロントマスクになっていました。

■リュクスの外装・エクステリア

LEDフォグランプが用意されていないグレード

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の次のグレードでは、フロントマスクを華やかに彩るLEDフォグランプが用意されていませんでした。

■新型フィット4のフォグランプが備わっていないグレード

・ベーシック(BASIC)
・ホーム(HOME)
・クロスター(CROSSTAR)

最廉価モデルに位置をするベーシック(BASIC)などにはフロントフグランプが用意されていないのは、仕方がないと思います。

ただ、他のグレードよりも張り出しが大きい専用のフロントバンパーを備えているクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSRAR)”では、フロントフォグランプを標準装備しても良かったのかなと思いました。

ディーラーオプションでフロントフォグランプを装着することも可能

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)ではクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSRAR)”も含めて3つのグレードでフロントフォグランプを備えていませんが、ディーラーオプションで装着することが可能です。

このLEDフォグランプのオプション価格を確認してみたところ、ガーニッシュとセットで4万5100円(税込み)+工賃となっており、決して安い金額ではありません。

ただ、フロントフォグランプを備えているのと備えていないのでは、フロントマスクの高級感や上質感が全然違います。

■フロントフォグランプ装着モデル

■フロントフォグランプ未装着モデル

このように見比べると、やはり違いがありますよね。

フロントマスクの迫力や高級感にこだわる方は、ディーラーオプション設定になっているフロントフォグランプの購入を検討しても良いのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、フロントフォグランプをオプションで装着しようと考えているお客さんは、それほど多くないようです。

ただ、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSRAR)”のフロントフォグランプの装着率は、他のグレードよりも若干ですが高くなっているようですよ。

まとめ:フォグランプで新型フィット4のフロントマスクの魅力は大きく異なる

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に用意をされているフロントフォグランプのデザインを確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSRAR)”を除いた4つのグレードのフロントマスクのキホン的なデザインは同じになっていますが、フォグランプの有無で見た目の印象に大きな違いが…。

フロントフォグランプが良いアクセントになっている”リュクス(LUXE)”や”ネス(NESS)”の方がワンランク上の高級感&上質感がありました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02