新型フィット4はどんな安全装備を搭載!?性能&特徴を徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、運転支援システム”ホンダ センシング(Honda SENSING)”が全グレードに備わるなど、安全装備は充実しています。

しかも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルに搭載されている安全装備システム”ホンダ センシング(Honda SENSING)”は、先代モデルよりも機能や装備が充実した最新版です。

また、この新型モデルでは、オプションで様々な安全装備を用意しており、安全面を強化することも可能です。

そんな新型モデルでは、どのような安全装備を備えていたのでしょうか?また、各安全装備システムは、どのような特徴を備えていたのでしょうか?

ホンダからデビューを果たしたこの新型フィット4(Fit4)に用意されている安全装備システムの性能や特徴を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4に標準装備されている安全装備は何?

2020年2月にホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)では、次のような安全装備を標準装備していました。

■新型フィット4に標準装備されている安全装備システム

・衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)
・誤発進抑制機能&後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム(LKAS)
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

この新型モデルでは、このような安全装備が標準装備されていますが、どのようなシステムになっているのでしょうか?

各安全装備をもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)

多くのクルマに装着されている衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)ですが、この新型フィット4(Fit4)では、車両だけではなく、歩行者、自転車も検知。

衝突する危険があると判断した場合、警告音とマルチインフォメーションディスプレイでの表示で注意を喚起します。また、衝突が避けられないと自動車側が判断した場合、強いブレーキをかけて、衝突の回避&被害の軽減を図ります。

そんな新型モデルの自動ブレーキですが、さらに嬉しい機能を追加。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、交差点を右折する時に迫ってくる対向車も検知&衝突回避できる機能が加わり、先代モデルよりも安全性の高いクルマに仕上がっていました。

誤発進抑制機能&後方誤発進抑制機能

誤発進抑制機能とは、壁やコンビニなどの店舗などの障害物が近くにある状態での急発進を防ぐ機能です。

この新型モデルでは、クルマの前後にある壁などの障害物を検知しているのにも関わらず、アクセルペダルを必要以上に踏み込んだ時、エンジンなどの出力を抑制して、急発進&障害物への衝突を防ぎます。

ちなみに、先代モデルでも誤発進抑制機能は備わっていたのですが、前方のみで後方には、対応をしていませんでした。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、前方だけではなく、後方への急発進にも対応することができるようになりました。

近距離衝突軽減ブレーキ

近距離衝突軽減ブレーキとは、低速度(時速約2~10km/h)で走行中、障害物に衝突する恐れがある場合、警告を発するとともにブレーキを作動させて、衝突の回避&被害の図る機能です。

スーパーマーケットなどでの駐車場など、バックや駐車をする際の事故を防ぐのに役立つ機能になっていました。

歩行者事故低減ステアリング

歩行者事故低減ステアリングとは、路肩を歩いている歩行者と衝突する危険が判断した場合、警告音とマルチインフォメーションディスプレイで注意を喚起する機能です。

また、歩行者を避けるためのステアリングの操作をサポートして、衝突事故を未然に防いでくれます。

ちなみに、この歩行者事故低減ステアリングでは、時速約10km~40km/hで走行中に作動するようになっているため、街中での運転の時に最適ですよ。

路外逸脱抑制機能

今回、フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、フロントガラスに備わっている単眼カメラが車線や草、砂利などの道路の境目を検知しており、はみ出しそうになると、マルチインフォメーションディスプレイの表示とハンドルの振動で注意を喚起してくれます。

また、車線から逸脱しそうになると、車線内に戻るようにステアリン操作を制御してくれれます。

先代モデルに搭載されていた路外逸脱抑制機能は時速60km/h以上で作動するようになっていたのですが、今回フルモデルチェンジでは、時速約30km/h以上から作動するようになり、作動範囲が広がったのも注目ポイントの一つですよ。

アダプティブクルーズコントロール

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、先行車に速度に合わせて自車のスピードを調整してくれる追従タイプのクルーズコントロールが標準装備されています。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、停車まで対応するなど、先代モデルよりも格段に機能が進化しているのも注目ポイントの一つですよ。

車線維持支援システム(LKAS)

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、車線の中央を走行するようにステアリング操作をサポートしてくれる”車線維持支援システム機能(LKAS)”が標準装備されています。

そのため、この新型モデルでは、車線から外れそうになると、マルチインフォメーションディスプレイとステアリングの振動で注意を喚起します。

また、この新型モデルでは、フロントガラスに備わっている単眼カメラの性能が良くなったこともあり、カーブを曲がっている時の中央維持も先代モデルよりも滑らかになっていました。

先行車発進お知らせ機能

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、先行車発進お知らせ機能が用意されており、信号が青に変わった時、先行車が発進したにも関わらず自車が停車していた場合、マルチインフォメーションディスプレイとブザーで注意を喚起してくれます。

信号待ちをしている時、ふと気を抜いてしまう時ってありますよね。

この先行車お知らせ機能は、このような時に役に立つ機能なのかなと思いました。

標識認識機能

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、フロントガラスに備わっている単眼カメラが標識を認識すると、マルチインフォメーションディスプレイに表示して、表示機の見落としを防いでくれます。

また、この新型モデルのメーターは、表示項目を必要最小限に抑えたスッキリとしたデザインになっていることもあり、マルチインフォメーションディスプレイに表示された標識の視認性も良いように感じました。

■新型フィット4の標識認識機能

ちなみに、この新型モデルの標識認識機能では、次の4つの標識を検知して、マルチインフォメーションディスプレイに表示してくれますよ。

■新型フィット4が検知できる標識

・最高速度
・はみだし通行禁止
・一時停止
・車両進入禁止

オートハイビーム

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、対向車や周囲の明るさを検知して、自動的にハイビームとロービームを切り替えてくれます。

また、この新型モデルのヘッドライトには、日中の安全性を高めてくれるデイライトが備わっているのも注目ポイントの一つですよ。

新型フィット4の安全性をさらに高めるオプションとは?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)は、このように安全装備が充実しています。

ただ、オプションで用意されているアイテムを装着すると、さらに安全性を高めることができます。

■オプションで用意されている新型フィット4の安全装備

・アドバンスドルームミラー
・フロントカメラシステム
・リアカメラ de あんしんプラス2(ダブルビュー)

オプションで用意されている各アイテムは、どのような機能なのでしょうか?また、オプション価格は、いくらなのでしょうか?

オプションとして用意されている新型フィット4(Fit4)の各安全装備システムの魅力や特徴を、包み隠さず紹介したいと思います。

アドバンスドルームミラー

今回、オプションでアップグレードすることができる新型フィット4(Fit4)のアイテムの一つが、ルームミラーです。

この新型モデルでは、オプションでオーソドックスなルームミラーを、車両後方に設置されているカメラの映像を表示する”カメラモード”を備えた”アドバンスドルームミラー”に変更することができるようになっています。

■新型フィット4のアドバンスドルームミラー

オプション価格:\74,800 + 工賃

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)はリヤガラスも大きく、コンパクトカーの中では比較的視認性は良い方だと思います。

ただ、やはり後部座席に乗車する人がいると、後方に視界が遮られてしまうんですよね。

オプションとして用意されているアドバンスドルームミラーは、このような欠点&アイテムを解消するとても良いアイテムだと思いました。

フロントカメラシステム

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)にオプションで用意されている”フロントカメラ”は、前方の視界をサポートしてくれるアイテムです。

この新型モデルは、スッキリとした前方の視界は魅力の一つなのですが、ボンネットが長いこともあり、死角がないわけではないんですよね。

そんな新型モデルの前方の視界をサポートしてくれるのが、フロントグリルに備わったカメラの映像をナビの画面に映し出してくれる”フロントカメラシステム”です。

■新型フィット4のフロントカメラシステム

オプション価格:\36,850 ~ \37,950 + 工賃

この新型モデルに用意されているフロントカメラシステムでは、目視ではカバーできない範囲をカメラ映像がカバーをしてくれます。

なので、ブロック塀などで囲まれてた見通しの悪い交差点でも、急に飛び出してくるクルマや歩行者に怖い思いをすることなく安心して運転する事ができますよ。

リアカメラ de あんしんプラス2(ダブルビュー)

また、オプションの”リアカメラ de あんしんプラス2(ダブルビュー)”を装着することによって、新型フィット4(Fit4)の後方の視界の安全性を高めることができます。

■リアカメラ de あんしんプラス2に含まれる機能

・後退駐車サポート
・後退出庫サポート
・後方視界サポート
・車線キープサポート

例えば、”リアカメラ de あんしんプラス2(ダブルビュー)”を装着すると、高速道路で車線変更をする際、斜め後方から接近をしてくれるクルマを検知して教えてくれる”後方視界サポート”が備わります。

■新型フィット4のリアカメラ de あんしんプラス2

オプション価格:\26,400 + 工賃

また、スーパーマーケットやショッピングモールの駐車場からバックで出庫する際、目視では確認することが難しい左右後方から接近してくるクルマや歩行者を検知してお知らせしてくれる”後退出庫サポート”なども備わります。

高速道路での車線変更やバックでの出庫に不安のある方は、後方の安全性を高めてくれる”リアカメラ de あんしんプラス2(ダブルビュー)”は、とても良いアイテムなのかなと思いました。

まとめ:クラストップの安全装備を備えている新型フィット4

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、このような安全装備システムが用意されていました。

この新型モデルでは、停車まで対応するクルーズコントロールが備わるなど、競合車・ライバル車にはない嬉しい機能が…。

また、この新型モデルでは、オプションで”アドバンスドルームミラー”や”リアカメラ de あんしんプラス2(ダブルビュー)”などを用意しており、安全面を強化することができるのも魅力の一つです。

先代モデルよりも大幅に進化を遂げた安全装備を備えている新型フィット4(Fit4)は、誰が乗っても満足できる安全性を備えているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする