新型RAV4のコンセントって必要!?配置場所や個数などを徹底レビュー

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4は、コンセント(正式名称は、アクセサリーコンセント)をオプションで用意しています。

そんな新型モデルにオプションとして用意されているアクセサリーコンセントを注文すると、どこに設置されるのでしょうか?また、いくつ設置されるのでしょうか?

日本市場に帰ってきたミドルクラスSUV新型RAV4に用意されているアクセサリーコンセントの設置場所や個数などの使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

配置場所はどこ!?新型RAV4のアクセサリーコンセントの使い勝手レビュー

新型RAV4にメーカーオプションとして用意されているコンセント(アクセサリーコンセント)ですが、注文をすると、荷室・ラゲッジスペースの右側の壁面、アクセサリーソケットの隣に1つ設置されます。

■新型RAV4に用意されているアクセサリーコンセント

アクセサリーコンセントは荷室・ラゲッジスぺースのサイドウォールの高い位置に設置されているので、電化製品を使用する際のコンセントの抜き差しはしやすそうな感じが…。

また、このアクセサリーコンセントにはカバーが付いており、使用しない時はホコリや湿気から保護してくれるように工夫が施されているのも好印象でした。

ハイブリッド車とガソリン車では容量が違う

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、ハイブリッド車とガソリン車どちらもアクセサリーコンセントを装着するできますが、対応している容量(ワット数)に違いがあります。

■新型RAV4のアクセサリーコンセントの容量

ハイブリッド車…1500W(ワット)まで対応
ガソリン車      … 100W(ワット)まで対応

ハイブリッド車のアクセサリーコンセントは1500Wまで対応しているので、電子レンジやドライヤーなどの消費電力が多い電化製品も使用する事ができちゃいます。(商品によっては、使用できないものもありますが…。)

一方、ガソリン車に備わるアクセサリーコンセントが対応している消費電力は100Wとなっており、ハイブリッド車よりもかなり少なくなっています。なので、使用できる電子機器もかなり限られてしまうので、ご注意くださいね。

■電化製品の主な消費電力

Blu-rayプレーヤー・レコーダー 30W~40W
コンパクトデジタルカメラの充電 3W~4W
iPodの充電 5W
デスクトップパソコン 150W~300W
ノートパソコン 50W~120W
携帯電話やスマホの充電 15W
電子レンジ 1300W
オーブントースター 1200W~1350W
炊飯器 350W~1200W
ホットプレート 1300W
電気ポット 700W~1000W
アイロン 1200W~1400W
こたつ 600W~800W
扇風機 50W~60W
コーヒーメーカー 450W~650W
ドライヤー 600W~1200W
ヘアアイロン 150W~240W
ホットカーラー 45W~70W
電気シェーバー 10W

※詳細は各製品をご確認ください

ハイブリッドとガソリンではコンセントのオプション価格も違う

また、このように新型RAV4に用意されているコンセント(アクセサリーコンセント)は、ハイブリッド車とガソリン車で容量が異なるため、オプション価格にも違いがあります。

■新型RAV4のアクセサリーコンセントのオプション価格

ハイブリッド車(AC100V/1500W)…43,200円
ガソリン車(AC100V/100W)         … 8,640円

ハイブリッド車とガソリン車で供給できる電気の容量に違うこともありますが、思ったよりも価格差がありますね。

このオプション価格も念頭において、アクセサリーコンセントを装着するか検討した方が良いかもしれませんね。

新型RAV4にオプションで用意されているアクセサリーコンセントは必要?

このように荷室・ラゲッジスペースに装着される新型RAV4のアクセサリーコンセントですが、わざわざオプション代を支払ってまで装着する価値はあるのでしょうか?

私がこのクルマに用意されているアクセサリーコンセントを見た限り、無理して装着する必要はないのかなと思いました。

と言うのも、アクセサリーコンセントを装着しても、あまり使用する機会は無さそうなんですよね。

なぜなら、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、スマホやiPhone、タブレット端末を充電するのに便利な2.1アンペアまで対応しているUSBソケットを合計4つ、全グレードに標準装備しています。

■センターコンソール内のUSBソケット

■センターコンソール後方のUSBソケット

また、アクセサリーソケットも、センターコンソール前方と荷室・ラゲッジスペースにそれぞれ一つずつ用意されています。

■新型RAV4のアクセサリーソケット

これだけ給電システムが用意されていれば、十分ですよね。

なので、このクルマを街乗り・普段使い目的で購入する方は、無理してアクセサリーコンセントを装着する必要はないのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんに聞いた話によると、ハイブリッド車に用意されているアクセサリーコンセントには【非常時給電システム】が備わっている事もあり、イザと言う時の防災アイテムとして装着しておく方もいるそうです。

このような防災目的なら、装着してもいても良いかもしれませんね。

また、このクルマで車中泊を考えている方も、1500Wまで対応しているハイブリッド車のアクセサリーコンセントなら、装着する価値は十分にあるのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをしてトヨタから新発売されたミドルクラスSUV新型RAV4のコンセント(アクセサリーコンセント)の配置や使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

一見すると使い勝手が良さそうに感じるアクセサリーコンセントですが、USBポートやアクセサリーソケットが充実しているこのクルマでは、このアイテムが活躍する場面は、あまりないような感じが…。

個人的には、アクセサリーコンセントにお金をかけるのなら、他のオプションやアイテムを装着した方が良いと思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする