外装はココが違う!新型ノートe-POWERのXグレードとSグレードを比較

2020年12月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、3つのグレードをラインナップしていますが、最上位モデルに位置をする”Xグレード”が圧倒的な人気となっています。

そんな新型モデルの最上位に位置をする”Xグレード”と中間モデルの”Sグレード”の外装・エクステリアを比較すると、備わっている機能や装備に様々な差が…。

フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのXグレードとSグレードの外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの外装・エクステリアは、どのような違いがあったのか?

新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”の外装・エクステリアの機能&装備の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのXグレードとFグレードの外装をチェック

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデルの”Sグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■Xグレードの外装・エステリア

■Sグレードの外装・エクステリア

XグレードとSグレードで見た目に大差なし

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型フィット4(FIT4)はグレードによって、ボディサイズやフロントマスクのデザイン違いがありました。

そのため、一目見ただけで、どのグレードが見分けることができるようになっていました。

しかし、今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、Xグレード/Fグレードはどちらもハロゲンのヘッドライトを標準装備するなど、フロントマスクや後ろ姿に大きな差はありませんでした。

■Xグレードのフロントマスク

■Xグレードの後ろ姿

そのため、街中で走っている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)をパッと見ただけで、XグレードとFグレードを見分けることは、少し難しいのかなと思いました。

新型ノートe-POWERの外装【XグレードとFグレードの装備の違いとは?】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のXグレードとSグレードの外装・エクステリアは、パッと見ただけでは違いがわからないくらい似たようなデザインになっています。

ただ、この2台のモデルの外装・エクステリアに備わっているパーツの細かい機能や装備を見比べてみると、様々な違いがありました。

この新型モデルのXグレード/Sグレードの外装・エクステリアには、どのような違いがあったのでしょうか?実車画像を使って、この2台のモデルの違いを紹介したいと思います。

フロントガラスの性能【XとSグレードの外装の違い1】

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”の外装・エクステリアの違いの一つが、フロントガラスの機能&性能です。

最上位モデルに位置をする”Xグレード”では、紫外線からお肌を守ってくれるだけではなく、ジリジリとした車内の暑さ生む赤外線を防いでくれる”IRカット”&スーパーUVカット断熱グリーンガラス”をフロントガラスに標準装備していました。

一方、中間モデルの”Sグレード”のフロントガラスは、赤外線をカットする機能はなく、紫外線をカットするのみの”スーパーUVカットガラス”を標準装備。

真夏の車内の快適性&居心地の良さを考えるのなら、紫外線だけではなく、赤外線をカットする”IRカット”&スーパーUVカット断熱グリーンガラス”を搭載しているXグレードの方が良いのかなと思いました。

ちなみに、紫外線のみをカットする”スーパーUVカットガラス”を標準装備している新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のFグレードですが、メーカーオプションで赤外線もカットしてくれる”IRカット”&スーパーUVカット断熱グリーンガラス”にアップグレードすることができますよ。

サイドミラー【XとSグレードの外装の違い2】

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデルの”Sグレード”では、サイドミラーの機能&使い勝手も異なります。

最上位モデルに位置をする”Xグレード”では、サイドターンランプ付きの電動格納式のリモコンカラードドアミラーが標準装備されていました。

■Xグレードのサイドターンランプ付きのサイドミラー

一方、中間モデルの”Sグレード”では、サイドターンランプが備わっていないシンプルな電動格納式のリモコンカラードドアミラーを標準装備。

また、ドアロックに連動して、自動的にサイドミラーが収納されるドアロック連動格納機能が備わっているのも、最上位モデルの”Xグレード”のみです。

ちなみに、中間モデルの”Sグレード”は、メーカーオプションでサイドターンランプ付きのサイドミラーに変更することができますが、”ドアロック連動格納機能”を装着することができません。

ドアロック連動格納機能が備わっていないと、スーパーマーケットなどで駐車した時、毎回、ドア内側パネルに備わったスイッチを使ってサイドミラーを収納しないといけないんですよね。

このサイドミラーを収納する煩わしさから解放されるのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の上位モデル”Xグレード”の良いところの一つなのかなと思いました。

アンテナ【XとSグレードの外装の違い3】

また、ルーフに備わっているアンテナも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”では、違いがありました。

最上位モデルの”Xグレード”では、最近トレンドのシャークフィンアンテナを標準装備していたのに対し、中間モデルの”Sグレード”では、オーソドックスなスティック上のアンテナを採用。

やはりシャークフィンアンテナを標準装備している上位モデルの”Xグレード”の方が高級感&上質感がありました。

タイヤ&ホイール【XとFグレードの外装の違い4】

また、2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールです。

どちらのモデルも、ガンメタリック塗装を施したアルミホイールを標準装備しているに違いはありません。

■Xグレードのタイヤ&ホイール

■Sグレードのタイヤ&ホイール

しかし、最上位モデルの”Xグレード”は、スポークに深いスリットが入ったスタイリッシュなデザインに…。

また、最上位に位置をする”Xグレード”は、中間モデルの”Sグレード”よりもひと回り大きい16インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備しており、迫力のあるサイドスタイルを演出しています。

ここらへんも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の”Xグレード”と”Fグレード”の大きな違いの一つなのかなと思いました。

まとめ:装備の性能に差がある新型ノートe-POWERのXグレードとSグレード

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”の外装・エクステリアの基本的な部分は、同じデザインになっていました。

ただ、タイヤ&ホイール、サイドミラーなどの機能&性能に大きな差が…。

■XグレードとSグレードの外装の違い

・フロントガラスの性能
・サイドミラーのデザイン&使い勝手
・アンテナのデザイン
・タイヤ&ホイールのデザイン&サイズ

見た目に大きな差はないこの2台のモデルですが、快適性&使い勝手の良さを求めるのなら、”IRカット”&スーパーUVカット断熱グリーンガラス”やドアロック連動格納機能付きのサイドミラーを標準装備している”Xグレード”の方が良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02