サイズを計測!新型RAV4のサンルーフの大きさ&広さを徹底解剖

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4の上位モデルでは、車内に解放感と明るさを与えてくれる大きなサンルーフ(パノラマムーンルーフ)を用意しています。

先日、サンルーフを搭載したモデルを試乗する事ができたのですが、後部座席の解放感・快適さに大きな違いが…。

サンルーフを装着していないモデルの後部座席に座ると、圧迫感を感じたのですが、サンルーフを装着したモデルの後部座席では、圧迫感がなく、快適に過ごす事ができました。

>>> 新型RAV4のサンルーフは必要?【車内の解放感&快適性を比較してみた】

そんな新型モデルに用意されているサンルーフ(パノラマムーンルーフ)の大きさは、どれくらいだったのでしょうか?また、このクルマに用意されているサンルーフは、どれくらい開閉する事ができるのでしょうか?

新型RAV4にオプションで用意されているサンルーフ(パノラマムーンルーフ)のガラスエリアのサイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4のサンルーフのサイズはどれくらい?実際に計測してきた

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の用意モデルに用意されているメーカーオプション”サンルーフ(パノラマムーンルーフ)”は、このようなデザインになっています。

■新型RAV4のサンルーフ

上位モデルに用意されているサンルーフ(パノラマムーンルーフ)は、2枚のガラスを組み合わせた大きなサイズに…。そのため、フロントシートだけではなく、後部座席に座っても、開放感や明るさを楽しむ事ができました。

このように大きなサイズになっているこのクルマのサンルーフ(パノラマムーンルーフ)ですが、実際には、どれくらいのサイズになっているのでしょうか?

私が実際に計測したところ、このクルマのサンルーフ(パノラマムーンルーフ)のサイズは、次のようになっていました。

■新型RAV4のサンルーフのサイズ

奥行き(縦):約930mm
横幅        :約700mm

この新型モデルのサンルーフ(パノラマムーンルーフ)の大きさを計測したところ、奥行きが約930mm、横幅が約700mmのサイズを確保。

ミドルクラスSUVのサンルーフで、奥行きが1メートル近くあるのは、ちょっとスゴイなと感心をしていしまいました。

新型RAV4のサンルーフは競合車よりも広い

このような広さになっている新型RAV4のサンルーフ(パノラマムーンルーフ)ですが、実は競合車・ライバル車よりも一回り大きくなっているんですよね。

実際にこのクルマと競合車のサンルーフを比較してみると、このような感じに…

■新型RAV4と競合車のサンルーフの広さの比較

奥行き 横幅
トヨタ 新型RAV4 約930mm 約700mm
スバル 新型フォレスター 約600mm 約680mm
ホンダ 新型CRV/CR-V 約870mm 約720mm

>>> スバル 新型フォレスターのサンルーフを実車画像で広さをチェック

>>> ホンダ 新型CRV/CR-Vのサンルーフを実車画像で広さをチェック

横幅はそれほど大きく変わりませんが、奥行き(縦)に関しては、競合車・ライバル車よりも一回り大きいサイズに…。

競合車・ライバル車よりものサイズが大きく、車内に太陽の光や新鮮な空気を取り入れ、開放感を味わえるデザインになっているのは、このクルマに用意されているサンルーフ(パノラマムーンルーフ)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

開閉部分のサイズは狭め…

このようにサンルーフ(パノラマムーンルーフ)自体のサイズは大きいトヨタの新型RAV4ですが、ちょっと残念だったのは、ガラス部分をスライドして開けた時の開口部の広さです。

このクルマのサンルーフをスライドした時の開口部の広さは、思ったよりも狭い感じが…。

実際にこのクルマのサンルーフ(パノラマムーンルーフ)を一番開けたとしても、これだけしか開ける事ができません。

■新型RAV4のサンルーフを開けた時の感じ

このサンルーフの広さから考えると、ちょっと狭いですよね。

実際にこのクルマのサンルーフ(パノラマムーンルーフ)を開けた時の開口部の広さを計測してみたところ、このような結果になりました。

■新型RAV4のサンルーフの開口部の広さ

奥行き(縦):約290mm
横幅        :約700mm

このクルマのサンルーフのサイズは約930mmあるので、開閉できる部分のサイズは3分の1以下に…。

ちょっとコレは狭すぎますよね。

ちなみに、このクルマの競合車・ライバル車のサンルーフの開口部の広さと比較してみると、こんなに大きな差が…。

■競合車のサンルーフの開口部の広さ

奥行き 横幅
トヨタ 新型RAV4 約290mm 約700mm
スバル 新型フォレスター 約600mm 約680mm
ホンダ 新型CRV/CR-V 約370mm 約680mm

サンルーフ(パノラマムーンルーフ)自体は新型RAV4の方が大きくなっていますが、開けた時の開口部は、競合車・ライバル車の方が広い結果に…。

せっかく広いサンルーフ(パノラマムーンルーフ)を備えているのなら、開けた時ももう少し広い開口部にして、車外の新鮮な空気を取り入れやすいようにしても良かったのかなと思いました。

ちなみに、このクルマのサンルーフ(パノラマムーンルーフ)では、ガラス部分も浮き上がらせるチルト機能も搭載しています。

■新型RAV4のサンルーフをチルト開閉した時の様子

このチルト機能に関しては、競合車・ライバル車と比較しても、十分な開口幅・サイズを備えているように感じました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のサンルーフ(パノラマムーンルーフ)のサイズは、このようになっていました。

このクルマのサンルーフ自体のサイズは、競合車・ライバル車よりも一回り大きくなっているのですが、開閉できる部分のサイズは小さめ…。なので、サンルーフを開けた時の解放感には、ちょっと物足りなさが…。

個人的には、サンルーフの開閉できる部分の開口部をもう一回り大きくして、サンルーフを開けた時にも、もっと開放感を味わえるようにして貰いたかったです。

もしこのクルマの試乗に行かれる方は、サンルーフ(パノラマムーンルーフ)の開口部のサイズにも注意してみてくださいね。

>>> ファミリカーとしてはイマイチ!?新型RAV4の後部座席の3つの欠点&デメリット

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする