新型RAV4 アドベンチャーのオプション【ディーラーのおすすめを大公開】

トヨタから新発売された新型RAV4の最上位モデル”Adventure”は、GグレードやGZパッケージと比較すると、機能や装備が劣るのが欠点です。

ただ、このモデルに用意されているオプションを上手に活用すれば、この欠点やデメリットを解消でき、自分好みの一台に仕上げる事が可能です。

そんな新型モデルのアドベンチャー(Adventure)では、どのようなメーカーオプションを用意していたのでしょうか?また、数多く用意あれているオプションの中で、どのアイテムを装着すれば良いのでしょうか?

先日、このクルマを試乗した際、いつもお世話になっているディーラーさんに新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”のおすすめのオプションを聞いてきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 アドベンチャーに用意されているオプションとは?

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最上位モデルに位置をする”アドベンチャー(Adventure)”では、このようなメーカーオプションを用意しています。

■アドベンチャーに用意されているオプション

ハンズフリー機能付きパワーバックドア 75,600円
シートヒーター&シートベンチレーション(運転席&助手席)
本革巻きステアリングホイール&シフトノブ
ステアリングヒーター
79,920円
バックカメラ 27,000円
インテリジェントクリアランスソナー 28,080円
リヤクロストラフィックオートブレーキ
ブラインドスポットモニター
ドアミラー足元照明
66,960円
デジタルインナーミラー 43,200円
パノラマムーンルーフ 140,400円
アクセサリーコンセント 8,640円
寒冷地仕様 22,680円
おくだけ充電 12,960円
スペアタイヤ 10,800円

アドベンチャー(Adventure)では、おくだけ充電やアクセサリーコンセントなど他のグレードの用意されているアイテムだけではなく、シートヒーター&シートベンチレーションなどこのグレードならではのアイテムも用意。

また、ガソリン車のGZパッケージに標準装備されている”ハンズフリー機能付きパワーバックドア”を用意しているのも、このグレードのオプションの特徴の一つなのかなと思いました。

ディーラーさん一押しの新型RAV4 アドベンチャーのオプション

このように数多くのオプションを用意している新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”ですが、おすすめのアイテムを確認してみたところ、次のアイテムを紹介して頂きました。

安全装備に関係するアイテム

いつもお世話になっているディーラーさんが強くおすすめしたオプションの一つが、次の安全装備に関するアイテムです。

■ディーラーさんがおススメしたオプション

・バックカメラ
・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ&ブラインドスポットモニター

ディーラーさんがこれらのアイテムをおススメした理由の一つは、アドベンチャー(Adventure)の安全面の物足りなさです。

新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”では、GグレードやGZパッケージで標準装備されている”インテリジェントクリアランスソナー”や”リヤクロストラフィックオートブレーキ&ブラインドスポットモニター”が標準装備されていないんですよね。

■新型RAV4のブライドスポットモニター

ディーラーさん曰く、「アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故や、駐車場からバックで出庫している時の出会いがしらの事故を未然に防いでくれるこれらのアイテムは、装着した方が良いです。」との事。

また、車線変更をサポートしてくれる”ブライドスポットモニター”も備わっていると、高速道路での安心感が違います。

これらのアイテムを装着すると、オプション代だけで10万円以上かかりますが、イザという時の安全性を考えると、装着しておいた方が良いみたいですよ。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、新型RAV4の最上位モデルの”アドベンチャー(Adventure)”を注文していく方の多くは、オプション設定になっているこれらの安全装備を注文していくようですよ。

ちなみに、このクルマに用意あれている安全装備の詳細は、下記の記事にまとめています。このクルマの安全性について確認したい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

>>> トヨタ新型RAV4はどんな安全装備を用意!?性能&信頼度を徹底解剖

快適性を高めるシートヒーター&ベンチレーション機能

また、ディーラーさんが強くおすすめしていた新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー”のオプションの一つが、シートヒーター&ベンチレーション機能です。

ガソリン車の中間モデルのGグレードやGZパッケージでは、2段階から調節できるシートヒーターが標準装備されているのですが、最上位モデルのアドベンチャー(Adventure)では、なぜかシートヒーターが標準装備されていないんですよね。

しかし、このアドベンチャー(Adventure)では、メーカーオプションで3段階から調節できるシートヒーターが用意されています。

■アドベンチャーに用意されているシートヒータースイッチ

また、真夏の暑い日に背もたれやシートの座面から冷たい空気を送り出して快適性を高めるベンチレーション機能も一緒に装着されます。

しかも、これらのアイテムを装着すると、ハンドルやシフトレバーがシンプルなウレタン製から本革巻きに変更されるというメリットも…。

■本革巻きのハンドル&シフトレバーを備えたアドベンチャーの内装

ディーラーさん曰く、「快適性だけではなく、内装・インテリアの質感を高めるこのオプションは、ぜひとも装着してもらいたいアイテムの一つ」との事でした。

使用目的によってはおススメできる新型RAV4 アドベンチャーのオプション

また、荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込む方や荷室を頻繁に使用する方におすすめのオプションが、”ハンズフリー機能付きパワーバックドア”です。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこのクルマのアドベンチャー(Adventure)は、最上位モデルにも関わらず、荷室・ラゲッジスペースは、手動で開け閉めをするタイプになっているんですよね。

しかも、このクルマのテールゲートは、グリップの位置が高めの位置に設置されていることもあり、小柄な女性では、開け閉めがしにくくなっています。

このクルマの荷室の開け閉めのしにくさを解消するアイテムとして、アドベンチャー(Adventure)では、メーカーオプションで足の出し入れだけでテールゲートを開け閉めする事ができる”ハンズフリー機能付きのパワーバックドア”を用意しています。

■ハンズフリーパワーバックドアを備えたアドベンチャーの荷室

ディーラーさんによると、このハンズフリー機能付きのパワーバックドアのオプション価格は約7万5000円とちょっと高めなので、全ての方におススメはできないとの事。

ただ、荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込み方や、このクルマに乗って、キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーに行きたい方には、おススメのアイテムのとのことでした。

いつもお世話になっているディーラーさんに新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”のおすすめのオプションを聞いてみたところ、このようなアイテムを紹介して頂きました。

ディーラーもおすすめしていましたが、やはり安全性を高める”インテリジェントクリアランスソナー”や”リヤクロストラフィックオートブレーキ&ブラインドスポットモニター”の装着率は高いみたいです。

また、安全装備と比較すると装着散るは若干落ちるものの、アドベンチャー専用となっているシートヒーター&ベンチレーション機能の装着率もかなり高いようでした。

ちなみに、ディーラーさんは特におすすめをしていませんでしたが、私が欲しいと思ったオプションは、車内に明るさと解放感を与えてくれるサンルーフ(パノラマムーンルーフ)です。

このクルマの後部座席の居住性は、競合車よりも狭い事もあり、窮屈感を解消してくれるサンルーフは是非とも装着したいなと思いました。

>>> 新型RAV4のサンルーフ【車内の解放感&快適性を比較してみた】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする