新型フィット4の荷室サイズは広い!?奥行き/高さ/横幅を計測してみた

2020年2月にフルモデルチェンジをしてホンダからデビューを果たした新型フィット/フィット4の魅力の一つは、広くて使い勝手の良い荷室&ラゲッジスペースです。

私も先日、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認することができたのですが、とにかく広い!このクルマのラゲッジの広さは、コンパクトカーレベルではありませんでした。

そんな新型フィット/フィット4の荷室・ラゲッジスペースの広さ・寸法は、どれくらいだったのでしょうか?また、後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、どれくらい広くなるのでしょうか?

2020年2月にホンダから新発売された最新モデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してきたので、通常時と後部座席を収納時に分けて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

後部座席を使用時の新型フィット4の荷室サイズ

後部座席を使用した際(通常時)の新型フィット/フィット4の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の荷室・ラゲッジスペース

コンパクトカーによっては、テールゲートを開けた瞬間、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが狭くてガッカリとしてしまうクルマもあるのですが、この新型モデルでは、テールゲートを開けると、予想以上に広い荷室空間が目の前に広がります。

荷室開口部も広く、一目見た瞬間に「たくさんの荷物・アイテムを積み込むことができそう!」と感じる使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースになっていました。

そんな新型フィット/フィット4の後部座席を使用した状態での荷室の寸法を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型フィット4の通常時の荷室サイズ

荷室長 約650mm
荷室幅 約1,000mm
荷室高 約840mm

※荷室幅は最小部分で計測

新型フィット4の荷室が競合車よりも優れているところとは?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4はこのような荷室サイズとなっていましたが、競合車・ライバル車よりも特に優れていると感じたのは、荷室の高さです。

今回新発売をしたこの新型モデルは、荷室の奥行き&横幅も競合車・ライバル車よりも広くなっているのですが、実はそれ程大きな差はありません。

ただ、荷室の高さに関しては、新型フィット/フィット4と競合車・ライバル車では大きな差が…。

■新型フィット4と競合車の荷室サイズ比較

荷室長 荷室幅 荷室高
フィット4 約650mm 約1,000mm 約840mm
ヤリス 約610mm 約810mm 約990mm
ノート e-POWER 約630mm 約950mm 約730mm

ホンダの新型フィット/フィット4の荷室の高さは、日産から発売されている人気コンパクトカー”ノート e-POWER”よりも10cm以上も高い結果に…。

■新型フィット4の荷室

■新型ノートe-POWERの荷室

10cmの差と言うのは、かなり大きいですよね。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、荷室開口部が傾斜しておらず、背の高い荷物もしっかりと収納できるようになっているのも、荷室が広いと感じる理由の一つなのかなと思いました。

後部座席を収納時の新型フィット4の荷室サイズ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4は、先代モデルと同様に後部座席まわりの居住スペースも広くなっています。

■新型フィット4の後部座席まわりの居住空間

なので、後部座席の背もたれを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さも、競合車よ・ライバル車よりも広いです。

実際にこの新型モデルの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■後部座席を収納した時の新型フィット4の荷室

かなり広いですよね。

そんな新型モデルの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型フィット4の通常時の荷室サイズ

荷室長 約1,520mm
荷室幅 約1,000mm
荷室高 約840mm

※荷室幅は最小部分で計測

後部座席を使用した状態での荷室・ラゲッジスペースの奥行きが約650mmだったので、後部座席を収納すると、奥行きが約2.5倍に…。

後部座席の背もたれを収納する操作も簡単ですし、ゴルフバックや家具家電など、大きい荷物&アイテムを収納する時には、重宝をする荷室アレンジになっていました。

意外!後部座席を収納した時の荷室の奥行きは競合車よりも狭い

後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが一気に広くなる新型フィット4(FIT4)ですが、実はこの荷室アレンジをした時の荷室の広さは、競合車・ライバル車よりも少し劣っているんですよね。

■後部座席収納時の荷室の奥行き比較

奥行き
フィット4 約1,520mm
ヤリス 約1,430mm
ノートe-POWER 1,600mm

ただ、これは、荷室開口部から後部座席のシートバックの上端部でを計測したからです。

荷室開口部からフロントシートのシートバックまでの広さを計測してみると、後部座席まわりの居住性に定評があるホンダの新発売をした新型フィット/フィット4の方がひと回り大きくなっています。

なので、実際にこの新型モデルと競合車・ライバル車をの後部座席を収納した時の荷室を見比べてみると、新型フィット/フィット4の方が使い勝手が良いように感じますよ。

まとめ:新型フィット4の荷室は数値以上に使い勝手が良い!

2020年2月にフルモデルチェンジをしてホンダからデビューを果たした人気コンパクトカー”新型フィット/フィット4″の荷室サイズを確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、ご覧の通り、コンパクトカーの中でトップクラスの広さを誇っています。

ただ、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの本当の魅力は、使い勝手の良さです。

この新型モデルはの荷室・ラゲッジスペースは、アレンジのバリエーションが豊富で、乗車人数や使用状況に応じて、色々と荷室の形を変更できるのが好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする