新型RAV4の後方視界はイマイチ!?【運転席からの見晴らしを実車画像で確認】

サイドミラーの設置位置など最適化を図ったトヨタの新型RAV4は、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない前方の視界を備えています。

また、いつもお世話になっているディーラーさんは、「後方の視界に関しても、先代モデルよりも格段に良くなっています。」と、仰っていました。

ただ、私が試乗した限りでは、このクルマの後方の視界は、競合車・ライバル車よりも劣っている感じが…。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型SUVの後方の視界は、どのような感じになっていたのでしょうか?また、私がこのクルマを試乗して、後方の視界に関して、気になった事は、なんだったのでしょうか?

実車画像を使って、新型RAV4の後方の視界を徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 後部座席の真後ろの視界をチェック

久しぶりに日本復帰を果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の真後ろの視界を、運転席から確認してみると、このような感じになっています。

■新型RAV4の真後ろの視界

試乗に同行をしてくれたディーラーさんは、

「今回フルモデルチェンジをして新発売されたこのクルマは、従来のモデルよりもリヤガラスのエリアを拡大して、広い後方視界を確保しています。」

と、説明をしてくれました。

たしかにこの新型モデルのリヤガラスのエリアは先代モデルよりも広くなったかもしれませんが、スバルの新型フォレスター(Forester)など競合車・ライバル車と比較すると、ちょっと狭い感じが…。

■スバル 新型フォレスターのリヤガラス

このように見比べると、リヤガラスのサイズの違いが一目瞭然ですよね。

やはり新型RAV4よりも新型フォレスターの方が、リヤガラスの横幅が広いような感じが…。

このサイズの影響もあり、新型RAV4の場合、後部座席に同乗者や荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込むと、かなり塞がれてしまいます。

個人的には、もう一回りリヤガラスが大きい方(特に横幅)が、安心して運転ができるのかなと思いました。

また、このように今回フルモデルチェンジをして新発売されたこのクルマは、リヤガラスのエリアがそれ程大きくないので、クルマの後方に搭載されたカメラの映像をルームミラーに映すオプション”デジタルインナーミラー”を装着するのも、良い方法なのかなと思いました。

>>> 新型RAV4のデジタルインナーミラーは買い!?実際に使用した感想を大公開

視認性だけではなく、車体感覚も掴みにくい

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4を試乗してちょっと気になったのは、クルマの後方の車体感覚の掴みやすさです。

スタイリッシュな見た目をしているこのクルマは、テールゲートの傾斜もキツメのスタイルになっています。

■新型RAV4のテールゲートの形

ちなみに、スバルの新型フォレスター(Forester)のテールゲートは、このように垂直に近い形に…。

■新型フォレスターのテールゲートの形

このように見比べると、テールゲートの形も大きく異なりますよね。

テールゲートが垂直になっている新型フォレスター(Foreter)と比較すると、新型RAV4は、車体感覚が掴みにくく、バックや駐車をする際に少し注意が必要なのかなと感じました。

新型RAV4 後部座席の斜め後方の視界をチェック

このように真後ろの視界に関しては、若干の物足りなさを感じた5代目新型RAV4ですが、斜め後方の視界・視認性は、どうだったのでしょうか?

こちらは、この新型モデルの斜め後方を運転席から確認した時の様子です。

■新型RAV4の斜め後方の視界

リヤガラスと三角窓(クォーターガラス)の間にある”Dピラー”の太さは若干気になるものの、三角窓自体は思ったよりも大きめ。(ちなみに、三角窓は、先代モデルよりもかなり大きくなっているみたいです。)

また、後部座席の横のサイドウィンドウはサイズが大きいだけではなく、黒い仕切り(ディビジョンバー)があるものの、視認性に優れる四角い形に…。

■サイドウィンドウの大きさ

しかも、サイドウィンドウと三角窓の間に備わっているCピラーも細くなっているため、死角が少なめになっています。

このおかげもあり、斜め後方の視界に関しては、競合車・ライバル車と比較しても、十分に満足できるサイズになっているように感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、シートベルトの設置位置を最適化して、視界を遮らないデザインになっているのも好印象でした。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の後方視界は、このようになっていました。

このクルマはリヤガラスが小さいため、真後ろの視界は、競合車・ライバル車よりも劣る感じが…。また、このクルマはリヤも傾斜が強くなっているため、車体感覚も掴みにくいです。

ただ、このクルマはサイドウィンドウのサイズが大きい事もあり、斜め後方の視界に関しては、とても良いように感じました。

後方の視界の良し悪しは、クルマの運転のしやすさや安全性に直結します。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、車内の居住性や快適性だけではなく、自車の後方の視認性や安全性にも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型RAV4の安全性はフォレスターよりも劣る!?【残念に感じた3つのこと】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする