新型Nバン+スタイル ファンの外装【3つの特徴を実車画像を使って徹底解剖】

ホンダの人気軽自動車”Nシリーズ”に新たな仲間新型N-VAN(Nバン)が、2018年7月に加わりました。

今回新発売された新型モデルは、個性的な3つのスタイルを用意していますが、その中で特に親しみやすい顔つきになっているのが、”+スタイル ファン(Style Fan)”です。

そんな新型Nバン(N-VAN)の”+スタイル ファン(Style Fan)”には、他のモデルには無い魅力&メリットが…。

今回新発売された新型N-VAN +Style FUN(Nバン スタイルファン)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴があったのでしょうか?

2018年7月にデビューをしたこの新型軽バンの特徴&魅力を徹底的にレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバン +スタイル ファンの外装は、どんなデザイン?

2018年7月に新たにデビューをした新型Nバン(N-VAN)の上級モデル”+スタイル ファン(Style Fan)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型Nバン +スタイル ファンの外装・エクステリア

クリクリっとしたドーナツ状のヘッドライトなど、パッと見た感じでは、ベースとなっているN-BOX(Nボックス)の標準モデルにそっくりなデザインに…。

ちなみに、こちらがそのホンダの新型N-BOXの標準モデルのデザインです。

■新型N-BOX 標準モデルの外装・エクステリア

ヘッドライトのデザインを含めて、やはりかなり似ていますよね。

ただ、細長くなったリヤコンビネーションランプなど、ベースとなっているN-BOX(Nボックス)との違いも…。また、新型Nバン(N-VAN)の方がボディサイズが大きいため、見た目の迫力、存在感にも違いがあるように感じました。

また、この”+スタイル ファン(Style Fan)”も他のモデルと同様に、ホンダ初となるセンターピラーレスを採用。助手席側のフロントドアとスライドドアを開けると、こんなに広い開口部が登場します。

■センターピラーレスを採用した新型Nバンの大開口部

この広い助手席側の開口部は、大きい荷物を出し入れするだけではなく、小さいお子さんがいるご家庭でも重宝するのかなと思いました。

このようなデザインになっている”+スタイル ファン(Style Fan)”の外装・エクステリアですが、他のグレードとは異なる次のような魅力&特徴がありました。

魅力1:+スタイル ファンはハイルーフ仕様に…

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の上位モデルの”+スタイル”は、カジュアルなデザインが特徴の”ファン”とスタイリッシュなデザインが魅力の”クール”の2種類を用意しています。

見た目のデザイン性が魅力の”クール”全高が130mm低いロールーフ仕様になっているのに対し、この”+スタイル ファン(Style Fan)”は、全高が高いハイルーフ仕様に…。

なので、荷室開口部の大きさは、”クール(Cool)”よりも”ファン(Fan)”の方が一回り大きくなっています。

■新型Nバン +スタイル ファンの荷室開口部

また、助手席側のスライドドアの開口部の広さ・乗り降りのしやすさも”+スタイル ファン(Style Fan)”の方が良いです。

見た目のデザインの好みは人によって分かれるところですが、やはり使い勝手を考えると、ロールーフ仕様の”クール(Cool)”よりもハイルーフ仕様の”ファン(Fan)”の方が良いように感じました。

見た目のキュートさからは想像できないほどの積載量を備えているのは、この新型Nバン(N-VAN)の”+スタイル ファン(Style Fan)”の良いところなのかなと思いました。

魅力2:専用デザインのアルミホイールを採用

また、新型Nバン(N-VAN)の上位モデルの”+スタイル ファン(Style FAN)”は、他のモデルとは異なる専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■新型N-VAN +スタイル ファンのタイヤ&ホイール

ホイールの形状は、もう一つの”+スタイル”の”クール”と同じ形状になっているのですが、こちらは、ブラックのアクセントカラーを使った専用デザインに…。

この”+スタイル ファン(Style Fan)”は親しみやすいフレンドリーなデザインが魅力の一つですが、このホイールに施されたブラックのアクセントカラーが良いワンポイントになっているように感じました。

魅力3:3つのスタイルの中で唯一のLEDヘッドライト搭載モデル

また、新型Nバン(N-VAN)の”+スタイル ファン(Style Fan)”の外装・エクステリアの大きな特徴&魅力の一つがヘッドライトです。

■新型N-VAN +スタイル ファンのヘッドライト

このようにクリクリっとしたドーナツ状のヘッドライトになっているのが”+スタイル ファン”の特徴の一つなのですが、実は3つのスタイルの中で唯一LEDのヘッドライトが標準装備されています。

このLEDヘッドライトを実際に点灯してみると、このような感じに…。

かなりインパクトがありますよね。

スタイリッシュさでは、”クール”の方が上手ですが、先進的なデザインという事に関しては、この”ファン(FAN)”の方が良いのかなと思いました。また、夜間のドライブで目立つのも、この”+スタイル ファン(Style Fan)”の方なのかなと思いました。

2018年7月にデビューをしたホンダの新しいNシーリズ”新型Nバン(N-VAN)”の上位モデル”+スタイル ファン(Style Fan)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この”+スタイル ファン(Style Fan)”は、見た目のキュートさだけではなく、使い勝手の良さを兼ね備えたデザインに…。

ハイルーフ仕様になっているこの”+スタイル ファン(Style Fan)”は、普段使いだけではなく、車中泊をしたい人にもピッタリな一台なのかなと思いました。

>>> 標準モデルの魅力&メリットは?新型Nバンの外装インプレ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする