他グレードと全然違う!新型フィット4 リュクスの内装の専用装備を徹底解剖

コンパクトカーとは思えないゆとりと高級感が魅力の新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”ですが、他のグレードでは用意されていない様々な専用装備を内装・インテリアに備えているのも魅力の一つです。

また、”リュクス(LUXE)”では、他のグレードには用意されていない専用のオプションも…。

そんな最上位モデル”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアには、どのような専用装備・アイテムを備えていたのでしょうか?また、この”リュクス(LUXE)”では、どのような専用オプションを用意していたのでしょうか?

新型フィット/フィット4の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”のみに用意されている内装・インテリアのアイテム&装備を、紹介したいと思います。

ちなみに、2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの最上位”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアの特徴や注目ポイントは、下記の記事でまとめています。

こちらの記事を読んでからの方が、”リュクス(LUXE)”の理解がもっと深まると思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 リュクスの内装のみに用意されている専用装備&アイテムとは?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアでは、本革のシートを唯一採用するなど、高級感あふれるデザインになっています。

ただ、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のみ次のような専用装備&アイテムを備えていました。

シートヒーター【専用アイテム1】

新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”のみに用意されている専用装備&アイテムの一つが、真冬の寒い日の運転の時に重宝をするシートヒーターです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルではハイブリッド車/ガソリン車それぞれ5つのグレードをラインナップしていますが、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のみシートヒーターを標準装備しています。

また、この新型モデルでは、シートヒータースイッチをダッシュボードの中央、エアコン/ヒーターの温度や風量を調整するコントロールパネルの左右に備えていることもあり、ダッシュボードのデザインにも若干の違いがありました。

■リュクスのエアコンパネル

■クロスターのエアコンパネル

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、シートヒーターはオプション設定になっていないため、”リュクス(LUXE)”以外のグレードに装着することができないのでご注意くださいね。

ステアリングヒーター【専用アイテム2】

また、4WD車のみなのですが、”シートヒーター”と同様に真冬の寒い日の運転に重宝をするアイテム”ステアリングヒーター”も、新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”のみに用意されている専用装備です。

コンパクトカークラスでステアリングヒーターが用意されているのは、ちょっと嬉しいですよね。

最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、ハンドル・ステアリングホイールの右下にステアリングヒーターのスイッチが用意されており、スイッチを押すと、ハンドルのグリップ部分がじんわりと温かくなっていました。

■リュクスのステアリングヒータースイッチ

ちなみに、真冬の寒い日に重宝をする”ステアリングヒーター”は、”リュクス(LUXE)”の4WD車のみ標準装備されています。

ただ、”リュクス(LUXE)”のFF車でもメーカーオプションで、”ステアリングヒーター”を装着することができますよ。

シートバックポケット【専用装備3】

フロントシートの裏側に備わるシートバックポケットも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”のみの専用装備となっています。

クロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”やアクティブ仕様の”ネス(NESS)”、中間モデルの”ホーム(HOME)”でもシートバックポケットは用意されています。

■ネスのシートバックポケット

ただ、”リュクス(LUXE)”以外のグレードでは、助手席側にしかシートバックは用意されておらず、運転席側にはシートバックポケットは用意されていなかったんですよね。

■ネスの運転席側のシートバック

しかし、新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、助手席側だけではなく、運転席側にもシートバックポケットを用意。

■リュクスの運転席側のシートバックポケット

また、シートバックポケットのデザインにも違いが…。

クロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”やアクティブ仕様の”ネス(NESS)”、中間モデルの”ホーム(HOME)”などでは、シートバックの上段にスマホやiPhoneを収納するための小型ポケットが用意されていました。

■ネスのシートバック小型ポケット

一方、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、シートの表皮に本革を採用しているためか、スマホやiPhoneを収納するための小型ポケットは、シートバックの下部に…。

■リュクスのシートバックポケット

そのため、シートバックポケットの使い勝手やアイテムの収納のしやすさに若干の違いが…。

ちなみに個人的には、”クロスター(CROSSTAR)”や”ネス”、”ホーム(HOME)”などの方が収納したスマホやiPhoneが取り出しやすいため、使い勝手は良いように感じました。

新型フィット4 リュクスのみに用意されている内装オプションとは?

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のみに用意されているオプションもありました。

そんな”リュクス(LUXE)”の内装のみに装着することができるオプションを紹介したいと思います。

センターコンソールボックス

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアのみに装着することができるアイテムの一つが、”アームレスト付きのセンターコンソールボックス”です。

この新型モデルの運転席と助手席の間には、細長いトレー(=テーブルトレイ)が標準装備されていましたが、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のみ、このテーブルトレイに”アームレスト付きのセンターコンソールボックス”を装着することができます。

■リュクスのセンターコンソールボックス

オートバックスやイエローハットでも、このようなセンターコンソールボックスは売っていますが、純正のセンタコンソールボックスは後付け感が無くて良いですね。

また、アームレストとしても使用することができるセンターコンソールボックスの蓋(リッド)は、前後にスライドすることができるため、使い勝手も抜群です。

このように使い勝手の良いセンターコンソールボックスをメーカーオプションで装着することができるのも、新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の魅了&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:リュクスは見た目のデザインだけではなく、機能や装備も充実

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”は、このような専用装備&アイテムを内装・インテリアに用意していました。

“リュクス(LUXE)”と言えば、本革を使った高級感・上質感のある内装・インテリアが魅力の一つですが、シートヒーターやステアリングヒーターなど、機能や装備も充実。

新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”は、快適なドライブを楽しみたい人にもピッタリなモデルになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする