【ハイブリッドvsガソリン】新型RAV4のメーターの3つの違いを実車画像で徹底解剖

トヨタの新型RAV4は、ハイブリッド車とガソリン車で内外装に様々な違いがありますが、メーターのデザインや機能性にも違いがあります。

そのため、ハイブリッド車とガソリン車のコクピットは、全く異なる雰囲気に…。

今回、フルモデルチェンジをして新発売さえた5代目モデルのハイブリッド車とガソリン車のメーターは、それぞれどのようなデザインになっていたのか?また、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車のメーターの3つの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 ハイブリッドとガソリン車のメーターの3つの違いとは?

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車のメーターは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車のメーター
グレード:アドベンチャー

■ハイブリッド車のメーター
グレード:GZパッケージ

ハイブリッド車/ガソリン車どちらも中央に7.0インチのTFTカラー液晶を組み合わせた3眼式のメーター&マルチインフォメーションディスプレイを標準装備しています。

ただ、この2台のメーターは、次のような違いがありました。

【違い1】メーターのカラー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車のメーターの大きな違いの一つが、カラーです。

ガソリン車は左右に備わっているメーター内のカラーにレッドを採用していますが、ハイブリッド車では、爽やかさを強調するブルーを採用。

■ガソリン車のメーター

■ハイブリッド車のメーター

また、よ~く見ないと分りませんが、中央に備わっているスピードメーターの針のカラーも、ガソリン車とハイブリッド車では違いが…。

■レッドの針を採用しているガソリン車のメーター

■ブルーの針を採用しているハイブリッド車のメーター

文字盤や針のカラーが異なるだけで、メーターの印象はかなり異なりますよね。

左右のメーターの文字盤部分にレッドを採用しているガソリン車のメーターは、良くも悪くもオーソドックスさを感じるデザインだったのに対し、ブルーを採用しているハイブリッド車のメーターは先進感のあるデザインになっていました。

ただ、ハイブリッド車のメーターは、ブルーが強調しすぎて、ちょっとゴチャゴチャとしている感じが、少々気になるところでした。

【違い2】備わっているメーターシステム

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、ハイブリッド車/ガソリン車どちらも中央に大きなスピードメーターを配した3眼式のメーターを採用していますが、左側に備わっているメーターに違いがあります。

ガソリン車では、エンジンの回転数を表すタコメーターを標準装備しているのに対し、ハイブリッド車では、出力や回生状況を表す”ハイブリッドシステムインジケーター”を採用。

■ガソリン車のタコメーター

■ハイブリッド車のハイブリッドシステムインジケーター

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売された5代目新型RAV4は、今までの街乗りメインのアーバンスタイルのSUVとは一線を画したオフロード色を強めた本格的なSUVとなっています。

この事を考えると、ハイブリッド車も、ハイブリッドシステムインジケーターではなく、タコメーターを標準装備しても良かったのかなと思いました。

【違い3】ドライブモードを切り替えた時のグラフィック

また、新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つが、ドライブモードを切り替えた時のメーターのグラフィックです。

ハイブリッド車/ガソリン車どちらも、ドライブモードをエコモードにするとメーターがグリーンに、スポーツモードにするとメーターがレッドに変わるのは、共通となっています。

■エコモードにした時のメーター

■スポーツモードにした時のメーター

ただ、ハイブリッド車とガソリン車では、オフロード用のドライブモードに違いが…。

■ガソリン車のオフロード走行用のドライブモード

・ロック&ダート(ROCK&DIRT)
・マッド&サンド(MUD&SAND)

■ハイブリッド車のオフロード走行用のドライブモード

・トレイル(TRAIL)

そのため、、オフロード用のドライブモードを使用した時のメーターのデザインやグラフィックに違いがありました。

ガソリン車のオフロード用のドライブモード

新型RAV4のガソリン車では、”ロック&ダート(ROCK&DIRT)”と”マッド&サンド(MUD&SAND)”と言う2つのオフロード専用のドライブモードを用意しています。

そして、ドライブモードを切り替えると、メーターのカラーリングやグラフィックはこのような感じに…。

■ロック&ダートにした時のメーター

■マッド&サンドにした時のメーター

かなりインパクトのあるデザインですよね。

メーターのリングのカラーが変化するだけではなく、走行モードをモチーフにしたグラフィックが表示されるのは、特別感があって良いと思いました。また、現在使用している走行モードを一目で理解できるのも、好印象でした。

ハイブリッド車のオフロード用のドライブモード

一方、新型RAV4のハイブリッド車の4WD仕様”E-Four”では、オフロード専用のドライブモード”トレイル(TRAIL)”を用意しております。

センターコンソールに備わっている”トレイル(TRAIL)”スイッチを押すと、メーターは、このような感じに変化をします。

■トレイルモードにした時のメーター

ちょっと分りづらいかもしれませんが、トレイルモードにすると、メーターのリング部分がブルーに変化。

また、スピードメーター内には、ガソリン車の”ロック&ダート(ROCK&DIRT)”と同じ岩のようなグラフィックが登場します。

ただ、なんでトレイルモードにすると、ガソリン車の”ロック&ダート(ROCK&DIRT)”と同じようなメーターのデザインになるのか疑問が…。

そこでディーラーさんに質問してみたところと、この”トレイル”の走行制御はガソリン車の”ロック&ダート(ROCK&DIRT)”に近い制御になるため、”ロック&ダート”と同じ岩のグラフィックとなっているとの回答が…。

ただ、個人的には、トレイルモード専用のグラフィックを用意して、ガソリン車には無い特別感を演出しても良かったのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車のメーターは、それぞれこのようになっていました。

ハイブリッド車とガソリン車では、外装や内装も大きく異なりますが、メーターのデザインにも大きな差が…。そのため、全く異なる雰囲気のコクピットになっていました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、ぜひともメーターのデザインの違いにも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、この新型モデルでは、ハイブリッド車とガソリン車で、乗り出し価格に大きな差があるので、ご注意を…。

>>> 新型RAV4ハイブリッドとガソリンの乗り出し価格の差は?見積もりを公開

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする