HVとガソリンで違う!?新型RAV4のダイヤル式ドライブモードセレクタを比較

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデルのセンターコンソールには、ドライブモードを切り替えるためのダイヤル式のセレクタが用意されています。

ただ、このクルマに用意されているダイヤル式のドライブモードセレクタのデザインや機能は、ハイブリッド車とガソリン車で異なります。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車のドライブモードセレクタは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ハイブリッド車とガソリン車で、どのような違いがあったのでしょうか?

ハイブリッド車とガソリン車の上位モデルに用意されているダイヤル式のドライブモードセレクターの違いを実車画像を使って、比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 ハイブリッドのダイヤル式ドライブモードセレクタをチェック

新型RAV4のハイブリッド車の上位モデル”ハイブリッドG”のセンターコンソールに用意されているダイヤル式のドライブモードセレクタは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車のダイヤル式ドライブモードセレクタ

ハイブリッドのドライブモードセレクタで、自分好みの走りに…

このようなデザインになっているダイヤル式のドライブモードセレクタですが、ハイブリッド車では、ダイヤルを操作する事によって、自分好みの走りにすることが可能です。

ダイヤルをつまんで右に回すと、アクセルレスポンスや加速性能をアップしてくれる”スポーツモード(スポーツモード)”に…。

■ハイブリッド車のスポーツモード

一方、ダイヤル式のドライブモードセレクタを反対側の左に回すと、燃費を最優先にする”エコモード(ECO MODE)”に…。

■ハイブリッド車のエコモード

そして、中央部分をプッシュすると、ノーマルモードに戻ります。

■ハイブリッド車のノーマルモード

高速道路を颯爽と走り抜け立ち時や山道をグイグイと登りたい時など、意外とドライブモードを切り替える機会って多いんですよね。

そんな時、視線をダイヤルに落とさずにドライブモードを切り替える事ができるダイヤル式のドライブモードセレクタは、重宝するのかなと思いました。

走行モードを切り替えると、ダイヤルのカラーに変化が…

また、新型RAV4のハイブリッド車では、ノーマルモードからスポーツモード(SPORT MODE)やエコモード(ECO MODE)に走行モードを切り替えると、ダイヤルのカラーが変化します。

こちらは、オーソドックスな走りを楽しめるノーマルモード時のダイヤルのカラーです。

■ノーマルモード時のダイヤルのカラー

そして、走行モードを”スポーツモード(SPORT MODE)”にした時のドライブモードセレクタのダイヤルです。

■スポーツモード時のダイヤルのカラー

スポーツモード(SPORT MODE)にすると、ドライブモードセレクタのカラーが赤に変化。

また、こちらは、ドライブモードセレクタを左に回して、エコモード(ECO MODE)にした時のダイヤルのカラーです。

■エコモード時のダイヤルのカラー

走行モードをエコモード(ECO MODE)にすると、ダイヤルは鮮やかなグリーンに…。

このように選択する走行モードによって、ダイヤルのカラーが変化するのも、このクルマに備わっているドライブモードセレクタの魅力の一つなのかなと思いました。

新型RAV4 ガソリン車のダイヤル式ドライブモードセレクタをチェック

一方、こちらは、新型RAV4のガソリン車の上位モデル(GZパッケージ/アドベンチャー)に備わってるダイヤル式のドライブモードセレクタです。

■ガソリン車のダイヤル式のドライブモードセレクタ

ガソリン車に用意されているダイヤルのデザインは、ハイブリッド車のものと全く同じになっています。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車では、ドライブモードセレクタに備わっている機能に若干の違いがありました。

ガソリン車のドライブモードセレクタは、オフロード時に使用

新型RAV4のハイブリッド車のドライブモードセレクタは、”スポーツモード”や”エコモード”など、ドライバーが求める走りやアクセルレスポンスを提供する機能となっていました。

一方、ガソリン車のドライブモードセレクタのダイヤルは、”ロック&ダート(ROCK&DIRT)”や”マッド&サンド(MUD&SAND)”など、路面状況やに応じた最適な走行モードを選択できる機能に…。

なので、ガソリン車の場合、ドライブモードセレクタと言う名前ではなく、マルチテレインセレクト(テレイン=地面/路面の意味)が正式名称となっています。

そんなガソリン車のドライブモードセレクタ(マルチテレインセレクト)ですが、ダイヤルを右側に回すと、タイヤが浮くようなデコボコ道を走破するのに最適な”ロック&ダートモード”に…。

■ガソリン車のロック&ダートモード

一方、ダイヤルを左側に回すと、後輪への駆動分配を最大化する”マッド&サンドモード”に…。

■ガソリン車のマッド&サンドモード

このように、ガソリン車に備わっているダイヤル式のドライブモードセレクタ(マルチテレインセレクト)は主にオフロード走行時に使用する機能なので、街中を運転している時は、使用する機会は滅多にないのかなと思いました。

ハイブリッド車と異なるカラーにダイヤルの色が変化

また、新型RAV4のガソリン車でも、走行モードをノーマルモードから”ロック&ダート(ROCK&DIRT)”や”マッド&サンド(MUD&SAND)”切り替えると、ダイヤルの色が変化します。

ただ、走行モードを切り替えた時のダイヤルの色の変化が、ガソリン車とハイブリッド車とは異なります。

こちらは、ガソリン車のノーマルモード時のドライブモードセレクタ(マルチテレインセレクト)のカラーです。

■ノーマルモード時のダイヤルのカラー

ガソリン車の場合、ノーマルモード時のダイヤルカラーは、ホワイトっぽいカラーに…。
そして、ドライブモードを”ロック&ダート(ROCK&DIRT)にすると、ダイヤルのカラーは、次のように変化します。

■ロック&ダートモード時のダイヤルのカラー

ロック&ダートモードにした時のダイヤルのカラーは、キレイなブルーに…。

一方、マッド&サンドモードにすると、ダイヤルは、砂をイメージしたようなイエローカラーに変化します。

■マッド&サンドモード時のダイヤルのカラー

このように走行モードを切り替えた時、ハイブリッド車とは異なるカラーに変化するのもガソリン車の注目ポイントの一つなのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車のガソリン車のダイヤル式のドライブモードセレクタを確認してみたところ、このようなデザインになっていました。

また、この2台のモデルのドライブモードセレクタを確認してみたところ、設定されている走行モードに違いが…。

なので、ガソリン車とハイブリッド車では、ドライブモードセレクタ/マルチテレインセレクトを使う場面やシチュエーションが全く異なるので、ご注意くださいね。

また、ハイブリッド車とガソリン車では、メーターのデザインや視認性に違いがあるのも注目ポイントの一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする