新型RAV4の外装はグレードで全然違う【特徴や違いを実車画像で徹底比較】

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4は、大きく分けて4つのグレードを用意しています。

・Xグレード/ハイブリッドX
・Gグレード/ハイブリッドG
・GZパッケージ
・アドベンチャー(Adventure)

このように大きく分けて4つのグレードを用意しているこの新型モデルですが、グレードによって、外装・エクステリアのデザインに違いが…。

そんな新型RAV4の各グレードの外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、グレードによって、外装・エクステリアにどんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルの各グレードの外装・エクステリアの特徴や違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Xグレードの外装・エクステリアを実車画像でチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■Xグレードの外装・エクステリア
グレード:ハイブリッドX

他のモデルよりもシンプルな見た目に…

新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”の外装・エクステリアの特徴の一つは、他のモデルよりもシンプルな見た目になっているという事です。

例えば、フロントマスク。

このXグレード/ハイブリッドXのフロントグリルはシンプルなブラック塗装となり、また、前後のバンパーには、SUVらしさを演出するスキッドプレートが備わりません。

■Xグレードのフロントグリル

また、他のグレードとは異なり、アウトドアハンドルやバックドアガーニッシュもボディと同系色となっており、他のグレードよりもシンプルなスタイルになっていました。

■Xグレードのアウトドアハンドル

■Xグレードバックドアガーニッシュ

唯一17インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備

また、エントリーモデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”では、他のグレードよりもサイズが小さい17インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

■Xグレードのタイヤ&ホイール

また、最廉価モデルにありがちな鉄チン(スチールホイール)ではなくアルミホイールが標準装備されていましたが、塗装はオーソドックスなシルバー塗装に…。

なので、今回新発売された新型RAV4の魅力でもある見た目の力強さやスタイリッシュさは、他のグレードよりも見劣りするように感じました。

新型RAV4 Gグレードの外装・エクステリアを実車画像でチェック

中間モデルに位置をする新型RAV4のGグレード/ハイブリッドGの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの外装・エクステリア
グレード:ハイブリッドG

Gグレードは高級感のあるエクステリアに…

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、中間モデルのGグレード/ハイブリッドGになると、見た目の高級感・上質感がグッと増します。

その一つが、フロントグリルです。

最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXでは、光沢感のないシンプルなブラック塗装のフロントグリルを採用していましたが、この中間モデルのGグレード/ハイブリッドGでは、スタイリッシュさを演出するガンメタリック塗装を施したフロントグリルを標準装備。

■ガンメタリック塗装を施したGグレードのフロントグリル

そして、前後のバンパーには、シルバー塗装を施したスキッドプレートを標準装備しており、SUVらしいデザインに…。

また、メッキ加飾を施したアウトドアハンドルやシルバー塗装を施したバックドアガーニッシュを採用するなど、オシャレなデザインが魅力のアーバンスタイルSUVと呼ぶのに相応しいデザインになっていました。

スタイリッシュさを高めた18インチタイヤ&ホイールを標準装備

また、新型RAV4の中間モデルGグレードは、Xグレードよりも一回り大きい18インチサイズのタイヤ&アルミホイールを標準装備しています。

■Gグレードのタイヤ&ホイール

また、このGグレードのホイールには、スーパークロームメッキ加飾が施されており、最廉価モデルのXグレードよりもスタイリッシュな足回りになっていました。

新型RAV4 GZパッケージの外装・エクステリアを実車画像でチェック

新型RAV4のガソリン車の最上位に位置をする”GZパッケージ”のパッケージの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■GZパッケージの外装・エクステリア

基本的なパーツ・アイテムは、Gグレードと同じ

ガソリン車の最上位モデルに位置付けられている”GZパッケージ”ですが、基本的な外装・エクステリアのデザインは、ガソリン車のGグレードと同じになっています。

例えば、このGZパッケージでは、Gグレードと同じデザイン&カラーのフロントグリルとスキッドプレートを備えています。

■GZパッケージのフロントグリル

■GZパッケージのスキッドプレート

なので、正面からGグレードとGZパッケージを見ると、どちらのモデルか見分けがつきません。

また、サテンメッキ調のアウトドアハンドルやシルバー塗装が施されたバックドアガーニッシュを備えており、最上位モデルに相応しい高級感&上質感溢れるスタイルになっていました。

19インチサイズの専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備

そんな新型RAV4の最上位モデル”GZパッケージ”ですが、19インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備しており、Gグレードよりも一回り大きくなっています。

■GZパッケージのタイヤ&ホイール

また、このGZパッケージに備わっているアルミホイールは、Gグレードとは異なるスタイリッシュなデザインに…。他のグレードとは一味も二味も異なる洗練されたサイドスタイルとなっていました。

新型RAV4 アドベンチャーの外装・エクステリアを実車画像でチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中で一番人気が高いグレードになっているのが、オフロードっぽさを強調した無骨なデザインになっているアドベンチャー(Adventure)です。

■アドベンチャーの外装・エクステリア

オフロードスタイルを強調する専用パーツを多数用意

そんな新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)の外装・エクステリアには、他のグレードとはデザインが異なる専用アイテムを多数用意しています。

■アドベンジャー専用のフロントバンパー&スキッドプレート

■アドベンチャー専用のフロントグリル

■アドベンチャー専用のホイールアーチモール

そのおかげもあり、このアドベンチャー(Adventure)は、都会よりも自然の景色や海が似合うワイルドなスタイルに仕上がっていました。

タイヤ&ホイールもSUVらしいチカラ強さを感じるデザインに…

また、新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)は、タイヤ&ホイールも専用デザインとなっています。

■アドベンチャーのタイヤ&ホイール

GグレードやGZパッケージは、スーパークロームメッキ塗装を施したスタイリッシュなデザインのホイールとなっていましたが、ブラック塗装を施したアドベンチャーのホイールは、SUVらしいチカラ強さを感じるデザインに…。

このアドベンチャーに備わっているタイヤ&ホイール19インチとなっており、GZパッケージと同じサイズになっています。

ただ、アドベンチャー専用デザインの大型ホイールアーチモールのおかげもあり、このグレードのサイドスタイルは、他のグレードよりも迫力のあるデザインとなっていました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の各グレードの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルでは、グレードによって、フロントマスクやホイールのデザイン、タイヤサイズなどに違いが…。

特にオフロード色が強くなっているアドベンチャー(Adventure)と他のモデルでは、外装・エクステリアの雰囲気が大きく異なります。

なので、この新型モデルのグレード選びをする際は、外装・エクステリアのデザインの違いにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする