新型フィット/フィット4の荷室【アレンジや使い勝手を実車画像で徹底解剖】

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たしたホンダの新型フィット/フィット4の魅力&メリットの一つが、広くて使い勝手に優れた荷室&ラゲッジスペースです。

コンパクトカーの中には、奥行きが狭く、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが狭いクルマもあるのですが、この新型モデルの荷室は、コンパクトカーとは思えない広さに…。

また、荷室のアレンジも豊富で、使い勝手に優れたデザインになっていました。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような荷室のアレンジを用意していたのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした新型フィット/フィット4の荷室・ラゲッジスペースに用意されている機能やアレンジ、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット/フィット4のハイブリッド車の荷室開口部からスゴイ!

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型フィット/フィット4の荷室・ラゲッジスペースを確認して一番初めに驚いたことが、テールゲートを開けた時の開口部の広さです。

日産から発売されているノートe-POWERなど、競合車・ライバル車の多くは、荷室・ラゲッジスペースの開口部が四角くなっているケースが多いんですよね。

■ノートe-POWERの荷室開口部

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の荷室・ラゲッジスペースの開口部は楕円形のような形を採用しており、競合車・ライバル車よりもひと回り大きいサイズに…。

■新型フィット4の荷室開口部
グレード:クロスター ハイブリッド

ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんの話によると、この新型モデルの一番広い部分の荷室開口部は1,080mmとなっており、競合車・ライバル車の中で一番広くなっているとのこと。

横幅の広い物もラクラク積み込みできる広い荷室開口部を備えているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

背の高い荷物も積みやすい形状に…

また、最近は見た目のデザイン性を重要視しているためか、テールゲートの開口部が斜めになっているクルマも多いです。

このような形をしているクルマは、背の高い荷物を積み込む際に苦労をするのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の荷室開口部は傾斜しておらず、ほぼ垂直をキープ。

■新型フィット4の荷室開口部

背の高い荷物・アイテムを積み込みやすい荷室・ラゲッジスペースになっているのも、この新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

新型フィット/フィット4の荷室はアレンジが豊富!使い勝手&装備をチェック

このように広くて荷物が積み込みやすい荷室開口部になっている新型フィット/フィット4ですが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、どうだったのでしょか?

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の荷室

 

一目見ただけで、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さが伝わってきますね。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの荷室容量はハイブリッド車で330リットル(※後部座席使用時)となっており、コンパクトカークラスでトップクラスの広さに…。

荷室・ラゲッジスペースの前方、後部座席の背もたれ付近に若干の段差ができてしまっているのが少々残念でしたが、後部座席を使用した状態でも、たくさんの荷物・アイテムを積み込める広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースとなっていました。

使い勝手の良いアイテムを多数用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4の荷室・ラゲッジスペースには、便利なアイテムが多数用意されています。

例えば、ラゲッジランプ。

この新型モデルでは、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”を除いて、夜間に荷室に積み込んだ荷物を探すのに便利なラゲッジランプを標準装備しています。

また、小さいアイテムを積み込むのに便利なコンビニフックも荷室・ラゲッジスペースに用意。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースには小型ポケットが用意されていなかったのが少々残念でしたが、このように使い勝手が良くなるよう機能や装備が充実しているのも好印象でした。

荷室アレンジのバリエーションも豊富

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4は、荷室&ラゲッジスペースのアレンジのバリエーションも豊富です。

この新型モデルの後部座席の左右の肩口には、背もたれを収納するためのレバーが用意されており、左右別々に後部座席の背もたれを収納して、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くすることができます。

■後部座席を収納するためのレバー

この新型モデルは荷室・ラゲッジスペースの奥行きが広いため、後部座席の背もたれを収納するためのレバーが荷室側からは少し遠く、操作をする際には、体を大きく乗り出さないといけませんが、実際に後部座席の背もたれを収納してみると、荷室はこのような感じに…。

■後部座席を収納した時の新型フィット4の荷室

後部座席を収納した時の荷室フロアがフルフラットではなく、若干の傾斜ができてしまうのが少々残念でしたが、この荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さはかなり魅力的!

助手席の背もたれを最大限までリクライニングすると、サーフボードなどの長尺物も積み込めちゃいそうです。

また、この新型モデルでは、先代モデルと同様に後部座席の座面を跳ね上げて、後部座席の足元スペースを荷室として使用をするチップアップ機能も用意しています。

荷物の量や大きさ、後部座席の使用状況に応じて変更することができる荷室・ラゲッジスペースのアレンジのバリエーションの多さは、他のコンパクトカーにはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:新型フィット4の荷室はコンパクトカーのレベルを遥かに凌駕!

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

先代モデルよりも広くなった荷室開口部やアレンジの多さなど、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースには、競合車・ライバル車にはない様々な魅力が…。

ディーラーさんによると、この広い荷室・ラゲッジスペースが気に入って、新型フィット/フィット4を選ぶお客さんも大勢いるそうです。

ただ、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを実際にみてみると、このようなお客さんが大勢いるのも納得できます。

コンパクトカーはどのメーカーもチカラを入れているため、魅力的なクルマが多いですが、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手にこだわるのなら、やはり新型フィット/新型フィット4一択になるのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする