トヨタ新型RAV4はどんな安全装備を用意!?性能&信頼度を徹底解剖

2019年4月にデビューをしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4は、最新の予防安全システム”トヨタセーフティセンス”をはじめ様々な安全装備を用意しています。

そのため、イザという時にドライバーだけでなく、同乗者の身もしっかりと守ってくれるとても頼りになるクルマとなっていました。

そんな新型モデルでは、どのような安全装備を用意していたのでしょうか?また、このクルマに用意されている安全装備の使い勝手や性能、信頼度は、どうだったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4に用意されている安全装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4に標準装備されている安全装備をチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたミドルクラスSUV新型RAV4では、次の安全装備を、全グレード標準装備しています。

■新型RAV4に用意されている予防安全装備

・自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)
・レーントレーシングアシスト(LTA)
・レーダークルーズコントロール(全車車速追従機能付き)
・オートマチックハイビーム(AHB)
・ロードサインアシスト(RSA)
・先行車発進告知機能(TMN)
※車両接近通知機能が標準装備されているのは、ハイブリッド車のみです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、このような安全装備を用意していますが、名前だけ見ても、どのような機能なのかちょっとイメージが沸かないですよね。

そこで、このクルマに用意されている主な安全装備のそれぞれの特徴を、分かりやすく紹介したいと思います。

自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)

今や必須の機能となった”自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)”ですが、この新型モデルでは、フロントマスクに備わっている単眼カメラとフロントグリルに用意されているミリ波レーダーで前走車を検知するシステムを採用しています。

■フロントガラスに用意されている単眼カメラ

そんな新型モデルの自動ブレーキの魅力の一つは、検知できる対象物の多さです。

このクルマは、単眼カメラとミリ波レーダーという異なるシステムを使用して自車のクルマの周囲を検知している事もあり、自動車や歩行者だけではなく、自転車も検知してくれます。

また、カメラの認識率が高まったこともあり、目視では確認しにくい夜間の歩行者も検知し、イザという時には、自動ブレーキを掛けて衝突を回避、被害を軽減してくれます。

自動ブレーキが作動する速度の範囲の狭いため高速道路での信頼度は競合車よりも若干劣りますが、一般道での使い勝手は、ミドルクラスSUVの中でトップクラスで良いように感じました。

レーントレーシングアシスト(LTA)

新型RAV4に用意されているレーントレーシングアシスト(LTA)とは、道路上の白線や黄線を単眼カメラで認識し、車線の中央を走行するようにハンドル操作をアシストしてくれる機能です。

私もこのクルマを試乗した際、実際にこの機能を使用してみたのですが、ハンドルに軽く触れているだけで、操舵は自動車側が行ってくれるので、とても楽です。また、前走車がいる場合は、ス~~ッとスムーズに減速をしていってくれます。

このレーントレーシングアシスト(LTA)は、常に車線の真ん中をキープするように操舵してくれるので、高速道路を左車線を一定のスピードで運転する時には、重宝するのかなと思いました。

レーダークルーズコントロール

レーダークルーズコントロールとは、アクセルペダルの操作をする事なく、一定のスピードで走行してくれる機能です。

クルーズコントロール自体は広く知れ渡った一般的な機能になっていきましたが、新型RAV4は、最新の全車速対応タイプ採用。

なので、前走車が停車すると、自車も自動的に停車をしてくれます。また、高速道路でのノロノロ運転も、アクセルやブレーキ操作をする事なく、自動的に追従していってくれます。

実はこのように停車状態まで対応してくれるクルーズコントロールを備えているクルマは、まだまだ少ないんですよね。

このように対応速度の広いクルーズコントロールを搭載しているのは、このクルマの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

オートマチックハイビーム(AHB)

新型RAV4に用意されているオートマチックハイビームとは、前走車や対向車を検知して、自動的にヘッドライトのハイビームとロービームを切り替えてくれる機能です。

最近は、夜間走行はハイビームが基本で、ロービームは対向車とすれ違うとき、前方に車がいる時と言われていますが、毎回毎回、切り替えるのは、面倒ですよね。

このオートマチックハイビーム(AHB)は、煩わしい作業から解放してくれる、また、夜間ドライブの安全性を高めてくれるとても便利な機能だと思いました。

ロードサインアシスト(RSA)

ロードサインアシスト(RSA)とは、フロントガラスに備わっている単眼カメラが標識を検知し、マルチインフォメーションディスプレイに表示して、道路表示の見落としを防いでくれる機能です。

■新型RAV4のマルチインフォメーションディスプレイ

私もこのクルマを試乗した際、ロードサインアシスト(RSA)を確かめてみたのですが、運転席の目の前にあるマルチインフォメーションディスプレイ表示されると、意外と目に入ります。

このロードサインアシストはちょっと地味ですが、安全運転を促す良い機能なのかなと思いました。

ちなみに、すべての標識がマルチインフォメーションディスプレイに表示されるのではなく、特に重要な次の4つの標識のみとなっています。

■マルチインフォメーションディスプレイに表示される標識

・最高速度
・はみ出し通行禁止
・一時停止
・車両侵入禁止

先行車発進告知機能(TMN)

信号待ちをしている最中、ちょっと不注意になってしまったり、後部座席との会話に夢中になって、前走車が出発しているのに気づかず、後ろにいるクルマにパッシングさてしまうなんて事ありますよね。

先行車発進告知機能は、先行車が約4m以上進んでも自車が発進しなかった場合、警告音とマルチインフォメーションディスプレイでお知らせしてくれる機能です。

この先行車発進告知機能もロードサインアシストと同様に機能としては地味な方ですが、あると便利な機能なのかなと思いました。

新型RAV4のG系グレードのみ標準装備されている安全装備システムも…

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4では、基本的な安全装備は全グレード標準装備されていましたが、上位モデルに位置をするG系グレード(Gグレード/GZパッケージ/ハイブリッドG)のみに標準装備されている安全装備もありました。

■G系グレードのみに標準装備されている安全装備

・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ + ブラインドスポットモニター

これらの安全装備は、どのような機能を備えているのでしょか?

上位モデルのG系グレードに標準装備されている安全装備の機能や特徴について、紹介したいと思います。

インテリジェントクリアランスソナー

最近、アクセルとブレーキの踏み間違いによって、コンビニやスーパーにクルマが激突しているニュースを良くテレビのニュースなどで見かけますよね。

このインテリジェントクリアランスソナーは、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防止してくれる機能です。

例えば、車庫入れをしている際、壁などの静止物に接近しすぎて、衝突する恐れが判断すると、ブレーキ制御を行い、衝突の回避や被害の軽減を図ります。

また、発進時、進行方向に壁などを検知している場合、エンジンの出力を抑制してくれます。

インテリジェントクリアランスソナーは、細いポールなどは検知できないなど完璧な機能ではありません。ただ、アクセルやブレーキの踏み間違いによる大事故を防ぐことができるため、年配ドライバーには助かる機能なのかなと思いました。

リヤクロストラフィックオートブレーキ

リヤクロストラフィックオートブレーキとは、駐車場での後退で出庫している際、自車の後方左右から接近してくるクルマを検知して、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーでお知らせをしてくれる機能です。

■新型RAV4のドアミラーに設置されているインジケーター

また、衝突する恐れがある場合、自動でブレーキを作動してくれます。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、ボディサイズが大きいです。また、後方の死角も大きくなっています。

■新型RAV4の後方視界

なので、このような機能が用意されていると、駐車場から出庫する際の安心感が大きく異なるのかなと思いました。

ブラインドスポットモニター(BSM)

新型RAV4に用意されているブラインドスポットモニター(BSM)とは、高速道路での車線変更時の後方確認をサポートしてくれる機能です。

クルマの後方に備わっているレーダーが隣の車線を走る車両を検知している状態で車線変更をしようとすると、サイドミラーに備わっているインジケーターが点滅し、自車の斜め後方にクルマがいる事を教えてくれます。

高速道路での車線変更が苦手な人には、嬉しい機能ですよね。

新型RAV4に乗って、長距離ドライブに行きたい人には、このブラインドスポットモニター(BSM)は、重宝するのかなと思いました。

アドベンチャーやX系グレードでも、これらの安全装備は装着可能

先ほどもお話した通り、インテリジェントクリアランスソナーなどの安全装備は、新型RAV4の上位モデルG系グレードのみに標準装備されており、それ以外のXグレードやハイブリッドX、ガソリン車のアドベンチャー(Adventure)では用意されていません。

ただ、これらの安全装備は、メーカーオプション設定となっているため、G系グレード以外でも装着する事は可能です。

ちなみに、これらの安全装備のオプション代を確認してみたところ、このようになっていました。

インテリジェントクリアランスソナー  28,080円
リヤクロストラフィックオートブレーキ
ブラインドスポットモニター
 66,960円

これらすべての安全装備を装着した時のオプション価格は、9万円オーバー!

決して安くありませんが、安全面や利便性を考えると、他のメーカーオプションやディーラーオプションよりもこのオプションの装着を優先した方が良いのかなと思いました。

>>> 新型RAV4アドベンチャーのおすすめのメーカーオプションは?【ディーラーに質問】

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV”新型RAV4″に備わっている安全装備を確認してみたところ、このようになっていました。

このクルマとスバルの新型フォレスター(Forester)の安全装備の性能を比較してしまうと、もう少し改善をして貰いたいなと感じる部分もあります。

>>> 新型RAV4の安全性はフォレスターよりも劣る!?【残念に感じた3つのこと】

ただ、新型RAV4の安全装備も、十分信頼に足る性能と使い勝手の良さを備えているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする